気になるシミのレーザー治療、失敗しない選び方

投稿日:2020.11.16

年齢と共にシミが目立つようになって気になるという方の中には、美容医療でのレーザー治療を選択肢として考えられている方もいます。「シミにはレーザー治療」とよく耳にしますが実際どのような原理でレーザー治療が行われているのか知っている方は少ないのではないでしょうか。どんな治療にもリスクはつきものですがシミのレーザー治療で失敗しないための治療方法の選び方についてみていきましょう。

 

 

シミのレーザー治療とは?

シミ1つをとっても様々な種類があります。

皆さんが思い浮かべるシミのほとんどは「老人性色素斑」といわれるもので主に紫外線が原因となり起こるものです。その他、女性ホルモンの乱れなどが原因と考えられている「肝斑」やニキビや火傷など炎症が起きた跡の「炎症後色素沈着」、遺伝性のものがほとんどである「そばかす」などが挙げられます。

 

シミにも様々な種類があるように、治療もシミに合わせて選択していく必要があります。

シミの原因となるのは「メラニン色素」という色素です。本来であれば産生された色素は肌の生まれ変わり(ターンオーバー)によって排出されていきますが、年々ターンオーバーも遅れていき蓄積してしまうことでシミとして現れます。

 

レーザー治療は、レーザーの力によりメラニン色素を破壊することでシミを除去する治療です。

ダメージが大きいのではないかと思われる方も多いですが、正しく照射すればメラニンにのみ作用するため正常細胞が傷つけられる可能性は低いです。シミやニキビ跡、肝斑などをなるべく早く治したい方などにおすすめの治療方法です。

 

シミの治療はレーザー治療だけでなく、ピーリングであったり内服治療もあります。それぞれに合った治療をしないとかえってシミが濃くなってしまったなどの失敗を起こす危険性が出てきてしまいます。レーザー治療にも数種類あり、美容クリニックで採用されている美容機器も様々です。しっかりとカウンセリングを受けた上で自分に合っている治療方法を選択してもらいましょう。

 

 

レーザー治療の失敗例

レーザー治療にもリスクはあるため、せっかく治療を受けたのに失敗したと感じられる方もいます。

せっかくお金をかけて治療するのですから出来るだけ失敗は避けたいですよね。レーザー治療の失敗として一般的なものを紹介します。

 

①シミが逆に濃くなってしまった

レーザー治療はメラニン色素を破壊することでシミを除去しますが、ベストな出力で照射する必要があります。それほどメラニン色素の多くない薄いシミに対して、高出力のレーザーを当ててしまうと色素細胞が活性化してしまって元のシミよりも濃くなることがあります。照射時の痛みの程度も施術者に伝えるようにし自分に合った強さのものにしてもらいましょう。

 

②シミがまた新しくできてきた

レーザー治療を行ったからといって今後シミが出ないというわけではありません。現在できているシミに対してはレーザー治療は有効ですが、その後紫外線対策をせずにいるとまた新しいシミができる可能性があります。”シミが出来てはレーザー治療”を繰り返していると元も子もないですし、金銭面的にも厳しくなってくることが多いので普段の毎日のケアで予防をしていきましょう。照射した場所に新しく出来たとすれば「炎症後色素沈着」というレーザー治療による刺激により炎症を起こしてしまいできるものです。レーザー治療1ヶ月ほどがピークと言われており、半年後くらいにはなくなると言われています。炎症後色素沈着は失敗ではなく、照射のダメージにより一定数起こってしまうものなので、出来てしまった場合はクリニックから指示される照射後のアフターケアを丁寧に行いましょう。

 

③水膨れが出来て火傷のようになった

自分のシミに対しての照射の強さが強すぎる場合に起こってしまいます。これに関しては医師側の判断ミスのところがありますので、シミ治療の経験が豊富なクリニック・医師にかかるようにリサーチしておくことで予防出来ます。もし起こってしまった場合は医師の指示に従いましょう。

 

④肝斑が出てきてしまった

レーザー治療当初は肝斑が潜んでいることに気づかずそのまま照射してしまった場合、肝斑が現れてしまうことがあります。シミ用のレーザー治療では治せるものではないので逆に活性化させてしまうことが原因です。肝斑は老人性色素斑とは原因が異なるので治療方法も変わります。メジャーな治療方法としてはトラネキサム酸という抗炎症作用のある内服薬、ハイドロキノンやトレチノインなどです。肝斑か否かの判断は素人では難しいので、照射後の肌で気になることがあれば医師に相談してみましょう。

 

 

レーザー治療で失敗しないためには?

レーザー治療で失敗しないためには、まずクリニック選びから慎重に選びましょう。自分のシミにあった治療方法を提案できるのは経験が豊富な医師です。シミの治療実績をホームページで調べたり、症例写真などを確認し安心して任せられると思えるクリニックで治療を行いましょう。

 

クリニックが決まれば丁寧なカウンセリングをしてくれるか否かをチェックします。疑問点はクリアにした状態で治療を受けられるのがベストです。上記に記載したリスクについても心配であれば質問しておくと安心出来ます。アフターフォローのしっかりしているクリニックであれば尚安心です。

 

最後に照射後は数種類の塗り薬などが処方されることがほとんどです。アフターケアとして渡されたものや伝えられた注意点は必ず守りましょう。レーザー治療後の肌は極めて敏感な状態です。紫外線から肌を守ったり保湿に気を使ったり医師から指示されたことは必ず守るようにしましょう。

 

 

まとめ

シミのレーザー治療は正しく行えば即効性もあり非常に効果的な治療です。リスクも理解した上でクリニック選びを慎重に行い、自分の肌に自信を持てるようになりましょう!トキコクリニックでは様々な美容機器を揃えており、シミ治療としてレーザー治療以外のものも多数あります。シミがあるだけでも見た目年齢が上がってしまうので「シミが気になるなあ。」という方はレーザー治療も選択肢に入れてみてください。

この記事を監修したドクター

総院長

小村 十樹子(こむら ときこ)

1992年神戸大学医学部卒業後、アトピー性皮膚炎やニキビ治療に専念。1996年10月に、心と身体と肌の健康を目指した美容皮膚科クリニックを開設。従来の美容治療は勿論のこと、病気にならないための治療、ガン予防、アンチエイジング治療に熱を燃やして、治療を展開中。

プロフィールをみる

おすすめ記事

  • ニキビ

    ニキビ跡(色素沈着)は治せる?原因と対策をについて

  • 毛穴

    気になるたるみ毛穴を改善!正しいケア方法・対策をご紹介!

  • イボ

    イボ取りは皮膚科で!種類や原因、治療方法を解説

  • シミ

    日焼けはシミの原因に!日焼けを回避する為に飲んでおきたいサプリメントをご紹介

  • ほくろ

    ほくろの除去にはレーザーが有効?治療法について解説