イントラジェンについて

対応院
心斎橋

韓国版サーマクール。メスを使用しない、ノンダウンタイムのたるみ治療。

韓国版サーマクール。メスを使用しない、ノンダウンタイムのたるみ治療。
加齢によって皮膚の弾力が失われると、お肌を支える力がなくなり、たるみが起こります。
お肌のハリと弾力に深くかかわりのあるコラーゲン。その生成を促すには、真皮にある繊維芽細胞の働きを高めることが重要です。
イントラジェンは、がん治療などにも使用されるラジオ波(RF・高周波)と呼ばれる電磁波を使った治療法です。皮膚の真皮に熱を発生させ、その刺激でコラーゲンを収縮し、たるみやシワの改善を図ります。
メスを使用せずにリフトアップが期待でき、「たるみは治療したいけど、手術はイヤ」という方に最適です。

イントラジェンの特徴

コラーゲン収縮による即効性

真皮にラジオ波を照射すると熱の刺激でコラーゲン繊維が収縮します。
その結果、治療直後から皮膚が引き締まりしわ・たるみの改善効果が現れます。
しかし、この効果は一時的なもので、1~2週間で元に戻ってしまいます。
でも大丈夫!イントラジェンには、長期的なもう1つの効果があるのです。

コラーゲン収縮による即効性

熱で収縮したコラーゲンが修復をされる過程で、肌の中では別の作用が起こります。
皮膚の自然治癒力により、繊維芽細胞から新しいコラーゲンが増成され、その状態が3ヶ月程度持続するのです。
この過程で栄養と酸素を供給された繊維芽細胞はより活性化し、コラーゲンの生産力がアップ。コラーゲンが蜜に詰まったはりのある肌を作り出し、結果的に持続的なしわ・たるみ改善効果をもたらすことができるのです。

イントラジェンは、効率よく大量の熱エネルギーを伝え、効果を発揮します!

ラジオ波を使用した治療器は多くありますが、強い熱量を与える治療器になればなるほど、真皮に熱を加える過程で、表皮に少なからず熱の影響を与えていました。イントラジェンは、GFR(Grid Fractional Radio frequency)という技術を使用し、照射面を格子状にしてエネルギーを照射します。これにより、表皮にラジオ波があたる面積を抑えることができ、表皮へのダメージを最小限に抑え、痛みも抑えることができるのです。

格子状に加えられた熱は、皮膚の深部に進むごとに熱が普及する面積が全体に広がるため、真皮にしっかりと熱を加えることができます。
リフトアップに必要な部分にターゲットを絞って、大量の熱エネルギーを与えることができるのです。

 

さらに、一度に大量の熱を加えると、表皮へのダメージや痛みを起こしてしまいます。
イントラジェンは、必要な熱エネルギーを数回に分けながら皮膚に伝える(マルチパス方式)ため、表皮へはダメージを与えずに、効果的な治療が可能なのです。

施術料金

費用についてはこちらをご覧ください。

料金案内

診療内容一覧に戻る