シワ治療で悩まない!日頃のケアからおすすめの治療方法までをご紹介

投稿日:2020.10.09

お肌の老化現象としてシワがありますが、シワは見た目年齢を大きく変えてしまいます。

「このシワがなくなればもう少し若く見られるのに・・・」

「シワができる原因を知ってこれ以上増えないよう予防したい!」

とお考えではないでしょうか?

この記事では、シワができる原因やシワの種類、シワ治療をご紹介します。

シワができる原因を正しく知って早めに対策をすることで、予防ができ改善もできますよ。

シワでお悩みの方やシワ治療が気になる方はぜひ最後までチェックしてくださいね。

 

シワができる根本的な原因は?

シワができる原因は主に3つです。

・肌の水分保持力の低下による乾燥

・加齢による肌の弾力低下

・紫外線によるダメージ

浅いシワは乾燥が原因で、一時的に目元や口元にできる「表皮性のシワ」が多いです。

一方、深いシワは加齢や紫外線によるハリ弾力の低下が原因。

真皮の弾力に関わるコラーゲンやエラスチンがダメージを受け減少することで発生する「真皮性のシワ」が多いです。

 

シワの種類と予防方法

シワには3種類あります。

・乾燥ジワ

・表情ジワ

・紫外線ジワ

それぞれのシワの特徴と予防方法を見ていきましょう。

 

乾燥ジワ

「乾燥ジワ」は、乾燥によって肌表面の水分が減り、カサつきからできるちりめん状や線状のシワです。

そのまま放っておくと、シワの数が増えてしまったり、シワの溝が深くなり大きなシワの原因にも。

保湿効果の高い化粧品で角質層に潤いを与えることが大切です。化粧水をたっぷり含ませたコットンパックで5分ほど保湿させるのも効果的。

 

表情ジワ

「表情ジワ」は、笑った時の目尻や口元のほうれい線のシワのように、表情の変化による肌の折りたたみ跡からできるシワです。

10代・20代の水分と弾力のあるお肌は、折りたたみ跡は表情を変えればすぐ元に戻ります。

しかし、加齢や紫外線ダメージで弾力を失った肌は柔軟性が低いため、跡が消えずにシワになってしまいます。

表情ジワの改善には保湿を重点的に行って、お肌の柔軟性を高めることが大切。無意識のうちにしてしまう表情の癖にも気をつけましょう。

 

紫外線ジワ

「紫外線ジワ」は紫外線による肌ダメージで、コラーゲンが減少しエラスチンが劣化することによりできるシワ。

紫外線が当たりやすい額や目尻にできやすいです。

紫外線ジワには保湿ケアと紫外線対策が重要。外出時は通年を通して日焼け止めを塗り、肌ダメージを防いでいきましょう。

 

費用は?美容皮膚科で治療する場合

美容皮膚科でシワの治療を行う場合、4つの方法があります。

1.ヒアルロン酸注射

2.レーザー

3.熱照射

4.リストアップ

それぞれの治療方法の詳細と、料金の相場を見ていきましょう。

 

ヒアルロン酸注射

シワ治療と言ったらヒアルロン酸と思い浮かべる方が多いくらい、認知度が高い治療方法です。

ヒアルロン酸を真皮の内側に注入するだけなので、お肌への負担が少なくダウンタイムもありません。

治療時間も5~10分と短時間で、治療後にすぐに効果を実感できるため、シワ治療を初めて行う方に人気です。

ヒアルロン注射の目安は30,000円~です。

 

レーザー

レーザー治療では、照射した肌の細胞を再生し古い肌から新しい肌へと再生。

レーザーが皮膚の奥深くまで届きコラーゲンを増やすことでシワの改善に作用します。

顔全体に照射すれば、シワとたるみに効果的。治療後は一時的に赤みが出ますが、2・3日で消えます。

レーザーの費用は顔全体で50,000円~が相場です。

 

熱照射

熱照射は高周波を照射して肌の深部にまで熱を与える治療方法です。

高周波の温熱効果によって、細胞レベルに働きかけてコラーゲンを生成しシワを改善。

シワの他にもエイジングケアや フェイスラインの引き締め効果など、幅広い美容効果が期待できます。

熱照射の治療は顔全体で20,000円~が相場です。

 

リストアップ

リフトアップはシワをなくしたい額や頬の内側に髪の毛ほどの細さの糸で物理的に引っ張るという治療です。

体内で完全吸収される糸と、その糸を動かないように止める小さな突起を使用してフェイスラインを引き上げる施術になります。他の治療法と比べて持続できる期間が長いです。

また、引き上げるだけでなく、糸の刺激によって、細胞を活性化させてコラーゲンとエラスチンを生成する働きもあります。

リフトアップの部位別の目安です。

ほうれい線・・・300,000円~

フェイスライン・・・200,000円~

目の下・・・200,000円~

 

美容皮膚科で治療するメリット

真皮性の深いシワは日常のスキンケアでなくすのは難しいため、美容のプロに頼ることもひとつの方法です。

一般的に美容クリニックで治療を施すと高額というイメージがありますが、それだけ医療でしかできない施術を受けることができるので効果も高いです。

注射やリストアップに抵抗のある方は、レーザーや熱照射でしたらダウンタイムも少なく跡も残らないので気軽に受けられます。

保湿力の高い美容液やシワ改善に特化したクリームは予防のためと表皮性のシワにしか効果が期待できません。

そのため、化粧品に頼るよりも治療をした方が費用対効果が高く、化粧品よりも早い効果が期待できます。

また、美容皮膚科で扱っているマシンは医療用となるため、エステのマシンと比べてもその威力に違いが。シワ治療を行うなら、エステよりも治療として受けられる美容皮膚科がおすすめです。

 

トキコクリニックのシワ治療の案内

トキコクリニックでのシワ治療は、注入による方法とマシンを使った方法を行っています。

注射は定番のヒアルロン酸や筋肉の収縮を止めるボトックス、細かいシワに効果的なベビーコラーゲンなどが受けられます。

シワ深さや骨格に合わせて自然で若々しく見えるように調整。

マシンを使った治療は、顔全体に行うことでたるみにも効果的です。

マシンは施術後すぐにリフトアップ効果を感じますが、1~2ヶ月かけてさらに徐々に引き締まり長期的な効果が期待できます。

 

日常生活からのケアが一番大事!

シワは日常的なケアで予防することができます。毎日のスキンケアで「保湿」と「紫外線対策」を徹底して行いましょう。

保湿を継続すれば表皮シワの改善と、乾燥が原因のシワの予防が可能。スキンケアの最後に保湿効果の高い化粧品を使って水分が蒸発しないように閉じ込めましょう。

紫外線による光老化は、真皮性シワを作る原因にもなり乾燥やハリ弾力の低下させてしまいます。

また、外側からのケアと同時に、内側のケアとして食事も大切です。

コラーゲンの生成に関わるアミノ酸やたんぱく質、ビタミンC、鉄分、亜鉛をバランスよく摂取しましょう。

 

まとめ

シワの原因や予防方法、シワ改善の治療についてご紹介してきました。

シワができる原因は日常で浴びる紫外線や保湿不足のため、今日からできることを実践し、予防していきましょう。

セルフケアだけでは手遅れになってしまったシワには治療もおすすめです。

治療と聞くと抵抗があるかもしれませんが、切ったりしないような施術はエステ感覚で気軽に利用する方が増えています。

まずは気軽にカウンセリングから利用してみてはいかがでしょうか。

毎日の徹底したスキンケアと美容治療を上手に取り入れてシワを改善し、若々しい美肌にしていきましょう。

この記事を監修したドクター

総院長

小村 十樹子(こむら ときこ)

1992年神戸大学医学部卒業後、アトピー性皮膚炎やニキビ治療に専念。1996年10月に、心と身体と肌の健康を目指した美容皮膚科クリニックを開設。従来の美容治療は勿論のこと、病気にならないための治療、ガン予防、アンチエイジング治療に熱を燃やして、治療を展開中。

プロフィールをみる

おすすめ記事

  • 小顔 2020.10.12

    小顔効果絶大!エラボトックスが顔の印象をかえる

  • ニキビ 2020.09.24

    ~ニキビ・ニキビ跡と食べ物の関係~ ニキビに悪い食べ物って何?

  • ニキビ 2020.10.15

    頑固な大人ニキビを根絶!低容量ピルがもたらすニキビの治療効果について

  • 美肌 2020.09.27

    肌のざらつきの原因は?おすすめ最新治療法も紹介!

  • 美肌 2020.10.06

    内側からキレイに!効果別、おすすめ美容点滴3選