ルビーフラクショナルについて

対応院
梅田

しみ・毛穴治療にQスイッチレーザーをダウンタイム気にせずに治療!
フラクショナルQスイッチルビーレーザーは、光治療器の手軽さとQスイッチレーザーの効果で、しみ・毛穴治療が出来る最新治療です。レーザーと聞くと、ダウンタイムが心配な方も多いかと思いますが、フラクショナルQスイッチレーザーは、炎症後色素沈着の確率を最小限にまで抑えつつ、テープや軟膏処置などは必要ありません。光治療に準じた、手軽さで治療を受ける事が可能です。

こんな方におすすめ

  • シミ・毛穴をまとめて治療していきたい。
  • ダウンタイムなく治療を受けたい。
  • シミが光治療で変化がみられなかった。
  • あざ(ADM)治療をしたい

ルビーフラクショナルの特徴

しみ治療にQスイッチレーザーをダウンタイムなく治療できる。

Qスイッチレーザーが、しみ取り治療に効果を得る事が出来ます。
しかし、従来のレーザー治療は、レーザー後テープや軟膏処置が必須で、ダウンタイムがある治療で、時期やタイミングを選んでもらうことが多くありました。しかし、フラクショナルQスイッチレーザーは、処置後のケアや、炎症後の色素沈着のリスクを最小限に抑えて、光治療のように手軽に治療が可能になりました。

ダウンタイムを最小限にしたい方。

普通のレーザー後や、メラニン色素にもよりますが光治療後は1週間~2週間程かさぶたになる期間があります。しかし、このフラクショナルQスイッチレーザーは、照射後数時間赤みが出ますが、時間が経つにつれ、照射前と殆ど変わらない状態になります。レーザー・光治療のようにかさぶたにもなりません。
かさぶたにならないので、経過としては反応が少ないように思われがちですが、治療が進むにつれ、効果の実感が出てきます。

症例写真

ADMの一般的な治療方法はQスイッチレーザーですが、カサブタや色素沈着のダウンタイム期間が長く、気軽に受けづらい治療です。ルビーフラクショナルレーザーは、このQスイッチレーザーをドット状に照射し、肌へのダメージを軽減。
カサブタや色素沈着を最低限レベルまで抑えて照射をすることで、ダウンタイムを極限まで抑えた治療が可能です。
通常のレーザー治療に比べると、治療経過はゆっくりで回数がかかる治療ですが、気軽に受けられることが利点です。IPL治療では反応が難しい、薄くて深いシミにも効果が期待できます。

[施術名]
ルビーフラクショナル

[施術の副作用]
(リスク)
・赤み、ほてり、ヒリヒリ感(数時間~数日)カサブタ(7~10日程度)稀に、炎症後色素沈着リスクあり

[施術の価格]
4回(5回目無料)88,000円 *写真は4回終了後です。

施術料金

費用についてはこちらをご覧ください。

料金案内

関連ブログはこちら

  • ブログ1  ルビーフラクショナル

  • ブログ2 ルビーフラクショナル②

  • 診療内容一覧に戻る