症例写真

※こちらの症例写真は当院規定のプライバシーポリシーに則り、掲載に同意していただいた方の写真のみを使用しております。

涙袋ヒアルロン酸①

No.6500※お問い合わせ時はこちらの番号をお伝えください

  • 術前

  • 術後

  • 1週間後

アラガン社のヒアルロン酸 ジュビダームボルベラは、涙袋や唇の形成に向いています。なじみが良く、浅い層に入れてもダマにならずきれいな仕上がりにあるという触れ込み。麻酔薬が混じっていることと、なめらかに注入できて刺激が少ないからかもしれませんが、痛みが少ないようで使いやすい印象を持ちました。 同じアラガン社の製品でボリフトという製剤があるのですが、これも浅い層に注入するタイプですが、さすがに35ゲージの針は通らない。ボリフトよりさらになめらかで、細い針でも通るのがボルベラです。ヴィタールより少し硬めで、涙袋の立ち上がりが綺麗に出て、くっきりとした形が作りやすいです。 麻酔クリームを塗ったあと、ヒアルロン酸注入を行います。お顔立ちによって、不自然な形や大きさにならないように注意しながら少しずつ注入します。

施術名
涙袋ヒアルロン酸
施術の副作用
(リスク)
ヒアルロン酸注入には、内出血・紅斑・血流障害による皮膚障害などのリスクがあります。 内出血を完全に回避することはできませんが、使用する針の選択や、内出血拡散を防ぐ漢方薬など、できるだけ内出血を避ける治療を目指しています。 内出血が起きた場合は、1〜2週間で納まりますのでご安心ください。 注入による血管塞栓のリスクは、解剖学の熟知と手技の熟練により回避できるとともに、ヒアルロニダーゼやプロスタグランディンなどを常備し、万が一に備えた対策も講じています。額の場合は、カニューレという先が丸くなっている特殊な針を使用するので、内出血のリスクは低いと言えます。眉上あたりに麻酔の注射をしますので、直後は少し眉が抑えられた印象になることもありますが、数時間で解消します。
施術の価格
基本料金 0.1ml~0.3ml 33,000円 (0.4ml以降0.1mlあたり+11,000円) 症例は、ヒアルロン酸 0.4ml使用 44,000円

  • 治療可能院
    • 心斎橋院
      TEL:06-6241-6663
    • 梅田院
      TEL:06-6455-2100
    • 京都四条院
      TEL:075-257-3666

    • TEL:
  • 症例執刀担当医小村 十樹子