目の手術【目頭切開】について

対応院
心斎橋

目頭切開法は、蒙古ひだを取り除き大きな目もとにする方法です。蒙古ひだとは、皮膚が目頭にかぶさり、目を小さくさせている上まぶたのひだ(皮膚)のことです。目頭を覆うようにある蒙古ひだを取り除く事で横に広くなり、大きな目に見えます。また、目頭を覆っていた部分がなくなり、左右の目の見かけの距離が縮まることで、鼻筋が通った顔の印象になります。蒙古ひだを取り除く事で、末広型が平行型に近づく効果もあります。ただし、二重の幅が狭い方は末広型のままということもあります。翌日より洗顔やシャワーが可能で、1週間後に抜糸をします。抜糸をする頃には腫れはだいぶ落ち着きますが、1、2ヶ月は赤みが残ります。抜糸後メイクで隠していただくことで目立たなくなります。3~6ヶ月でノーメイクでもほとんどわからなくなります。

こんな方におすすめ

  • 目と目が離れて見える
  • 目もとが小さい印象に見える
  • 蒙古ひだが強く、つり目のように見える

施術料金

費用についてはこちらをご覧ください。

料金案内

診療内容一覧に戻る