エラボトックス注射は小顔効果絶大!【簡単小顔治療】

投稿日:2021.07.12

女優さんの様な小さな顔は誰もが憧れます。小顔なだけで美人に見えたりします。
顔が大きく見えてしまう原因の一つとして、エラの張りがあります。

【エラが張る原因】
①エラの部分の骨格自体が突出している
②咬筋(こうきん)と呼ばれる物を噛むときに使われる耳の下の筋肉が発達している

 

咬筋が発達していることが原因のエラの張りは、ボトックス治療で改善することが可能です
エラの骨を削るなどの大掛かりな手術は不要で、気になるエラの部分にボトックスを注射するだけで筋肉を薄くし、エラのボリュームをなくしていく治療です。

 

この記事では、ボトックスについてや、エラボトックス治療の詳細や症例をご紹介します。
エラの張りが気になる方や、顔をシャープにして小顔にしたい方は、ぜひ最後までチェックして参考にしてくださいね。

 

 

 

エラボトックス注射はどんな治療?

ボトックスとは?

ボトックスとは、ボツリヌス菌から作られるタンパク質の一種で、ボツリヌス菌が産生する
「A型ボツリヌストキシン毒素」のことをボトックスと言います。

ボツリヌス菌と聞くと食中毒の原因と思われる方もいますが、
治療で使用されるものは厚生労働省の認可を受けている商材で、
生理食塩水で濃度の調整されており、人体にも影響がなく副作用もほとんどないので安全です。

ボトックスはエラの張りを取る以外にも、表情ジワの改善やワキの制汗治療などの幅広い美容治療で使われています。

 

 

エラボトックス治療の効果

エラボトックス治療は、
ボトックスを咬筋に注射し、咬筋委縮させて細くしていくことで、エラの張りを取っていく治療です。

奥歯をぐっと噛みしめた時に、耳の下あたりにはっきりと硬い膨らみが出来る人は咬筋が発達しています。
エラの張りが骨格ではなく、筋肉の問題でエラが張ったように見えていたのです。
そのような方はエラボトックスが効果的です。

咬筋が萎縮する事でほっそりとシャープなフェイスラインになる為、小顔効果を実感しやすい治療です。

 

 

こんな方におすすめの治療

✔︎ 小顔になりたい方
✔︎ エラの張りを目立たなくさせたい方
✔︎ ホームベース顔を細くしたい方
✔︎ 顎の筋肉が硬くなっている方
✔︎ エラの骨を削らずシャープにしたい方
✔︎ 食いしばりや歯ぎしりの癖がある方

食いしばりや歯ぎしりをする癖がある方は咬筋が発達しやすいです。
食いしばりや歯ぎしりは歯を減らすだけでなく、咬み合わせのずれや歯の破折、片頭痛をもたらすこともあります。
悪化させないためにもボトックス注射は効果的です。

 

 

持続期間は?注射をやめると元に戻る?

エラボトックス注射は、1回受ければ永久に効果が続くわけではありません。
筋肉の強さやボトックスを打つ量などによって個人差はありますが、
持続期間は、一般的に4~6か月間と考えてください。

効果がなくなるタイミングで注射を継続すると効果が持続でき、回数を重ねるごとに少しずつ持続できる期間が伸びていくと言われています。

咬筋は筋肉の力が強い部位なので、3~4ヶ月ごとに3回程度の継続が理想的です。
エラボトックス注射をやめると徐々に元のサイズに戻っていきます。

 

 

効果が表れるまでの期間

エラボトックスは注射してすぐに効果が現れるわけではありません。
ボトックスを打ってから筋肉が痩せていくまでには期間がかかり、
3~4週間後に効果が最大となり、はほっそりとしたフェイスラインになります。

そのため、大事な予定や特別なイベントの日に最大限の効果を発揮されたいようでしたら、余裕を持って計画的に治療することをおすすめします。

 

 

 

【症例】エラボトックス治療で小顔に!

実際にエラボトックス治療をして小顔になった方の症例をご紹介します。

 

症例1:エラボトックス注射2回の症例

こちらは、エラボトックス注射を4ヶ月毎に2回施行した女性です。
(71,500円×2回)

 

 

症例2:エラボトックス注射3回の症例

こちらは、エラボトックス注射を4ヶ月毎に3回施行した女性です。
(71,500円×3回)

 

 

どちらの症例も一目でわかるくらいエラの張りが軽減され、顔の幅が細くなり、顎にかけてシャープになっているのがわかります。
角ばったエラがなくなると、
小顔効果が得られるのは勿論、女性らしい印象の輪郭になります

 

※副作用とリスク:
内出血、腫れ、赤みなどのの症状を伴う事がありますが、数日~1週間程度で収まります。

ご相談・ご予約はこちら

 

 

 

 

エラボトックス治療の流れ

エラボトックスの治療の流れや料金の相場、注意事項について見ていきましょう。

エラボトックスは負担の少ない治療ではありますが、メリットだけでなくデメリットも事前にチェックし、理解した上で後悔のない治療をしていきましょう。

 

 

治療の流れ

治療前には、通常の診療と同じように医師による問診があります。
その時に不安や疑問がある場合は相談し、納得してから治療を進めていくようにしましょう。

問診では症状やお肌の状態を確認して、ボトックスを打つ位置や量を決めます。

その後施術をしていくのですが、施術自体は数分で完了します。
施術後の影響も少ないことから、ダウンタイムもあまりありません。

その日のうちに日帰りで施術が受けられるので、手軽さもいいですね。

 

 

治療の料金

エラボトックスの料金は、ボトックスの種類にもよりますが、
4万円~7万円が相場になります。エラを削る手術よりもずっと安くすませる事ができます。

4万円〜7万円というこの価格の差は、使用しているボトックス商材の種類にもよります。
厚生労働省の認可を受けていない商材は比較的安く治療を受けられる傾向にあります。

継続的に受けることで効果も持続するため、価格と安全性を把握した上で、長期利用できることを考慮してクリニックを選んだ方がいいでしょう。

 

 

治療に痛みはある?

エラボトックスは、注射で注入するため痛みがあります。

ただ使われる針はとても細く、採血する注射針より細い針を使用するのでご安心ください。
注入時の痛みが心配なようでしたら、表面麻酔を使用するクリニックもあります。

また、注射をすることで赤く内出血する場合があります。メイクで隠れる程度で1週間ほどで消えます。
注入後は数日間はエラが重く感じて違和感があり、むくみが出る方もいますが、注射した部分はあまり触らないようにしましょう。

ボトックス

 

 

 

エラボトックス治療の副作用と注意

エラボトックス治療は注射での治療ですので、
内出血、腫れ、赤みなどのの症状を伴う可能性がありますが、数日~1週間程度で収まります
また、咬筋が痩せてエラの出っ張りがなくなることで、稀に皮膚のたるみ感を感じる方がおられます

 

エラの咬筋という物を咀嚼する時に動かす筋肉を小さくします。
そのため、「食事の時に噛みにくくなるのでは?」「しゃべり辛くならないかな?」と心配になるかもしれません。

これらの症状一時的なことで、徐々に消滅していきます。
また、稀にいつもと顔の筋肉の使い方が変わることで筋肉が疲労し、頭痛を引き起こすことがあります。
数日間は筋肉が慣れるまで続くことがありますが、そのうち自然に治まっていきます。

 

 

エラボトックス治療が受けられない方

以下の方は治療を受けることができません。
・妊娠中の方
・妊活中の方
・授乳中の方
・神経、筋疾患をお持ちの方
・ボツリヌス菌が原因と思われる食中毒の既往がある方
・過去にボトックス治療でアレルギーのあった方

妊娠中の胎児に対する安全性が確立されていないことから、妊娠予定のある方は控えるようにしてください。
また、慢性疾患や既往症のある方は診察の際に相談しましょう。

 

 

 

まとめ

エラボトックス治療についてご紹介してきました。
ボトックスは咬筋や表情筋などを収縮させる働きがあるため、エラ部分のシェイプアップ効果が期待できます。

また、ボトックスは施術時の負担が少なく、ダウンタイムもほとんどありません。
施術を継続することで、効果を持続させることも可能です。

しかし、ボトックス注射による施術にはいくつか注意点やリスクがあるので、事前に理解しておきましょう。
エラボトックス注射を受けたい方は、まずはカウンセリングから受けてみてください。

カウンセリングを予約
 

 

 

たるみ・輪郭のもたつきが気になる方の小顔治療はこちら

この記事を監修したドクター

総院長

小村 十樹子(こむら ときこ)

1992年神戸大学医学部卒業後、アトピー性皮膚炎やニキビ治療に専念。1996年10月に、心と身体と肌の健康を目指した美容皮膚科クリニックを開設。従来の美容治療は勿論のこと、病気にならないための治療、ガン予防、アンチエイジング治療に熱を燃やして、治療を展開中。

プロフィールをみる

おすすめ記事

  • シミ

    レチノールでシミは薄くなる?レチノールの作用と効果について解説!

  • しわ

    目尻にしわができる原因は?改善法や治療法についても解説!

  • 体質改善

    高濃度ビタミンC点滴に期待されるシミへの効果は?

  • シミ

    「ルメッカ」の効果とは?シミ治療マシン、ルメッカを導入する京都の美容皮膚科が簡単解説!

  • 美肌

    美容点滴おすすめ3選!【高濃度ビタミンC点滴・白玉点滴・プラセンタ点滴】