Feb

07

ナチュラルホルモン補充療法で体内から若さを取り戻す その4

はぴトレについて|February 7,2014 3:49 AM

今回はしばらく中断していたナチュラルホルモン補充療法の続きを書きたいと思います。
ホルモンの種類や役割についてご紹介してきましたが、中高年世代のみなさんに特に注目していただきたいのが「ヒト成長ホルモン(以下、成長ホルモン)」です。「究極のヒーリングホルモン」ともいわれる、私たちが元気で快適な生活を送るうえで欠かせないホルモンです。
その働きを挙げると、代謝の向上や筋力の維持、免疫力の向上、うつ症状や疲労感の改善、脂肪量の減少・・・と多岐にわたります。逆にいえば、成長ホルモンが不足すると、代謝が低下し太りやすくなり、筋力が衰え、免疫力が低下し、疲労感がとれない・・・と実にさんざんな状態になるわけです。
このさんざんな状態をもう一度読んでみてください。何か思い当たることはありませんか?

ピンときた人はすばらしいです!いわゆる「更年期」の症状ですね。40代に入ると、それまでには感じたことのない不調がいろいろと出てきます。人間ドックでは「問題なし」とお墨付きをもらっても、なんだかスッキリしない。多くの人はここで「これが更年期なのね。でもまあ病気じゃないし、誰でも通る道だから仕方ないわ」と納得してしまったり、あきらめてしまったりします。
でも、そこであと一歩踏み込んで、ホルモンについて考えてみてほしいのです。どのホルモンも減少することによってさまざまな弊害が出ますが、特に成長ホルモンの減少は一番大きな問題だといわれています。たとえば「若い頃はいくら食べても太らなかったのに、今は水を飲んでも太るみたいな感覚がある」「髪が伸びるのが遅いうえに薄くなってきた」「体重はそれほど増えていないけどウエスト周りの脂肪がとれない」という時、成長ホルモンの減少が原因であることが多いのです。
また、腸が老化してくるため、あらゆる栄養素の吸収率も落ちるといわれています。腸内の善玉菌をキープする力も低下するので、悪玉菌がどんどん増えます。日本人に大腸がんが増えてきているというデータがありますが、日本人はもともと胃腸が弱い体質のうえに成長ホルモンの低下に伴う腸の老化でさらに腸内環境が悪化しているのでしょう。
このようにして成長ホルモンの低下は総合的に「外見も内蔵も老化が進む」という形になって現れるのです。

現在のところ私自身はサイロイド(甲状腺ホルモン)とプレグネノロンと成長ホルモンを補充しています。
もちろん、私自身も効果を実感しています。
40を過ぎてお腹の脂肪が大変なことになり、成長ホルモンとクール・スカルプティングトゥルースカルプで今はだいぶ落ち着いてきました。
また、頭がぼんやりして以前に比べて冴えた感じが乏しくなって、プレグネノロンを試しに飲み始めたところ、頭がすっきりして物覚えもよくなり、いい感じで嬉しいです。
サイロイドはもう11年間飲んでいますが、以前の疲労感、ひどい冷え症、
やる気が出ないなどの症状はすっかりなくなってしまいました。

そこで、私だけではなく他の患者さんの感想もみなさんに知っていただきたいと思い、最近患者さんにヒアリングをさせていただきました。そのお声を少しずつご紹介していくことにしますね。


Aさん(女性・46歳)は治療を始めて1年半になります。

☆ナチュラルホルモン療法を受けられる前の状態は?
 どのようなことに困っていましたか?

「体力やお肌の衰えが気になり、アンチエイジングに興味がありました」


☆ナチュラルホルモン療法について知った時、どう思いましたか?

「ぜひやってみたいと思いました」


☆不安や心配はありましたか?

「先生やスタッフの方からの説明とこれまでのおつきあいのなかでの信頼から、不安はありませんでした」


☆治療を開始する決め手となった最大の理由は?

「アンチエイジングです」


☆補充しているホルモンの種類は?

「DHEA、メラトニン、プレグネノロン、サイロイド、テストステロン、栄養剤としてビタミンDも内服しています」


☆効果はいつごろから感じ始めましたか?

「スタートして半年後ぐらいから。体のしんどさがとれました」


☆毎日の生活に、何らかの変化を感じていますか?

「体力がつきました。数日だけホルモン補充を中断したことがあったのですが、その時はやはり体がしんどく、あらためて効果を実感しました」


☆これからも続けていきたいと思われますか?

「はい!」


最後の「はい!」に、Aさんの弾む気持ちとトキコクリニックに対する信頼が伝わってきて、何ともうれしい気持ちになりました。Aさんの信頼にしっかり応えていけるよう、スタッフ一同がんばりますね。

ご協力いただいた方はほかにもいらっしゃいます。次回も続けてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/250

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: