Sep

30

あなたにとっての「人生がときめく食べ方」を。

はぴトレについて|September 30,2014 10:51 AM

さて、今回も食べることについて書きますね。
ここでも何度か書いてきましたが、私は小さい頃からいろいろ体の不調を抱えていました。肌は弱いし、不眠症だし、むくみはひどいし——。だからこそ健康のすばらしさ、ありがたさがよくわかるので、マイナスばかりではありませんが。たとえば、アレルギー体質なので添加物や農薬などを意識しながら食べ物を選ぶわけですが、結果的に体にいいものを摂るので健康的です。病弱といってしまうとなんだかネガティブなイメージですが、体に敏感なセンサー機能がついていると思えばいいのかも(笑)。

今は蕁麻疹もニキビもよほど疲れがたまったりしない限り出ませんが、パンやパスタ、つまり小麦粉を食べると翌日ちょっと体がむくんで調子が少し悪くなります。
小麦に含まれているたんぱく質のグルテンという成分が腸に炎症を引き起こす病気があるのですが、私の場合、炎症を起こすほどではなくても少し腸に影響が及ぶようで、腹部膨満感やむくみ、体のだるさという症状につながるのです。アメリカでは、グルテンフリーの食事がブーム。グルテンフリーとは小麦除去ということ。グルテンフリーを心がける人が増えています。
日本人は欧米人に比べ、グルテンへの過敏性が高い人が多いはずといわれています。
もともとそれほど小麦を食べず、グルテンに対する感受性が高くなかった日本人が、パスタやパン、お菓子などを多く食べるようになったためともいわれています。
そんなわけで、パスタやパンは好きですができるだけ食べないようにしています。そのほうが体が軽くて調子がいいので仕方ないですね。お蕎麦も大好きですが、できるだけそば粉だけを使った十割を食べるようにしています。日本ではここ数年、炭水化物ダイエットが流行っていますが、先述したとおりアメリカではグルテンフリーが流行です。ですからみんな、ブラウンライス(玄米)を食べたり、ブラウンライスを使ったパスタやパンを食べています。私も前回書いたように玄米を毎朝食べています。炭水化物を徹底的に避ける炭水化物ダイエットとは少し違いますね。
ヨーロッパではあまり肥満の人を見かけませんが、カナダやアメリカは驚くほど大きな体の人を多く見かけます。やはり食生活の影響が大きいのでしょう。どこへ行っても炭水化物だらけ。そして何を注文しても必ず山のようなフライドポテトがついてきて、さらに油分たっぷりのディップが添えられています。あれを全部食べていたら、そりゃ太ります。

こう考えていくと、食べることって難しいですね。自分で選んでいるようで、実は選べていないことのほうが多い。日本特有の事情としては、みんな忙しいことかなと思います。「痩せたいんです!」とおっしゃる患者さんたちを見ていても、みなさん毎日忙しく働いています。だからおなかが空いたら、時間がきたら、コンビニやファストフードで間に合わせてしまう。ビジネス街のランチも大盛りのごはんや麺類に揚げ物みたいなセットが多いですよね。
それも仕方ないと思います。でも、痩せる痩せないという以前に、「私は本当は何を食べたいんだろう?」「どんなふうに食べたら気持ちよくおなかがいっぱいになって満足して、どんなふうだったら次の日までおなかがもたれたりするかな」とあらためて考えてみませんか? 以前、話題になっていた『人生がときめく片づけの魔法』という本を読んだ時、食べ物も同じだなと思いました。著者の近藤麻理恵さんは、片づけとは、片づけ自体が目的ではなく、「大好きなものだけに囲まれた理想の部屋で、思い描いていた生活をする」手段だと書かれていて、とても共感しました。

痩せること、食べることも同じだと思うのです。痩せるとは、ただ体重が減ればいいのではなく、内臓についた脂肪が取れて体が軽くなり、お肌の調子もよくなって、好きなお洒落も楽しめる。だからこそ痩せる意味があるわけで、痩せること自体が目的になってしまうと体重のわずかな増減に一喜一憂する、なんだか不自由な生活になってしまいます。少しもハッピーじゃないですよね?
本当に自分が好きで食べたいものだけを食べればいいのです。そして食べる時、「これは今の私に必要な食べ物」「おいしいなあ、これ大好きだなあ」と思いながら味わってください。そうして食べるものを選び、喜んで食べていれば、極端に太ることはないはずです。 とはいえ、年齢とともに代謝が悪くなるのは事実。そこはトキコクリニックにご相談くださいね。一人ひとりのニーズや体質に合わせてオリジナルのメニューをおつくりしますよ!

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/265

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: