May

04

これから注目のアンチエイジングはこれ!

はぴトレについて|May 4,2015 12:12 PM

私は年10回以上海外へ出かけますが、うち半分は学会です。3月はモナコで開催された学会に参加してきました。
みなさんもご存知のように、モナコは小さな国ですがとても豊かです。街は清潔できれいだし、住んでいるのは世界中から集まってきたお金持ちばかりですから、歩いている人もセンスのいい人ばかり。毎年楽しみにしている学会のひとつです。

今回はモナコに行く前にフランスに寄りました。スイスとの国境近くにトキコクリニックで使用している注入用のヒアルロン酸を作っている工場があり、見学をする機会を得られたのです。
「Dr.トキコ」として販売しているサプリメントや化粧品は必ず工場見学をしています。製造工程がわかるし、衛生管理も自分の目で確かめておけば安心ですし、自信をもってみなさんにおすすめできます。
海外から輸入しているものも必ず自分で使って効果や使い心地を確認しますが、これまで製造工程を確認するところまではできませんでした。今回初めて注入用ヒアルロン酸の製造工程をすべて見せてもらい、衛生管理に対する安心はもちろん、効果の理由などもよくわかり、あらためて納得しました。とても勉強になり、テンションがあがった状態で学会に参加して、いつも以上に熱心に勉強してきましたよ(笑)。

海外での学会は世界各国のドクターが参加しますが、使われる言語は英語です。モナコでの学会もそうですが、地理的にヨーロッパ各国のドクターが多く、母国語ではない英語での発表はとても聞き取りやすくて助かります。アメリカでの学会やセミナーとなると、みんな早口で聞き取るのがほんとに大変なのです! そういう意味でもヨーロッパで開かれる学会が好きです(笑)。

学会では化粧品から痩身、ホルモン療法、さらにアンチエイジング系と多くのセッションのなかから興味のあるものを見て回ります。ヒアルロン酸ボトックスはその場で患者さんに注射するというデモンストレーションも豊富にありました。自分とは違う施術をたくさん見て、これも勉強と刺激になりました。

さて、今、ヨーロッパで顔のアンチエイジングの次に注目されているのは何だと思いますか? 5秒、考えてみてください(笑)。

正解を聞いて驚く人が多いかもしれません。実は「女性器のアンチエイジング」なのです。日本ではすっかり「セックスレス」という言葉が定着しましたが、ヨーロッパでは60代を迎えても性交渉はごくあたりまえのこと。けれど閉経して数年も経つと、萎縮性膣炎が起こりやすくなります。これはエストロゲンという女性ホルモンが減少することによって起きる疾患で、膣壁が薄くなる、膣の乾燥や炎症などの症状が起きます。その状態で性交渉をすれば、出血や痛みを感じるのは当然ですね。また、排尿時に痛みを感じたり、尿路感染症や尿失禁(いわゆる尿もれ)も起こしやすくなります。
もともとは治療のために細胞を活性化させるレーザー照射がおこなわれるようになったのですが、結果的に性交渉が苦痛でなくなることから「女性器の若返り(アンチエイジング)」としても注目されるようになったというわけです。

特にイタリアやフランスでは盛んにおこなわれているようです。何しろアムール(愛)の国ですものね!(笑) さすがだなあと感心しました。
では日本ではどうでしょう。いきなり「女性器のアンチエイジング」「これで性交渉がまた楽しめますよ」と勧めても、「いえいえ、私はもう卒業しましたから」「今さら夫とそんな気持ちにはなれません」と言う人が多いかもしれません。
けれど日々診察をしていると、50代以降の女性たちの若さや美しさに対する思いの強さは決してヨーロッパにひけをとらないと感じています。「年齢なりに若くありたい」「いつまでも健康でいたい」という延長線上に、本当は「セックスも楽しみたい」という気持ちがあるのではないでしょうか。もちろん診察でそんなことは言いませんが、私はそんな女の人の気持ちにも寄り添っていきたいなと思っています。

そこで知り合いの女医さんが早々に機械を導入したと聞き、私も早速試してみました! もちろんその女医さんも、そしてモニターさんたちにも試してもらい、アンケートをとってみたところ、50代以上の人にはある程度の効果があったようです。けれど40代の私や30代のモニターさんにははっきりとした実感はありませんでした。やはりホルモンバランスなどとの関係が強く影響するようです。けれど性交渉での苦痛をはじめ、痛みや尿もれなどに日常的に悩まされるのはつらいことです。この分野のマシンが続々と新しく登場してくる予定ですので、もっと効果の高いものを探していきたいと思います。さっそく今月半ばに新しいマシンを試す予定になっています。

アンチエイジングはQOL(生活の質)とも大きく関わります。女性のみなさんから悩みをひとつでも減らし、あきらめていた楽しみや喜びを取り戻せるよう、これからも積極的に新しい情報や技術を探して、自ら体験して、ご紹介していきますね!

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/275

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: