Sep

15

その一口、本当に食べたいものですか?

はぴトレについて|September 15,2014 10:22 AM

朝晩は肌寒さを感じるようになってきました。秋の訪れとともに食欲も復活という人は多いのではないでしょうか。
私も食べることが大好きです! 好き嫌いはありません。ただ、私なりのルールがあります。それは「本当においしいもの、本当に食べたいものを食べる」こと。

時々、「口さみしい」とお菓子をつまんだりする人がいますね。特におなかが空いているわけじゃないけれど、そこにお菓子があるから、人に勧められたから、一口二口食べてしまう——。私にはそういうことがありません。
スイーツは好きですし、若い頃はいろいろ食べていました。でもいろいろ食べてきた結果、今は自分が好きなものしか食べないようになりました。私はカスタードクリームが好きなので、シュークリームやプリンはいただきます。でもわざわざ自分で買いに行くことは滅多にないし、安いけど添加物がいっぱい入っているものも食べません。
若いスタッフはやっぱり甘いものを喜ぶので、時々スタッフにスイーツを差し入れしますが、私自身は食べません。海外のデザートは日本よりずっと甘いので、やはりいただきません。我慢しているのではないのです。もう舌が甘いものを求めなくなったという感覚です。

その他に食べないものといえば、加工食品です。インスタントラーメンや冷凍食品、保存がきくように添加物が入ったコンビニのお惣菜やおにぎりも食べません。ファストフードは娘たちが小さい頃は何度か行きましたが、ある程度大きくなってからは行かなくなりました。同じく安い加工食品を多く使っているファミリーレストランへも行きません。
こうして並べていくと、ガチガチの自然志向というか、こだわりが強くてつきあいにくい人のように思われそうですね(笑)。冒頭の繰り返しになりますが、私は食べることが大好きで、とても大事に思っています。だからこそ本当においしいもの、自分が本当に食べたいものを食べたいだけなのです。
コンビニやファストフードのものを食べないからといって、高級なものばかり食べているわけでもありません。高級なものって何だ?という感じですが(笑)、値段の高いものというイメージでいえば霜降りのお肉や立派な魚介類? そんなものばかり食べていたら病気になりますね。

私は朝しっかりと食べます。朝の主食は玄米です。それに作り置きの煮物や卵焼きや納豆、お味噌汁などをつける典型的な”日本の朝ご飯”です。白米はビタミンなどの栄養がほとんどカットされ、成分でいえばお砂糖と同じ炭水化物。なので家では食べません。炊きたてのごはん、特に今から出てくる新米はとってもおいしいのですが我慢、我慢。
玄米は炊くのがちょっと大変でした。圧力釜を使ってみたりもしましたが、手間がかかるし手入れもちょっと面倒で。でも炊飯器の玄米モードで炊いても今ひとつおいしく炊けません。どうしたら手軽においしい玄米が食べられるかしらといろいろ探したら、いいものに出会いました。玄米専用の炊飯器です。これが優れもので、おいしくふっくらと炊けるのはもちろん、そのまま保温しておいてもカピカピになったり味が変わったりすることなく、何日もおいしく食べられるのです。

この炊飯器を見つけた時は本当にうれしかった! 以来、毎朝ご機嫌で玄米を食べています。おかずは先ほど書いたようにシンプルですが、野菜や玉子、それに納豆やお味噌汁など発酵食品を食べます。でも「体のため」という意識ではありません。自分が好きなもの、食べたいものなのです。いくら体によくても、好きでもないものを食べるのでは楽しくありませんよね。私はおいしく炊けた玄米も納豆やお味噌汁も大好きなのです。毎朝、「今日もおいしいなあ」としみじみ幸せを感じながら食べる朝食。元気な1日の始まりです。

みなさんの1日はどんなふうに始まりますか? そしてふだんはどんなものをどうやって食べていますか? みんなそれぞれに忙しいし、何も食べないよりはいいということもあるでしょう。でも、いつも「何となく、そのへんにあるものを」食べているだけというのはちょっと寂しいですね。余分なものを食べているせいで体重が増えてしまい、それがまたストレスになるなんてつまらないです。食欲の秋を味わうためにも、ふだん何気なく食べているものを見直してみてはいかがでしょう。

というわけで、次回も食べることについて書いてみたいと思います!

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/264

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: