ガミースマイルでお悩みの方必見!ボトックスで改善できます!

投稿日:2021.02.09

男女問わず、笑顔の人はとても魅力的ですね。しかし、口元にコンプレックスを抱える人は少なくなりません。口元が気になって歯をだして笑えない…ついつい口元を隠してしまう…そんな方は、是非最後までお読み頂き参考にしてください。マスクを外す時に備えて、今のうちにお悩みを解決しておきませんか?

 

 

 

ガミースマイルとは?美しい笑顔は、美しい口元から

ガミースマイルとは笑った時に歯茎が見えすぎてしまう口元を指します。

具体的には3mm以上歯茎が見えてしまう口元がガミースマイルに該当します。

個性的な魅力の一つと捉えられる事もありますが、審美的な見方からは少しそれてしまいます。

ガミースマイルの原因は、骨格・歯並び・表情筋の3つです。

骨格や歯並びが原因の場合は、骨の手術や歯科的アプローチが必要になりますが、表情筋が原因の場合はボトックス治療で改善できるのです!自分のガミースマイルの原因がどれか、自己判断は難しいかと思います。クリニックで診断してもらい、適切な治療を受けましょう。

 

 

 

ガミースマイルを解消するボトックス治療の特徴

表情筋が原因のガミースマイルは、上唇の筋が強く収縮する事で上唇が必要以上に挙上し、歯茎が見えやすくなる事が原因です。

ボトックスで上唇の筋を弛緩させる事で上唇のリップラインを下げ、ガミースマイルが改善されます。

ガミースマイルのボトックス治療は、小鼻の横にボトックスを注入し、大体10日〜2週間ほどで効果が現れます。治療の所要時間は5〜10分程度で、機能的なダウンタイムもほとんど無い為、侵襲の少ない治療をご希望の方にはおすすめの治療です。費用も、手術や歯科矯正より抑えられます。

しかしボトックス治療は対症療法にすぎません。その効果は大体半年程度で、時間経過とともに後戻りします。しっかり維持したい方は、継続的にボトックス注入する事をおすすめします。

 

メリット

・手軽

・侵襲が少ない

・費用が抑えられる

・機能的ダウンタイムがない

 

デメリット

・永続的ではない

・内出血する事がある

 

 

 

 

口腔内の健康も美しさの秘訣

ボトックス治療をしてガミースマイルが改善されても、虫歯や歯周病で歯や健康的な歯茎自体を失っては元も子もありません。日常的に虫歯予防・歯周病予防を心がけながら毎日のブラッシングを入念に行い、より美しい口元をめざしましょう。定期的にデンタルクリニックでメンテナンスをするのもおすすめです。

 

正しい歯磨き方法

美しく健康的な歯茎を保つ為の効果的な歯磨き方法をご紹介します。

歯と歯茎の境には歯肉溝と呼ばれる溝があります。

その溝に歯ブラシの毛先を入れ込ませるようにして細かくブラッシングしてください。

1部位につき20回を目安に細かくこするようにしましょう。

この時に歯ブラシの圧が強すぎると、歯茎を傷つける原因となるので注意し下さい。毛先が広がらない強さが適切です。

歯磨きの最後に歯の表面を舌で触り、ざらつきやぬめりがないか確認するようにして下さい。ざらつきやぬめりがある部位は磨き残していることが多いです。仕上げ磨きをして磨き残しのないようにしましょう。

 

磨き残しで歯面にプラーク(歯垢)が堆積すると、やがてそれが石灰化し歯石になります。

歯石は表面がざらざらしている為、汚れが付着しやすくなります。そうすると細菌が歯茎の中に侵入しやすくなり、歯周病を進行させます。

そのまま放置すると、最終的には歯茎の中で炎症が広がり、歯周組織を破壊して、骨までも溶かしてしまいます。

審美的には、歯が長くなったように感じたり、歯間空隙が大きくなったりして、老けた印象を与えてしまいます。

機能的には、歯を支える骨がなくなるわけですから、グラグラして噛みにくくなるし、最悪歯が抜けおしてしまいます。

また、磨き残しは口臭の原因にもなります。口元美人を目指すには、日常的な口腔ケアは欠かせないですね。

 

おすすめのケア用品

朝の着色予防に特化した歯磨き粉

 

夜の殺菌に特化した歯磨き粉

ECサイトでもご購入いただけます。是非あわせてご使用ください。

 

 

 

まとめ

表情筋が原因のガミースマイルであれば、ボトックス治療で改善できます。しかし永続的な効果はないので、しっかり維持したい方は、継続的にボトックス注入する事をおすすめします。

ボトックス治療でガミースマイルを改善し、美しいリップラインを手に入れるとともに、美しく健康な歯茎を保ための日常的な口腔ケアもしっかり行いたいですね。

 

トキコクリニックでもガミースマイルに対するボトックス治療を行なっております。

まずはカウンセリングにお越しください。

この記事を監修したドクター

総院長

小村 十樹子(こむら ときこ)

1992年神戸大学医学部卒業後、アトピー性皮膚炎やニキビ治療に専念。1996年10月に、心と身体と肌の健康を目指した美容皮膚科クリニックを開設。従来の美容治療は勿論のこと、病気にならないための治療、ガン予防、アンチエイジング治療に熱を燃やして、治療を展開中。

プロフィールをみる

おすすめ記事

  • 栄養療法 2020.11.20

    ビタミン剤って結局どれがおすすめ?正しい選び方とは

  • シワ 2021.02.05

    おでこのしわを改善!美しい額を手に入れる為の施術をご紹介

  • ニキビ 2021.01.11

    「背中ニキビが治らない!」原因や治療法は?美容皮膚科で治療するには?

  • 健康 2020.12.22

    【諸説あり】カフェインはほんとにダイエットに効果的?

  • 免疫 2020.12.02

    今こそ食べたい!免疫力を高める食べ物4選