血液フォトセラピーについて

対応院
心斎橋
梅田
京都

紫外線を血液に照射し、アンチエイジング!片頭痛の痛みを解消!強い殺菌作用でデトックス効果もあり!!

血液フォトセラピー(紫外線血液照射療法)は、採血した血液に、特定波長の紫外線(C波)を一定時間照射して、そのまま体に戻す、という治療法です。
その効果は多岐にわたり、がん、気管支喘息、細菌感染、敗血症、ウイルス感染(C型肝炎、AIDS、ポリオ、帯状疱疹など)、血栓性静脈炎、うつ病、片頭痛、デトックスまで幅広く治療に用いられ、さまざまな効果が認められています。

アメリカ、ドイツ、ロシア、イタリアなどの諸外国では、血液クレンジングに並び、すでに確立された治療法で、実に80年近い歴史のある治療法です。

血液フォトセラピーの効果

  • 片頭痛
  • B型肝炎、C型肝炎、HIV、帯状疱疹などのウイルス疾患
  • 糖尿病、糖尿病性網膜症
  • 下肢静脈瘤
  • 傷の治癒力を促進
  • 慢性腸炎
  • 線維筋痛症
  • 癌(がん。特に肺がん)、悪性リンパ腫、白血病
  • 気管支喘息、肺炎などの呼吸器疾患
  • レイノウ氏病
  • 心筋梗塞、脳梗塞
  • 各物質による中毒症状

血液フォトセラピーの特徴

血液フォトセラピー(紫外線血液照射療法)により体内で起こる反応とその効果

  • ・紫外線による殺菌作用で、直接的にさまざまな種類の毒素を分解する。デトックス効果。
  • ・細菌、ウイルスの働きを不活性化する。抗感染作用もあり。
  • ・一重項酸素と少量のオゾンを産生する。これにより痛みの元であるプロスタグランジンを抑制し、鎮痛作用が起こる。
  • ・免疫機能を活性化、調節する。
  • ・赤血球の酸素結合、運搬能力を増強させ、血中の酸素濃度が上昇。酸素の供給量を増加させる。
  • ・副腎皮質ホルモンの働きを活性化。炎症を鎮静、消炎する。
  • ・血管拡張作用があり、末梢循環が改善する。
  • ・放射線療法や化学療法への耐性を強化。治療の副作用を軽減する。
  • ・コレステロール、尿酸、糖代謝を促す。
  • ・抗酸化力を強化し、アンチエイジング効果あり。

 

特に、鎮痛効果と殺菌効果は非常に優れており、即効性が期待できる治療です。血液クレンジングと効果は似ていますが、具体的な症状が強く、即効性を期待する場合、血液フォトセラピーの方が適することがあります。

施術時間

片頭痛や、咳などの強い症状がある場合は、1回の治療でも効果が実感できることが多くあります。

慢性的な症状をお持ちの場合は、1~2週間に2~3回程度のペースで続けられることをおすすめします。
即効性には優れていますが、持続性では血液クレンジング・オゾン療法の方が優れているため、血液クレンジング・オゾン療法をベースとしながら、症状を強く感じている時には血液フォトセラピー(紫外線血液照射療法)を行うといったように、その日の状態によりセレクトをされる方もおられます。
癌(がん)の術後やウイルス性疾患の方で免疫力向上を目的とされる方や、慢性疾患の症状改善が目的の方には、週に2回程度の治療をおすすめします。

施術の流れ

STEP1

約50mlの血液を専用の注射器を使用して採取します。

STEP2

採取する過程で、紫外線照射器を通し、約100秒間紫外線を照射します。

STEP3

紫外線照射が終了した血液を体内に戻します。

STEP4

終了。

血液フォトセラピー 体験談

  • ・片頭痛が出た時に血液フォトセラピー(紫外線血液照射療法)を受けると、施術が始まってものの数分で効果が出始める。終了するころには、痛みがすーっと消えて頭が軽い。
  • ・慢性の肩こりで辛かったが、血液フォトセラピー(紫外線血液照射療法)を受けると肩が軽くなり、痛みもなくなる。
  • ・体がポカポカしてきて、足が暖かくなった
  • ・視界がクリアになって頭がすっきりした。
  • ・ひどい風邪で、咳と鼻水が止まらなかったが、血液フォトセラピー(紫外線血液照射療法)と高濃度ビタミンC点滴を受けた翌日から症状が改善し始め、治った。

施術料金

費用についてはこちらをご覧ください。

料金案内

診療内容一覧に戻る