症状別治療法インデックス

シミ・美白

たった1つのシミで、お顔の印象は変わります。
お化粧で隠せるからと見過ごさず、小さく薄い間にシミを退治しましょう。

シミのタイプは主に肝斑(かんぱん)・そばかす・老人性色素斑・ADM(後天性真皮メラノサイトーシス、両側性遅発性太田母斑様色素斑)の4種類に分けることが出来ます。
それぞれの種類によって適する治療法が異なり、治療法の選択を誤れば逆に悪化させてしまうことも。
シミは4種類のうちのいずれかである場合もあれば、混在している場合もあるため、シミの種類をしっかりと判別しなければいけません。
トキコクリニックでは、数多くの症例経験をもつ医師が適切な診断を行い、治療から予防までの治療法をご提案いたします。

肝斑 ~ ぼんやりと形がはっきりせず、影のように見えるシミ ~

肝斑(かんばん)お顔に左右対称でできることが多く、モヤっと肌の内側から滲み出てきたような、境界線が曖昧な形をしていることが特徴です。
特に頬骨付近、額、鼻下に出ることが多く、紫外線やホルモンバランス、外部からの摩擦による微弱な炎症などで悪化が見られます。
刺激を与える治療は逆効果なので、レーザー治療や光治療は適応ではありません。

そばかす(雀卵斑) ~ 細かい点状のものが広範囲に広がっているシミ ~

そばかす若いころからそばかすでお悩みの方も多いのではないでしょうか。
そばかすは遺伝的な要素が強いので、子供のころから存在していることが多いですが、紫外線の刺激で濃くなったり、増えることがあります。
濃くなってしまう前に治療を受けられることをお勧めします。

老人性色素斑 ~ 比較的大きなはっきりとした形のシミ ~

老人性色素斑年齢とともに徐々に現れる、いわゆる「シミ」です。
放置しておくと濃く大きくなってしまうので、小さいうちに除去することをお勧めしています。
シミが取れるとお顔の印象が明るくなり、若返り効果が期待できます。
男性の方でも、シミを1つ取るだけで、お顔の印象が若く見えると好評です。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス、両側性遅発性太田母斑様色素斑)

~ 両頬に左右対称性にでるぼんやりとした色素斑 ~

ADM(後天性メラノサイトーシス、両側性遅発性太田母斑様色素斑)老人性色素斑(シミ)と違い、境界がぼんやりとしたグレーから青味を帯びた色素斑です。
通常、両側の頬に左右対称性に点在しますが、他の種類のシミや肝斑が混在すると非常に判別しにくくなります。特に肝斑との判別を誤ると、治療方法がまったく異なるため、シミ治療の経験を持つ皮膚科医の診断を受けることをお勧めいたします。