Dec

20

毎年恒例「私の、今年の漢字」、今年は「磨」!

はぴトレについて|December 20,2013 9:07 PM

今年もこの日がやってきました。
そう、毎年恒例の「今年の漢字」です。それにしても早い! よく言われることですが、本当に「もう2013年は終わっちゃうの!?」という気分です。

清水寺で発表された「今年の漢字」は「輪」でした。2020年オリンピック・パラリンピックの東京開催の決定は、確かに大きなニュースでしたね。富士山の世界文化遺産登録、サッカーのワールドカップ2014出場なども決まり、久しぶりに明るい話題で日本に対する注目が集まりました。

では私にとっての「今年の漢字」は何だろうと考えていると、「磨」という字が心に浮かびました。ちなみに昨年は「飛」、一昨年は「走」でした。

今年も多忙は変わりませんでしたが、意識としては前に進むことより、今の状態をよりよくすることを常に考えていました。そうしようと考えたわけではありませんが、結果としてそういう1年になりました。
たとえば、新しい治療も導入しましたが、お客様アンケートを実施、分析したり、それを踏まえてのスタッフ研修をおこなったりと、クリニック全体の底上げに取り組みました。ここ数年、スタッフの意識や技術が向上してきているのは確かですが、あえてさらなる向上を促すような空気をつくりたかったのです。
そして、スタッフたちは私の思いに確実に応えてくれています。

トキコクリニック開院10周年記念パーティーの開催もありました。これもまた、私にとってもスタッフたちにとっても自分たちの夢とお客様からの期待を再確認できた、すばらしい経験となりました。会場できらきら輝いていたみんなの笑顔は今も忘れられません。
今年はトキコクリニックを、私も含めてスタッフ全員で心をこめて磨いたように思います。

私個人でいうと、自分のことはなかなかわからないので、身近な人に「ねえねえ、今年の私はどうだった?」とインタビューしてみました(笑)。

すると、「人に対する接し方が変わってきたんじゃない?」「人脈が広がったよね」という言葉が返ってきました。
言われてみると、確かに今年はいろんな人と出会い、いいご縁をたくさんいただきました。特に医療や美容業界という枠を超えて、異業種の人たちのお友達がすごく増えました。

面白いことに、なかには数年前に出会った人もいます。でもその時はお互いピンとくることもなく別れました。そして今年、再会してみるととっても意気投合して交流が始まったのです。相手はそんなに変わっていないと思うので、やはり私が変わったのでしょう。遊ぶことが大好きと言いながらも、やっぱりいつも美容医療やクリニックのことが生活の中心にドーンとありました。でもようやくその枠を超えて、幅広く人と交流する時間を楽しめるようになったのかもしれません。

もうひとつ、頼られることが増えた1年でもありました。これまではどこへ行っても私が一番若く、「お願いします」「助けてください」と頼ってばかりだったのに、ふと気づいたら周りは年下ばかりになっていて、「トキコ先生、話を聴いてください」と言われるようになっていたのです。人様の面倒をみてあげるなんておこがましい気持ちはまったくありませんが、私も年を重ねて、いろいろな意味で余裕も生まれてきて、誰かの役に立てるところまできたのかなあと受け止めています。

ひたすら突っ走ってきた私が、こうして自分を磨くことに気持ちを向けられるようになったのは、スタッフと娘たちの成長があるからこそ。
私が先頭に立たなくても、他の先生方やスタッフたちがしっかり患者様と向き合い、プロフェッショナルな仕事をしてくれるから、私は一歩引いた目線でクリニックのことを考えられるようになりました。
そして娘たちもそれぞれ自分の道に向かって進み始めています。もともと「我が子といっても、子どもは社会からの預かりもの」と思いながら育ててきましたが、本当に社会に出ていく一歩手前まできました。あとはもう困った時ぐらいしか出番はないでしょう。そうなると、今度はよそ様のお世話をさせていただこうかと考えるのですから、姉御体質というか、おかあちゃん気質というか、根っからの世話焼きですね(笑)。

実は来年3月に「トキコ・メディカルスパ・スクール」を開校することになり、今、準備を進めている真っ最中です。医療の視点も入れ、本来すべての女性がもっている健康な美しさを内面から引き出す「メディカルスパ&エステ」。トキコクリニックはメディカルスパとして美容業界の新しい分野をつくってきたと自負していますが、まだまだ広く知られているとは言えず、メディカルスパで働けるだけの技術をもったメディカルエステティシャンも不足しているのが現状です。

17年前、自分で手探りで始めた美容医療。教えてもらうものではなく、自分で探って考えて、でした。その私を見ていたスパスタッフたちも、やはり同じように自分たちで手探りで今のトキコメディカルスパを積み上げてきました。
仕事は教えてもらうものではないという考えでやってきたように思います。
しかし、数年前からその考えを改め、若い人にきちんと教えていくことが大事だと思うようになり、新人スタッフにはそういう考えに基づいた研修をするようになってきていました。
そして、今、クリニックの人材を育てるだけではなく、メディカルスパ業界全体に役に立つ人材を養成しようと考えるに至ったのです。
無理なく、そして働きながらでも学べ、しかも豊富な経験と技術をもった現役のドクターとメディカルエステティシャンから直接学べるスクールです。来年早々にトキコクリニックのサイトであらためてお知らせしますので、興味のある方は注目していてくださいね。

来年もこのスクールをはじめ、たくさんの出会いがあり、学びがあるでしょう。トキコクリニックも私も、さらに磨きをかけていきます! みなさんもぜひご一緒に——。

本格的に寒くなってきました。
どうぞお元気で、よいお年をお迎えくださいね。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/247

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: