Jan

20

恒例の「決起集会」で最高なハッピーをもらいました

はぴトレについて|January 20,2014 5:29 PM

年が明けたと思ったら、あっという間に下旬ですね。トキコクリニックはすでに全力で走り出しています。
さて、新年を迎えたトキコクリニックの最初の行事は「決起集会」です。忘年会でも新年会でもなく、「決起集会」なのです(笑)。
私は昔から忘年会という言葉があまり好きではありません。なんだか「いろいろあったけど忘れてしまおう」という後ろ向きなイメージがあるんですね。そりゃ忘れてしまいたいほど大変だったこと、辛かったこともあるでしょう。でも私は「どんな経験も決して無駄じゃない、絶対にプラスにしてみせる!」と思うタイプなので、「忘年会」はしたくないんですね。だからトキコクリニックでは未だかつて一度も忘年会が開かれたことがありません(笑)。
じゃあ新年会かというと、それもなんだかピンときません。せっかく年が改まったのだから、気持ちも改めて、みんなで心をひとつにしてスタートを切りたい。そんな思いで「決起集会」と銘打っています。

私の気持ちをスタッフたちもよく理解してくれて、毎年とても楽しい時間を過ごしてきました。心斎橋、淀屋橋、京都の3院のスタッフが一度に顔を合わせる貴重な機会なので、一人ひとりをしっかり紹介して、本人からも抱負を”宣言”してもらいます。
とはいっても、そこは”ハッピー”を大事にするトキコクリニックです。おいしいお料理、お酒をいただきながら、時には笑いが巻き起こるにぎやかな雰囲気です。

昨年12月には京都院に女性専門の脱毛・痩身・ニキビ治療専門クリニック「アリス トキコクリニック」がオープンしたこともあり、スタッフの数はこれまでのなかで最大級になっています。今年の決起集会の参加予定人数は48名となりました。

準備をしながら、実は欠席者が数人出るだろうと思っていました。寒い時季だし、年末年始に体調を崩す人もいるかもしれないし・・と。
ところが。当日を迎えてみると、48名全員が出席だったのです!

みなさん、「あたりまえじゃない?」と思われますか?でも私にとってはちょっとした「奇跡」ほどの喜びでした。自分で言うのも変ですが、私は子どもの頃からどこか覚めていて、あまり人に期待しないようにしているところがあります。期待して失望するのが怖い、というより自分が傷つくのが怖いのかもしれません。期待しなければ「ああ、やっぱりね」と思うだけですから。

でも、この日は48名全員が揃い、貸し切ったイタリアンレストランがトキコクリニックのスタッフでいっぱいになったのです。みんなが和気あいあいとおしゃべりしている様子を見ながら、胸がいっぱいになりました。

また、今回は今まで私がやっていた進行をゼネラルマネージャーに任せることにしました。彼女は新しく入ったばかりのスタッフのことも事前にまわりから話を聞いて、人柄や仕事ぶりまで一人ひとりをしっかりと紹介してくれました。入社して間もない立場で、トップ以下全員が集まる場に参加するのは勇気がいると思います。そこで温かく迎えられ「期待してますよ」と言われたら、やっぱりうれしいですよね。そこをしっかりとやってくれた彼女と、拍手や声かけで盛り上げてくれた先輩スタッフたちの姿に、私はまたも胸がいっぱいでした。

お開きの前に「トキコ先生からひと言」と言われ、私は自分の気持ちを素直に話しました。
ドタキャンがあるんじゃないかと思っていたこと。若い頃の自分は頑ななところがあって、「どうして私がこんなにしんどい思いをしなくちゃいけないの」と自分ばかりが辛いと思いこみ、「誰も私の辛さをわかってくれない」と自分から心を閉ざしていたこと。
でも自分から壁をつくっていたら、理解してもらえないのは当たり前。心を開いて、素直に「助けてください」と言えば、必ず応えてくれる人がいる。どんな失敗も悩みも、必ず出口がある、と。

私の前に理事からの話がありました。「政治的な状況も含めて、変化の激しい時代に私たちは生きています。その変化を恐れ、逃げるのか、変化を正面から受け止め、楽しめるか。そこにその人の未来がかかってくる」という内容でした。私はそのお話を聞きながら、今ここにいるスタッフ全員と一緒に、激しい変化の波を元気よく乗り切っていきたいと強く思いました。

「だから、今日、この瞬間から、黙ったままで”誰も私の気持ちをわかってくれない”なんて言うのはやめましょう。しんどいこと、悩んでいることがあれば先輩や同僚に話してください。そして一緒に解決策を考えましょう。来年の決起集会も今ここにいるすべてのメンバーが揃っているように、みんなでがんばりましょう!」と話しました。

みんなに向かって話しながら、自分に対しても言っていたような気がします。ここ数年、仕事をかなりスタッフに任せられるようになりました。厳しい判断をすることもありますが、スタッフは私を信頼してついてきてくれます。そのことをあらためて実感した決起集会でした。スタッフの信頼を傷つけないよう、私もさらに自分を高めなければ。スタッフにももっともっと期待をして(笑)、ずっと一緒に仕事をしていきたいと思います。

あまりにもうれしくて楽しくて、お開きを告げるABBAの「ダンシング・クイーン」が流れてきた時、みんなの手拍子にも乗せられて踊ってしまいました。新年早々、最高にハッピーな時間を過ごせました。

IMG_5502.jpg

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/249

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: