Aug

15

ホームページに新しいコンテンツを開設しました!

はぴトレについて|August 15,2014 6:21 PM

お盆を迎え、そろそろ夏もおしまいですね。日が落ちると、空気が少しひんやりと感じるようになってきました。
この夏も、香港での学会や留学中の娘との再会、高校時代の友人たちとの食事会など忙しいながらも充実した毎日を過ごしていました。もちろん、心斎橋、淀屋橋、京都とクリニックも回り、診察もしていました。その時々のタイミングで来られた患者さんを診るので、「えっ!トキコ先生が診てくださるんですか!?」と驚かれたり、とっても緊張したりする患者さんがいますが、私も現役ドクターですから(笑)。
冗談はともかく、患者さんに「滅多に会えない人」のように思わせてしまっているとしたら申し訳ないです。ドクターとしても経営者としても、やりたいこと、やらなければいけないことはたくさんありますが、私の原点はやっぱり患者さんと向き合うこと。回数は少なくとも診察は続けます。たまたま私に当たった人は、あまり緊張せず(笑)、率直に困っていることを話してくださいね。

さて、最近のトキコクリニックのホームページ、ご覧になっていただいているでしょうか。トップページを開いてみてください。2つのコーナーが新設されました。
トキコクリニックのスタッフが一押しの施術やキャンペーンをご紹介する「トキコレ」と、これまで美容医療にまったく関心のなかったライターさんの体験をもとにした連載マンガ「美魔女とまでは言わないまでも」です。

トキコクリニックは、「健康だからこそ、美しい」のキャッチフレーズにあるように、心身の健康あってこその美しさであり若さであると考えています。症状が出てから対処するのではなく、ふだんから心身をケアし、日々を楽しく元気に過ごしてこその人生ということです。すでに欧米では常識であり、セレブたちはふだんから「メディカルスパ」に通い、専門家とともに心身のケアを怠りません。実際にメディカルスパを体験し、心から共感した私は、ぜひ日本にもと願い、取り組んできました。高い技術とホスピタリティをもつプロフェッショナルを育てるための「トキコメディカルスパスクール」のオープンも、そのひとつです。


一方で、美容医療に対する抵抗や不安がまだまだあるのも確かです。「自然であることが正しい」「人工的なものはよくない」とする価値観が根強くあるんですね。
私はそれを否定はしません。ただ、少し疑問を感じるのです。みなさん、何か症状が出ると慌てて病院へ行き、出されるがままに薬を飲んだり処置を受けたりしますよね。シミができれば美白効果があるという化粧品や医薬品を買ったりもします。髪が薄くなればウィッグでカバーしようとします。
それは自然に逆らっていないのでしょうか。嫌みではなく、本当に不思議に思うのです。私から見れば、何らかの症状が出てから対処するほうがずっと時間も手間もお金もかかります。気持ちも憂鬱になります。
それならふだんから自分の体の状態を気にかけ、きちんとケアをして、症状が出ないようにするほうがずっといいのではないでしょうか。

というわけで、日本におけるメディカルスパの土台をしっかり築くことと美容医療に対する信頼を築くことがトキコクリニックのミッションだと自負しています。今回の「トキコレ」と「美魔女とまでは言わないまでも」も、そのための新たな試みです。うれしかったのは、スタッフのほうから「こんなことをしたいです!」と持ちかけてくれたこと。私の思いを共有してくれているんだなとあらためて感じました。

チャレンジを怖れないのもトキコクリニックの真髄です。キビシイことも言いながら、スタッフの背中を押してやれる自分でありたいと思います。
「「トキコレ」と「美魔女とまでは言わないまでも」、ぜひ見てくださいね!

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/262

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: