Jan

23

日常への投資

はぴトレについて|January 23,2010 8:50 PM

少し前にシャンプーのCMで「カワイイはつくれる」というコピーがありました。
そう、確かに、女子にとって「カワイイ」は「自分である程度作れる」モノです。
努力やテクニック、そして情報があれば。
そして、こうやって自分で自分のカワイイを、女子がこっそりひとりで手作りする行為や時間は、その行為自体に女子的癒しや達成感もあり、また自分のカワイイのために使う時間は、女子が自分に向き合うひとときとして、とても意義深いものだとも感じて、巧くできたコピーだなと、そう感じていました。

この年末に、少し興味深い話を聞きました。
知人のハウスクリーニング会社を経営する男性からです。
彼はその会社の社長なのですが、社長である彼自ら毎年10月から2月までは、可能な限りハウスクリーニングの現場で、スタッフと共にお客様のお宅で現場でお掃除の作業をするそうです。
その時期に予約がたくさん入るからという現実もありますが、それ以上に経営者として現場で見えてくることが多いからと、東京・大阪とあちこち飛び回りながらも、隙あらば!と換気扇やお風呂場といった掃除の現場から、世の中のリアルな今を見ることが、なによりも大切なチャンスだからと言うのです。

そんな彼が今年、一番驚いたのは、不況だというのにハウスクリーニングの需要が全く減らなかったこと。
件数も、お客様の単価も、むしろ増えたことだそうです。

もちろん、彼やスタッフの企業努力もあるでしょう。
けれども、彼が感じたのは、不況のために人々の投資先が変わったという実感だったそうな。
これまで、家族で年末年始は海外に…という非日常へ投資をしていたご家族が、今年からは毎日生活する家をプロに頼んで掃除することで、毎日の快適やキモチイイという日常への投資に切り替えていることを、強く感じたというのです。

以前のブログにも書きましたが、女子がキラキラすれば不況はどっかに飛んでいく気がする…という、私の直感も、実は彼の感じたのと同じ思いではないでしょうか。
「カワイイがつくれる」女子力というのは、自分の快適や心地よさを作り出すことを厭わない精神だと思うのです。
それは、日常を彩る力。
自分と向き合って、自分の快適や心地よさに対して、いつまでも貪欲でいるエネルギー。
ステイタスや虚栄ではなく、自分の体で実感できる心地よさを求める、その女子的直感力のようなものこそが、今の時代の本物を見極める力になってきているのではないでしょうか。

家の日常を快適にすることに、今年は投資しようと判断したのは、きっとそのご家族の女性でしょう。
これからは、家族の日常の快適こそ、優先すべき選択肢だと判断されたのです。

この目線、これからの主流になるんじゃないかなぁ。

日常の基本の基本、それは健康です。
体が元気であることは、毎日の快適の基本。
自分の体が心地いい状態であるために何をすべきか。
それこそが人々の求めるものになると思うのです。
そして、健康だからこそ、快適な日常を暮らすことで、もっとキレイでいられる。

「カワイイはつくれる」
これは、女子には容易いこと。
でも、カワイイもキモチイイも、基本は健康な体から。

トキコクリニックの掲げる「健康でこそ美しい」は、今の時代だからこそ、皆さんに実感していただけるキーワードになりつつあるのではないかしら。
年が明けても、毎日換気扇と格闘するという彼の話を聞きながら、そんな時代の流れに背中を押されたような、そんな気持ちになりました。

ちなみに、今の私の小さな日常の彩るアイテムはコレ!
goods.jpg
日常の「カワイイ」って、大きな力をくれますよね。
こんなことから、日常の快適を探してみるのも、ひとつの方法かもしれません。
「楽しい」も「カワイイ」も「心地いい」も、それも一つにつながって日常の大きな女子のエネルギーになるのですから。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/189

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: