美容コラム

Beauty column.

PRPってどんな効果?目の下のクマに効果あるって本当?

たるみ

美肌

鏡を見るとクマがくっきりと刻まれていて疲れ顔に見えるのが悩み…そんな方も多いのではないでしょうか。コンシーラーで隠しても夕方にはまたクマが復活しているなんてことも。クマによって顔の印象が大きく変わってしまうため、クマ治療のご相談に来られる方も多いです。
実はクマの治療方法はクマの種類によって異なります。
今回はクマの種類と、PRP療法を中心としたクマの治療方法についてご説明させていただきます。

PRP療法とは


PRP療法は正式名称を”自己多血小板血漿Platelet Rich Plasma)”と言います。
血液の中に含まれる血小板という細胞の作用を利用した治療法です。
血小板の主な役割とは血管に傷がついたときに、速やかに傷を塞ぎ止血を行うことです。傷の修復を行う際に血小板は成長因子を分泌します。成長因子により組織が活性化され、細胞や傷の修復を行います。
PRP療法ではご自身の血液を採取し血小板を濃縮させたものを利用します。これにより、豊富な成長因子を用いて肌再生を行うことができます。

クマの種類

一口にクマと言っても様々な種類があります。また、種類ごとに治療方法も異なります。

飛び出しクマ

眼球の周囲には、眼窩脂肪と呼ばれる脂肪が存在します。
この眼窩脂肪が目の下に飛び出してくることがあります。元々のお顔立ちの影響で若い頃から眼窩脂肪が突出されている方もいらっしゃいますが、加齢などが原因で段々と眼窩脂肪が前方に飛び出してくることがあります。
眼窩脂肪が原因のクマの場合は手術により脂肪を除去したり、脂肪分解注射などが適応になります。

へこみクマ

目の周囲は加齢とともに痩せやすい部分です。顔が痩せるとともに目の周りが落ちくぼむことで目の下がへこみ、クマになることがあります。また、眼窩脂肪を除去する手術の後に逆に目の下がへこみすぎることがあります。
この場合はヒアルロン酸やベビーコラーゲンなどでボリュームを補ったり、PRP療法で目の下のボリューム感を出すことが適応となります。

黒クマ

色素沈着により目の周囲に茶色から黒色のクマができてしまうことがあります。
化粧や洗顔などで擦る事が多かったり、目を掻く癖がある方は要注意です。
また、目の周りは血行不良に陥りやすく一度色素沈着してしまうとなかなか治りにくい部分になります。
ピーリングや内服薬などでコツコツ肌代謝を上げることが適応となります。

たるみクマ

加齢とともに皮膚がたるむことでクマができる場合があります。
手術で余った皮膚を除去することが必要になる場合もあります。
PRPを注入することで肌のハリ感を出し、たるみ感が軽減することがあります。
ヒアルロン酸を目の周囲だけでなく、外側の顔のフレームとなる部分に注入することで全体的に皮膚のたるみを改善することは可能です。
また、サーミスムース、POTENZAダイアモンドなどで定期的に肌に熱入れを行い、たるみの予防を行うことも大切です。

PRP療法が目の下のクマに効果的な理由

目の下の皮膚は非常に薄いです。そのため、元々加齢などが原因で皮膚が伸びやすい部位になります。また日々のメイクや洗顔を行うことで摩擦の刺激が加わったり、目を擦ったりする癖があると目の下の皮膚は更にたるみやすくなります。
PRPを目の下の皮膚に注入することで成長因子が肌の細胞を活性化させ、たるんだ皮膚や痩せた目元にハリが生まれます。
目の周りの小じわや皮膚のたるみ、目元の痩せに伴うクマに効果的です。
当院ではPRPをダーマシャインという機械を使って顔全体に注入する方法と、目の下や口回りなど気になる部分のみ注射器を用いて手打ちを行う方法を併用することをおすすめしております。

PRP療法のダウンタイムは

注射針やダーマシャインなどの針を用いるので内出血のリスクがあります。また、施術直後は赤みやほてり、ひりつき感が出る可能性がありますが数日で落ち着く経過がほとんどです。
PRP療法でよく問題になるのは、注入した部位にしこりやぼこつきができることです。
PRP療法ではPRPのみを治療に用いる場合と、PRPにFGF(線維芽細胞増殖因子)を添加したものを用いる場合があります。
FGFはコラーゲンやエラスチンなどの元になる線維芽細胞を活性化させる作用があります。このFGFの作用が強く出てしまった場合、注入した部分がぼこついたりしこりが残ったりする可能性があります。
なお当院で使用するPRP製剤には成長因子(FGF)を添加していないため、しこりやぼこつきが起きるリスクは極めて低いです。

PRP療法の効果が表れる期間

PRP療法は成長因子を肌に注入し、肌細胞を活性化させる治療方法です。
そのため、注入直後よりも1ヵ月から数か月かけてじわじわと効果を発揮します。

まとめ

目の下のクマや小じわ感が気になる方にPRP療法はおススメです。
また、肌全体にハリ感を出したい方や肌に元気を与えたい方にもおススメの施術となっております。
ご自身の血液を使った製剤のためアレルギーリスクが低く、当院ではFGFを添加しないPRPを用いているため、しこりのリスクも非常に低くなっております。

PRP療法は国の認可が必要な施術となっております。
当院では法律に基づき、定期的に認定再生医療等委員会を開催しております。
トキコクリニック認定再生医療等委員会を参照)

目の下のクマにPRPを試したい!とご興味を持たれた方は是非トキコクリニックにご相談ください。

美容クリニックがはじめての方も
お気軽にお問い合わせください。

※無理なお薦めは一切いたしません

梅田・心斎橋・京都四条

25年以上の豊富な経験と施術実績

「POTENZA」症例数 日本一

1人ひとりに合わせた
オーダーメイドな治療

健康だからこそ、美しい。

SNS.

医師目線の美容・健康情報を発信しています。

Instagram


    Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/v15.0/17841404062984880?fields=name%2Cmedia.limit(7)%7Bcaption%2Cmedia_url%2Cthumbnail_url%2Cpermalink%7D&access_token=EAAaIaVicDSgBAGW4RKsrlBGZC3t3J2bjmFZAexmXvYxFaF8RZAZA4WEN4SXRyscyASoDE0rcpZBbBbG4ZBiDyrcQIuZBruQMCIuVBsOLJoR9QozoZCPCL5VGjhBmGJQTRjp5xe8KfnBBjfZB0uE5Dg9u9YPBsWLKeZCDe8w9YT7fcmZCBgxcJEKaZBBP): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/tokikocorp01/tokikoclinic.com/public_html/wp-content/themes/tokiko/insta.php on line 7

    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/tokikocorp01/tokikoclinic.com/public_html/wp-content/themes/tokiko/insta.php on line 14

Reccomend.

その他にも人気のプランをご用意しております

Information.

トキコクリニック 心斎橋院

  • 土曜診療あり
  • 御堂筋線「心斎橋駅」3番出口徒歩2分
  • 営業時間:10:45〜19:00

〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4丁目7番6号 心斎橋中央ビル6F

菜のはなインナーケアクリニック
(旧トキコクリニック梅田院)

  • 土日診療あり
  • JR「大阪駅」から徒歩3分
  • 営業時間:10:45〜19:00

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目12-6 E-MA[イーマ]4F

トキコクリニック京都四条院

  • 土曜診療あり
  • 託児ルームあり
  • 地下鉄烏丸線「四条駅」もしくは阪急京都線「烏丸駅」より徒歩5分
  • 営業時間:9:30〜18:00

〒600-8007 京都府京都市下京区四条通高倉西入立売西町76 アソベビル6F〜8F

Copyright © 2023 トキコクリニック All Rights Reserved.

ページトップアイコン

MENU

RESERVE

無料ご相談・お問い合わせ

OTHER

LANGUAGE

初めての方へ