Sep

02

あなたのダイエットは間違っていませんか?

はぴトレについて|September 2,2014 9:53 AM

西日本は今年、日照時間が平年の48%しかなかったそうですね。逆に雨量は2.7倍で、統計をとり始めた昭和21年以降、最も多かったとか。夏を十分楽しめなかった人も多かったかもしれませんね。
私は香港で開かれた学会に参加したり、サンフランシスコの郊外で開かれたクラシックカーのイベントを観に行ったり。もちろん仕事も忙しく、気がつけばもう9月という感覚です。
学会にはできるだけ参加するようにしています。世界レベルの最新技術、最新情報を知ることができるし、ほかの先生方との情報交換や近況報告も刺激になります。今回参加したのはIMCAS Asiaという学会で、加齢した皮膚への美容治療に関する内容が中心です。その名の通り、タイや韓国、台湾、インドなどアジア圏のドクターがたくさん参加されていました。

美容大国として知られている韓国をはじめ、東南アジアの国々は日本に比べて規制がゆるく、新しい美容技術を積極的に取り入れているところが多くあります。日本で美容医療に取り組む私からすればうらやましいことです。一方、技術的な部分では日本人が抜きん出ているというのも毎回実感しています。
今回も世界各国のドクターがヒアルロン酸の注入などの手技を披露していましたが、あとで日本人のドクターが集まった時に「やっぱり私たちのほうが上手いよね!」と言い合いました(笑)。几帳面さ、丁寧さ、器用さという面では日本人独特のこだわりというか感性があるのでしょうか。これはおおいに自慢していいと思います!

さて、私が今、注目しているもののひとつは「痩身」です。美容医療として痩身に取り組みたいのです。というか、数年前から取り組んでいるのですが、クリニックに来られる患者さんのニーズがまだまだお肌中心なんですね。シミシワ、くすみを取りたい。痩せたいという方も来られますが、「とにかく体重を減らして7号のお洋服を着たい」とおっしゃる。要するに「見た目」なのです。見た目をキレイにしたいんですね。
その気持ちはわかります。でもトキコクリニックの理念は「健康だからこそ、美しい」。体の内側から美しく、です。医療の分野では痩身を「ボディシェイピング」「ボディコントアリング」というのですが、要するに「きれいな体をつくる」ということですね。体重だけに注目しがちな従来のダイエットとは違うのです。

痩せたい時、体重ばかりに注目しがちと書きましたが、体重を減らして見た目はスッキリしても、体のなかではちょっと困ったことが起きています。たとえば体重が1キロ減ったら、脂肪が1キロ減ったと思われるでしょうが、実は脂肪と一緒に筋肉も減っているのです。もともと何もしなければ年齢とともに筋肉は減少傾向になり、逆に脂肪は増加しがちです。そこに体重ばかり気にするダイエットをすると、どんどん筋肉を落としてしまうことになります。
一方、体には生存本能がありますから、少ない栄養で体を維持しようとします。極端に食べる量を減らすというダイエットをしていると目標体重に達した時、体はその摂取カロリーに慣れてしまっています。痩せたからと安心してまた食べ始めると、今度は前以上に栄養を吸収し、簡単に体脂肪が増えていきます。けれどいったん落ちた筋肉はそのままでは戻りません。結局、ダイエット前よりも体脂肪も体重も増えてしまいます。リバウンドですね。元に戻るのではなく、元よりも悪い状態になってしまうわけです。

脅すつもりはありませんが、ちょっとコワイですよね?(笑) 私もアラフィフになり、おなか周りの脂肪などはなかなか取れません。ですからクリニックに痩身のマシンを導入すると同時に、自ら率先して試してきました。今回の学会でも勉強して検討した結果、新しいマシンを購入したので、近いうちにご紹介しますね。
マシン(ゼルティック)と脂肪分解注射脂肪燃焼点滴、脂肪燃焼セラビーなどを組み合わせることでより効果が期待できます。その他にも漢方鍼灸加圧トレーニングなどトキコクリニックの痩身メニューはとっても多彩で、私の自慢です。もっとたくさんの女性たちに知ってほしい!と願っています。

興味をもたれたら、ぜひ一度お問い合わせくださいね。ホームページでもくわしくご紹介しています。
次回も引き続き、私の「痩身」に関する考え方や食生活で気をつけていることなどを書きたいと思います。お楽しみに!

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/263

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: