Nov

05

「年齢だから」とあきらめないで。

はぴトレについて|November 5,2013 7:26 AM

ナチュラルホルモン補充療法で体内から若さを取り戻す その1


11月に入り、寒さを感じるようになりました。先月は若いスタッフを数人連れて、香港へ行ってきました。

01.jpg

以前にも少し書きましたが、私は自分が旅をする時にはできるだけスタッフを連れていくことにしています。その時は一流のホテル、一流のレストランで一流のサービスを経験させます。本物のサービスを受けることで、自分たちの意識を高め、仕事に反映させてほしいからです。

20131105-02.jpg

20131105-03.jpg

「お客様に最高のサービスを提供しなさい」と口で言うのは簡単です。じゃあ最高のサービスとは何かとなると、人間って自分が体験していないことは本当の意味では理解できないと思うんです。上質なサービスを提供された時の心地よさや充足感は言葉では表現しきれません。人として大切に扱われているのを実感した時の体と心がすみずみまでふっくらと満たされていく感覚を体で覚えてほしい。それを仕事に生かしてくれれば、少々の出費は有意義な投資となります。

お金を使うなら「人」に使いたいという思いはずっと変わりません。
香港では、一流といわれるお店で上海蟹をいただきました。

20131105-04.jpg

その時のスタッフのうれしそうな顔といったら。

20131105-05.jpg

思わず写真を撮ってフェイスブックにアップしてしまいました。また連れて行ってあげたい、今度はあの子やあの子も・・と考えている自分に気づいて、「家だけじゃなく、会社でも”お母さん”やってるなあ」と苦笑してしまいました。

さて、話は変わりますが、今回からしばらく「ナチュラルホルモン補充療法」のお話をしていきたいと思います。

というのも、いろいろな女性たちとお話をしていると、みなさんさまざまな不調を感じているのに気力で無理やりがんばっていたり、「もうそういう年齢だから」とあきらめたりしている人が多いからです。
疲れがなかなかとれない。気持ちが落ち込みやすい。よく眠れない。検診では「異常なし」なのに、いつもなんだか元気じゃない感じ。「やっぱり年齢には逆らえないわね」と同じような不調を抱えている人と慰めあっている人はいませんか?
そんな人にぜひ「ナチュラルホルモン補充療法」をお伝えしたいのです。

ホルモンという言葉を知らない人はいないと思います。ホルモンとは、ごく簡単にいえば「体内のいろいろな臓器からごく微量ずつ分泌され、私たちの心や体をコントロールしている物質」です。細かいものまで数えると100種類以上あるといわれています。これらが互いに複雑に影響しあい、私たちの健康を保っています。
けれども残念なことに、体内で分泌されるホルモンは20歳前後をピークに、年齢とともに減少していきます。また何かとストレスの多い現代社会は、ホルモンのバランスが崩れやすい環境でもあります。一方、平均寿命は伸び、年齢を重ねていく体をいかに健康に保ち、充実した生活を送るかは私たちにとって大きなテーマです。そこで大きな力になってくれるのがこの「ナチュラルホルモン」なのです。

あえて「ナチュラル」とつけるのには理由があります。ナチュラルというと「自然界にあるもの」と思われるかもしれませんが、そうではありません。私たちの体内で分泌されるホルモンと、科学的にまったく同じ構造をもつホルモン、つまり「体にとってナチュラルなホルモン」という意味です。
このナチュラルホルモンを体外から補充することで、体内のホルモンを若い頃と同じレベルにもっていくのが「ナチュラルホルモン補充療法」です。もともと体内に存在している物質を、減少したぶんだけ補充するものですから、副作用はほとんどありません。ただ、最初に書いたようにホルモンとはとても微妙なバランスで成り立っているものなので、専門家による管理が必要です。

まずは「ナチュラルホルモン」について、ご理解いただけたでしょうか? 次回からは、どんな方法でおこない、どんな効果があるのかをお伝えてしていきますね。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/244

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: