ウルトラセル(ハイフHIFU 4.5mm・3mm+イントラジェン)について

対応院
心斎橋

~3つのマシンを組み合わせた最強プログラム~

ウルトラセルは高密度焦点式超音波(HIFU)、高周波RFを用いた3つのたるみ治療を組み合わせ、肌の全ての層(表皮・真皮・SMAS筋(表情筋筋膜))のたるみを強力に引き締め、浅い層から深い層まで総合的にリフトアップする最新たるみ治療器です

ウルトラセル(ハイフHIFU 4.5mm・3mm+イントラジェン)の特徴

ハイフー(HIFU):高密度焦点式超音波(韓国版ウルセラ)

これまでのリフトアップマシンは真皮層をターゲットにしているマシンがほとんどでしたが、ハイフーは皮下組織の下にあるSMAS筋膜の引き締めが可能です。メスを使わないフェイスリフトとも言われ、皮下3.0mmと4.5mmの深さを同時に加熱することができ、肌の土台になる深層をしっかりと引締めることができます。数ヶ月にわたってコラーゲンが生成されるので、治療後時間をかけて徐々にリフトアップ効果が現れます。持続効果は6~12ヶ月。ダウンタイムはほぼありませんが、ごく稀に数日~1週間程度のむくみやライン状の膨疹が出現することがあります。

イントラジェン(GFR):ラジオ波(韓国版サーマクール)

ハイフーより上層の、お肌の中でクッションの役割である真皮層を集中的に刺激し、コラーゲン生成を促進するマシンです。即時的効果と長期的な効果を期待でき、治療直後よりリフトアップ効果が実感できます。痛みが強いリフトアップマシンが多い中、イントラジェンは痛みをほとんど感じることがないので、ダウンタイムもありません。持続期間は3~6ヶ月。非常に人気の高い治療です。

さらに詳しい説明はこちらイントラジェン

イントラセルSRR:ラジオ波

細い電極からラジオ波を針で刺したように点状に照射し、肌を傷つけることなく、ダウンタイムを最小限に抑えながら、表皮から真皮上層に効果的に熱を加えます。これによりコラーゲンの再生・新生が促され、お肌の浅い部分の小じわ、毛穴の引き締め、毛穴の引き締め効果をもたらします。肌への負担が少ないため、従来のマシンでは難しかった目の下ギリギリ・まぶたなどの照射も可能で、目元周囲の小じわ改善に効果的です。個人差はありますが、多少の痛みを伴うことがあるため、麻酔クリームを塗布してから治療を行います。また、数時間の赤み腫れが出現することがあります。薄く細かいカサブタがつくことがありますが、メイクで隠せる程度のダウンタイムです(当日よりお化粧が可能です)

イントラセル:ラジオ波+ニードル

49本の非常の細い絶縁針を刺入してお肌に細かな穴をあけ、そのままラジオ波を流し、SRRよりも確実効率的に熱刺激を加えます。お肌にあけた穴が治る創傷治癒過程がフラクショナルレーザーのメリットを併せ持つため、お肌のはりを出し、毛穴を引き締め、小じわを改善していきます。
治療前には麻酔クリームを使用してから治療を行います。治療後は3日程度の赤みと1週間程度のカサブタが生じますが、翌日よりお化粧は可能です。

0.5mm、0.8mm、1.5mm、2.0mmの4段階の深さに調節が可能。狙った深さに確実に熱を加えることができます。

施術料金

費用についてはこちらをご覧ください。

料金案内

診療内容一覧に戻る