May

05

ハッピーをたくさんもらった誕生日

はぴトレについて|May 5,2014 11:15 AM

5月が始まりました。日差しが日に日に強くなり、もう半袖を着ている人もちらほら見かけます。サラッと肌をなでていく風が心地いいですね。

実は私、5月生まれです。毎年、誕生日にはスタッフが趣向を凝らしたお祝いをしてくれます。とにかく私を驚かせたい、そして泣かせたい(笑)と色々考えてくれるのですが、毎年のことなので当然ハードルは年々高くなりますよね。当日はなんとなくスタッフがそわそわしているのが何ともおかしくて、でも気付かないふりをしながら楽しみに「その時」を待ちます。
今年は「先生もお忙しいし、今年は内々でお祝いをしましょう」と提案がありました。そこへ他のスタッフが合流するサプライズというプランで、準備を進めてくれていたのですね。

最初は4人で、次に2人が現れ、落ち着いたところでさらに6人のスタッフがケーキとお花とプレゼントをもって登場するという「サプライズの波状攻撃」で驚かせてくれました。

20140505-01.jpg

こんな時、私が本当にうれしく思うのは、みんなの「気持ち」です。この日も高知の実家にこれから車で帰るというスタッフが参加してくれたり、熊本出身のスタッフが「初物です!」と大きなスイカを地元から取り寄せてくれたり、私の似顔絵入りのバースディケーキを用意してくれたりと、みんなの気持ちがたくさん詰まった「サプライズ」で、しみじみと幸せでした。

20140505-02.jpg

スタッフ全員の手書きメッセージがお花と一緒に盛り込まれたアレンジメントも感激でした。心斎橋、淀屋橋、京都と3院からメッセージカードを集めるのは大変だったと思いますが、誰一人遅れることなく集まったとか。帰宅してから1枚1枚読みながら顔を思い浮かべ、「ありがとう」という思いを心に刻みました。

20140505-03.jpg

私は、仕事に関しては自分にもスタッフにも妥協を許しません。自分が「これは」と思ったものは海外でもすぐに飛んで、自分で確かめます。新しい技術はまず自分が学び、習得し、十分に納得したうえで導入します。
同じことをスタッフにも要求します。特にここ数年、スタッフの成長に従って要求するレベルがすごく高くなっています。内心、「ちょっと厳しいかな」と思う時もありますが、期待をこめてあえて厳しく言います。
すると、ちゃんと応えてくれるんですね。今も、トキコメディカルスパスクールの開校に向けての準備がピークにさしかかり、もちろん通常業務と並行しながらで大変な時なのに、私の誕生日のお祝いにも手間をいとわず考えられる限りのことをしてくれたのです。

一息ついたところで、今回のプランの裏話で盛り上がりました。どんなふうに相談して、連絡をとりあったか、誰がどんな失敗をしてヒヤヒヤしたか、笑いながら話してくれるスタッフの表情を見ていたら、「院長だから」「毎年やっているから」というのではなく、みんなも楽しみながら参加してくれたのが伝わってきました。

20140505-04.jpg

私は自慢したいのではないのです。ニュースでは今、世界や日本がどれだけ大変かが毎日報道されていますし、私もそれが大げさだとは思いません。
ただ、私はやっぱり一人ひとりの「ハッピーになる力」を信じてるんですね。自分が選んだ仕事、会社、一緒に働く上司や先輩、同僚を大切にする気持ちをもって、目の前のことを楽しみながら一生懸命取り組む。楽しめないなら、どうしたら楽しめるかを考える。自分を幸せにするのは最終的には自分だし、誰もがその力をもっていると思うのです。
私が喜ぶ様子に心底嬉しそうなみんなを見ながら、トキコクリニックの「ハッピー力」をあらためて感じました。

笑いの絶えない時間を過ごして、しっかりパワーをチャージしました。楽しい気持ちになると、新しいアイディアや前向きな発想がどんどん生まれてきますよね。スタッフにも覚悟をしてもらって(笑)、トキコクリニックはこれからもハッピー力を磨いていきます!

20140505-05.jpg

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/256

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: