ケミカルピーリングの種類と効果まとめ ニキビ・ニキビ跡を絶対に治したい方必見

投稿日:2020.10.03

 

お肌は約28日間かけて生まれ変わっていますが、このターンオーバーが正常に行われていないと、繰り返しニキビを作ってしまったり、肌がごわいついて毛穴が目立ったりします。

乱れたお肌のターンオーバーを正常にするには「ケミカルピーリング」がおすすめです。

古い角質を除去して新しい皮膚の生成を促す効果があるため、ニキビ・ニキビ跡や毛穴に効果的。さらにクリアな状態のお肌は美容成分を吸収しやすいので、スキンケアの効果を発揮しやすいです。

この記事では、ケミカルピーリングの治療法や効果、種類についてご紹介します。ニキビ跡を治したい方や、ケミカルピーリングが気になる方は必見です。

ぜひ最後までお読みになり参考にしてくださいね。

 

ケミカルピーリングはどんな治療法?

「ケミカルピーリング」の治療方法は、化学薬品を塗布して人工的に肌表面の角質を除去する治療です。

古い角質を剥がして新しいお肌への生まれ変わりを促すことで、肌質を改善することが可能。肌表面に現れているトラブルに効果的です。

市販のピーリング剤でセルフケアする方法もありますが、クリニックではケミカルピーリング治療として濃度の高いピーリング剤を扱えるため高い効果が期待できます。

ケミカルピーリングの効果を上げるためにディープクレンジングをしたり、スチーマーで保湿しながら受けられるなどのメリットがあるため、クリニックでのケミカルピーリングをおすすめします。

 

ダウンタイムはあるの?

ケミカルピーリングにはダウンタイムがほぼありません。

治療後はヒリヒリしたり赤みは出やすいですが、数日経てば治まるのでメイクをしてもOK。

また、肌表面を剥がすと聞くと怖いイメージですが痛みはなく、角質の表面を溶かすだけなので、ボロボロ皮がめくれるような激しい反応ではありません。

ケミカルピーリングをした後は乾燥しやすくなっているため、しっかり保湿して乾燥しないように気を付けてください。

 

何回くらいで効果があるの?

施術回数はお肌の状態によって変わりますが、2~4週間に1回の頻度が理想的。

肌のターンオーバーを正常化していくためには1回では効果が低いため、最低でも5回は継続して肌の変化を見ていただきたいです。

根気強く続けることでターンオーバーが正常化されて毛穴が詰まりにくくなり、ニキビを予防することもできます。

 

副作用はある?

ケミカルピーリングは治療後に赤みやひりつきを感じる程度の副作用があります。

通常はその日のうちにひきますが、酸の濃度が濃かったりピーリング剤を肌に乗せる時間が長いと、2~3日続くことも。

人工的に皮膚を剥がしているため、一時的に肌はデリケートで敏感になっています。そのため、ピーリング後は保湿を欠かさず行って日焼け止めを塗り、紫外線に当たらないように気を付けましょう。

また、生理前や生理中はお肌が敏感になっているので、副作用が心配な方はその日は避けるようにした方が安心です。

 

顔以外もピーリングできる?

顔だけでなく、背中やデコルテのニキビにも効果的です。

また、肌のターンオーバーを促すので、黒ずみの気になるひじやひざ、お尻のピーリングもできます。

 

こんな人におすすめ!ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、以下のようは肌トラブルに効果的です。

ニキビ

・ニキビ跡

・シミ

・色素沈着

・毛穴の黒ずみ

・毛穴の開き

・くすみ

ケミカルピーリングは1回だけでなく、2~4週間の頻度で継続することで、古い角質が除去されて新しい皮膚を生成します。

肌がスベスベに柔らかくなってくるため、化粧水や美容液の浸透効果もUP。

触った感触だけでなく、見た目もくすみや黒ずみを改善するので、肌がワントーン明るくなり透明感も上がります。

 

ケミカルピーリングの種類について

ケミカルピーリングに使われる酸には、色々な種類があります。

・グリコール酸(AHA)

・サリチル酸(BHA)

・乳酸

それぞれの酸の特徴について見ていきましょう。

 

グリコール酸(AHA)

グリコール酸はケミカルピーリングの中で最も使われているピーリング剤。

フルーツ酸ともいうリンゴや柑橘の甘い果実に含まれる水溶性の酸です。

肌質に合わせて濃度が変えられるため、お肌への負担が少なくマイルドに作用していきます。

 

サリチル酸マクロゴール(BHA)

サリチル酸には強力な溶解作用があるため、保護剤としてマクロゴールと組み合わせ、肌深部への侵入を防いで角質層のみを剥がします。

そのため、ピーリングによる痛みや赤みなどの副作用を抑えながら、高いピーリング効果が得られる薬剤です。

ニキビやニキビ跡の治療に効果的。

 

乳酸

天然乳酸を主成分としたマイルドな効果のピーリング剤です。

乳酸は分子が大きいため、比較的皮膚の浅い部分に作用。

特にメラニン色素に作用するので、シミやくすみ、色素沈着の効果的、美白効果を得たい方にもおすすめです。

保湿効果も高いので、乾燥しやすい人に向いています。

 

まとめ

ケミカルピーリングの治療方法や種類、効果についてご紹介してきました。

肌表面のトラブルを一掃してクリアなお肌にしたい方におすすめの治療です。回数を重ねるごとに効果を実感できるので、継続がおすすめ。

また、レーザー治療と違ってダウンタイムも少ないため、周りに気づかれることなく治療を続けられます。

ピーリング剤の種類も多いので、クリニックでは医師と相談し、自分の肌質やお悩みに合ったピーリングを見つけてくださいね。

 

トキコクリニックのケミカルピーリングとは

トキコクリニックはニキビ治療に長年の実績をもっています。

ピーリング治療に力を入れており、中でも人気の「トキコオリジナルピーリング」は、油溶性で毛穴への浸透性が高いサリチル酸配合と、水溶性で肌をなめらかにするグリコール酸配合の2種類混の薬剤で、多種類の濃度を用意。

肌質や症状に合わせて数種類を組み合わせて施術を行っています。

ピーリングをする部位やお肌の状態に合わせて濃度を調整し、最大の効果を発揮します。

顔だけでなく、お尻の黒ずみや背中ニキビのケア対応。

【トキコオリジナルピーリングの料金】

顔・首・デコルテ・・・各1回8,000円/6回40,000円

首+デコルテ・・・1回14,400円/6回72,000円

二の腕・お尻・背中半分・・・1回10,000円/6回50,000円

背中全体・・・1回18,000円/6回90,000円

1回から利用できますが、ケミカルピーリングは数回行うことで効果を発揮し、維持できます。6回コースはお得なのでおすすめです。

他にも、コラーゲンの生成を促す「コラーゲンピーリング」や肌細胞の若返り効果を促進させる成長因子配合の「トックスピーリング」などの治療もあります。

お肌の状態やお悩みに合わせたピーリングでスベスベなお肌を目指していきましょう。

ピーリング治療の詳細はこちら

この記事を監修したドクター

総院長

小村 十樹子(こむら ときこ)

1992年神戸大学医学部卒業後、アトピー性皮膚炎やニキビ治療に専念。1996年10月に、心と身体と肌の健康を目指した美容皮膚科クリニックを開設。従来の美容治療は勿論のこと、病気にならないための治療、ガン予防、アンチエイジング治療に熱を燃やして、治療を展開中。

プロフィールをみる

おすすめ記事

  • 小顔 2020.10.12

    小顔効果絶大!エラボトックスが顔の印象をかえる

  • ほくろ 2020.09.18

    ほくろの除去にはレーザーが有効?治療法について解説

  • 美肌 2020.09.27

    肌のざらつきの原因は?おすすめ最新治療法も紹介!

  • ダイエット 2020.09.15

    無理な食事制限は不要!話題の医療ダイエット(GLP-1)とは?

  • 美肌 2020.10.06

    内側からキレイに!効果別、おすすめ美容点滴3選