ドクターのご紹介

美容皮膚科医

朴 順華(ぱく じゅんか)

一人一人に最適な治療を提案し、美しさのお手伝いができればと思います。

健康で美しく若々しく、いくつになってもおしゃれを楽しみ、充実した毎日を過ごしたい。
心と体と肌はつながっています。健康でこその美しさがあります。
にきび、肌荒れ、シミ、シワ、タルミの1つが解消されただけで気分が上がり、
心も軽く、明るくなります。
その気持ちの明るさは美しさにもつながります。是非、実感して下さい。
その悩みは外側から見える肌の治療だけでは解決できないことがあります。
患者さんの悩みに、外側と内側の両方からアプローチします。
一人一人に最適な治療を提案し、美しさのお手伝いができればと思います。

プロフィール

1996年大阪医科大学卒業後、大阪市立総合医療センター皮膚科をはじめ、大手総合病院皮膚科に勤務を経て、1999年4月よりトキコクリニック勤務。4人の子供の母でもあり、話しやすく、親しみがあり、患者さんからの信頼も厚い。漢方治療から、レーザー、ヒアルロン酸、ボトックス注射まで、オールラウンドにクオリティの高い治療を行う、優秀で器用なドクターである。

日本皮膚科学会認定/皮膚科専門医
美容皮膚科学会/日本抗加齢医学会 所属

総院長小村十樹子が見る
朴 順華先生とは

私がクリニックを始めてから間もなく、1999年からずっと一緒に仕事をしてくれています。
進化発展を遂げてきたトキコクリニックの治療内容とともに、彼女は進化してきました。
その間に計4回、妊娠出産でお休みをしましたが、毎回3か月ぐらいですぐ復帰してきてくれて、現在も4人の子供たちの育児とトキコクリニックでの仕事を両立させて頑張っています。
皮膚科医ならではの皮膚トラブルへの細やかな治療にはずば抜けたものがあり、レーザー、美容マシン、メディカルエステ、化粧品などの知識が豊富です。
もちろん、ヒアルロン酸、ボトックスの治療も上手で、なんでもできるママさんドクターです。
私が信頼する、そして大好きな人です。