美容コラム

Beauty column.

 顔の脂がすごい!顔の脂が多い原因と対処法

シミ

美肌

”朝起きると顔の脂がすごいんです!顔の脂をなくす方法はありませんか?”
そのようにご相談される方は多くいらっしゃいます。高校生くらいのお若い方から30代、40代の方まで幅広い年代の方が顔の脂っぽさに悩んでいらっしゃいます。
顔の脂…皮脂は本来皮膚を守るために必要なもの。そのため、顔の脂をゼロにすることは不可能ですし、仮にできたとしてもお勧めしません。

しかし、皮脂が多すぎることで様々な肌トラブルが引き起こされることもまた事実です。
皮脂の分泌が過剰になるとニキビや脂漏性湿疹などの皮膚疾患を引き起こすだけでなく、化粧ノリが悪くなったり化粧のもちも悪くなります。

この記事では顔の皮脂の過剰分泌の理由、年代ごとの特徴とその対策について述べさせていただきます。

顔の脂がすごい!その原因とは?

インナードライ

皮脂は皮膚の角質層をコーティングし、天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質と共に皮膚の潤いを保持する重要な役割を果たしています。皮膚が乾燥すると、この潤いを維持するために皮脂の分泌が活発化します。その結果、表面的にはオイリー肌のように見えるかもしれませんが、その根底には乾燥があります。この状態を「インナードライ」と呼びます。インナードライは特に20代後半から40代の方に多く見られる肌状態です。インナードライ肌は、外から見ると皮脂が多く分泌されているように感じられるかもしれませんが、実際には肌が乾燥している状態です。このため、外見と実際の肌の状態が異なるため、適切なスキンケアを行うことが重要です。

ホルモンバランス

皮脂分泌はホルモンによる影響を受けやすいと言われています。

テストステロンという男性ホルモンの分泌量が増えるに従い、皮脂の分泌も増加しやすくなります。テストステロンは筋肉や骨格の発育を促し、生殖組織の発達にも関わる重要なホルモンです。
10代の思春期にはホルモンのバランスが崩れやすく、皮脂の分泌が急激に増えやすい時期でもあります。思春期に入るとニキビができやすくなる原因の一つはホルモンの乱れに伴う皮脂の過剰分泌と言われています。

また、20代・30代の方はストレスや生活習慣の乱れによりホルモンバランスが崩れ、皮脂の過剰分泌に繋がることもあります。
女性の場合、月経周期に伴い皮脂の分泌量が変化します。
『生理前に顔が脂っぽくなってニキビができやすい…』
そんなお悩みがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、月経前になると皮脂の分泌量が増えるため、顔がべたつきやすくなったりニキビができやすくなったりします。また、月経前はホルモンバランスの変化により食欲が更新したり、食生活が乱れることも多いため皮脂の分泌をより促進してしまいがちな時期です。

生活習慣の乱れ

日々の生活も皮脂分泌を考えるうえで大切です。
睡眠不足に陥るとホルモンのバランスが乱れたり、皮膚のターンオーバーが乱れることで肌荒れを起こしやすくなります。

また、脂質・糖質のみなど偏った食事を摂ることで皮脂の分泌が亢進することがあります。皮脂の分泌をコントロールすると言われるビタミンB群やビタミンA群などが不足することで皮脂が分泌されやすくなります。

女性の顔の脂がすごい原因とは

女性の顔の脂の多さは、ホルモンバランスの変化に密接に関連しています。例えば、月経周期によってホルモンのバランスが変化すると、皮脂の分泌量も変わります。ストレスや睡眠不足も皮脂の過剰分泌を引き起こす可能性があります。

男性の顔の脂がすごい原因とは

男性では、テストステロンという男性ホルモンが皮脂の分泌を促進するため、顔の脂が多くなりやすいです。特に思春期にはホルモンの活動が活発化し、皮脂の分泌が増加します。

30代、40代で顔の脂が増える理由

30代や40代になると、顔の脂が増える理由はさまざまですが、主な要因の一つは年齢に関連しています。以下に、30代や40代で顔の脂が増える理由について詳しく説明します。

1.皮膚の水分量の減少:年齢とともに、皮膚の水分量が減少することがあります。これは皮膚の天然保湿因子の減少や、皮膚の水分を保持する能力の低下によるものです。乾燥した皮膚は、水分を保持しようとして過剰に皮脂を分泌することがあります。

2.皮脂のバランスの崩れ:年齢とともに、皮脂の分泌に関与するホルモンバランスが変化することがあります。これにより、皮脂の分泌が過剰になることがあります。特に女性の場合、更年期にホルモンの変化が著しく、これが皮脂分泌の増加につながることがあります。

3.紫外線の影響:長期間にわたる紫外線曝露は、肌の老化を促進し、皮脂分泌を増加させることがあります。紫外線は皮脂腺を刺激し、脂質バリアを崩すことがあり、それが皮脂分泌の増加につながります。

4.生活習慣:生活習慣や食事習慣も、顔の脂の増加に影響を与える要因です。高脂肪食や糖質過多の食事、喫煙などは皮脂分泌を増加させる可能性があります。

病気が原因?顔の脂の多さと健康状態

病気が原因で顔の脂の多さが増加することはあります。甲状腺異常やホルモン異常など、特定の健康状態が皮脂の過剰分泌を引き起こす可能性があります。以下に、健康状態が顔の脂の多さに与える影響について詳しく説明します。

1.甲状腺異常:甲状腺は体内の代謝を調節するための重要な臓器であり、甲状腺機能の異常は皮脂分泌に影響を与えることがあります。甲状腺機能亢進症(過剰な甲状腺ホルモン分泌)は、皮脂分泌を増加させる可能性があり、肌が脂っぽくなることがあります。

2.ホルモン異常:ホルモン異常は、皮脂分泌に大きな影響を与える要因の一つです。特に性ホルモンの異常(例: 多嚢胞性卵巣症候群など)は、皮脂分泌を増加させ、ニキビや脂性肌の問題を引き起こすことがあります。

3.その他の健康状態:一部の疾患や健康問題は、皮脂分泌に影響を与える可能性があります。例えば、ストレスや糖尿病などが挙げられます。

普段と異なる皮脂の分泌に悩む場合、専門の医師に相談することが非常に重要です。医師は適切な検査や評価を行い、潜在的な健康問題やホルモン異常を特定し、適切な治療方法を提案できます。また、適切な医療アプローチに加えて、適切なスキンケアや生活習慣の改善も肌の状態を改善するのに役立つことがあります。

顔の脂、オイリー肌の対処法

洗顔の仕方で脂性肌は改善できる!

1. 洗顔料の選択:肌に優しい洗顔料を選びましょう。刺激の少ない、低刺激の洗顔料が適しています。無香料やアルコールフリーの製品もおすすめです。

2. 温水を使用:洗顔時にはぬるま湯や温水を使用しましょう。極端に冷たい水や熱い水は肌に負担をかける可能性があります。

3. 優しく洗う:洗顔料を手に取り、優しく泡立てます。力を入れすぎないようにしましょう。力を入れてこすりすぎると、皮脂腺が刺激され、逆に皮脂の過剰分泌を促すことがあります。

4. 洗顔時間の調整:洗顔は急いで行わず、約30秒から1分程度かけて優しく洗顔料を顔全体に広げます。特にTゾーン(額、鼻、あご)など、皮脂分泌が多い部分を重点的に洗います。

5. 丁寧なすすぎ:洗顔後、十分にぬるま湯で洗い流し、洗顔料や汚れが残らないようにします。すすぎ残しは肌の刺激やトラブルの原因となります。

6. タオルの取り扱い:顔を洗った後、清潔なタオルで優しく押さえるようにして水分を取り除きます。タオルは定期的に洗濯して清潔に保ちましょう。

7. 過度な洗顔の回避:過度な洗顔は逆に皮脂の過剰分泌を招くことがあるため、朝と夜の2回程度の洗顔が適しています。また、必要以上に洗顔しないようにしましょう。

正しい洗顔方法を実践することで、脂性肌のバランスを整え、肌のトラブルを軽減できる可能性が高まります。個人の肌質に合わせて適切な洗顔ルーチンを確立し、健康な肌を維持しましょう。

オイリー肌に効果的なスキンケアアイテム

1.サリチル酸(BHA):サリチル酸は角質層内に浸透し、毛穴内の詰まりや炎症を軽減する効果があります。また、皮脂分泌をコントロールするのに役立ちます。オイリー肌の人にとって、サリチル酸を含む化粧水や洗顔料が有用です。

2.グリコール酸(AHA):グリコール酸は角質層の古い皮膚細胞を除去し、新しい細胞の生成を促進します。これにより、肌のテクスチャーが改善し、毛穴の詰まりを減少させます。オイリー肌向けの化粧水やクレンジング製品にグリコール酸が含まれることがあります。

3.ナイアシンアミド(ビタミンB3):ナイアシンアミドは皮脂の制御に役立つ成分で、肌の脂っぽさを軽減します。また、肌のバリア機能を強化し、保湿効果もあります。これはオイリー肌の人にとって理想的な成分です。

4.オイルフリーの保湿剤:保湿はオイリー肌でも欠かせません。オイルフリーの軽いテクスチャーの保湿剤を選び、肌を適切に保湿しましょう。水分不足は皮脂分泌を促進する可能性があるため、適切な保湿が重要です。

オイリー肌のスキンケアには、肌に優しい製品を選んでバランスを整え、皮脂分泌をコントロールする成分を含むアイテムを選ぶことが大切です。また、個人の肌状態に合わせてスキンケアルーチンを調整し、専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。

オイリー肌対策としてのメイク方法

1. オイルフリー製品を選ぶ:メイクアップ製品を選ぶ際には、オイルフリーまたはノンコメドジェニック(毛穴を詰まらせない)のラベルが付いているものを選びましょう。これらの製品は皮脂を過剰に刺激せず、毛穴を詰まらせないため、オイリー肌に適しています。

2. メイク前の下地を使用:メイクの前に、オイルコントロール効果のあるメイクアップベースやプライマーを使用することが役立ちます。これにより、皮脂の過剰分泌を抑え、メイクの持続性を向上させます。

3. ミネラルメイクアップを検討:ミネラルメイクアップは通気性が高く、肌に負担をかけません。また、皮脂を吸収する効果もあり、オイリー肌の人に適しています。

4. パウダーメイクの利用:パウダーファンデーションやパウダーブラッシュは、皮脂を吸収し、メイクの仕上がりをマットに保ちます。タッチアップが必要な場合でも、パウダーを使って皮脂を吸収しましょう。

5. メイクのリタッチ:メイクのリタッチが必要な場合は、オイルブロッティングシートを使用して余分な皮脂を吸収し、ティッシュペーパーで軽く押さえることができます。その後、パウダーを軽く重ねて仕上げることができます。

6. メイクを落とす前のケア:メイクを落とす前に、メイクリムーバーやクレンジング製品を使用して、メイクを完全に取り除きましょう。これにより、毛穴の詰まりや肌のトラブルを予防できます。

オイリー肌の人々は、メイク製品を選ぶ際に特に慎重であり、肌にやさしいものを選んで皮脂コントロールを重視すると良いでしょう。また、定期的なメイクのリタッチとメイク落としの注意が、肌の健康を維持するのに役立ちます。

食生活の乱れも影響?美容と食事の関係

1.栄養バランス:適切な栄養バランスを持つ食事は、肌の健康をサポートします。ビタミン、ミネラル、タンパク質、健康的な脂質など、多様な栄養素を摂取することが大切です。

2.糖質の影響:過度の糖質の摂取は、インスリンレベルを急上昇させ、皮脂の過剰分泌を刺激する可能性があります。高糖質食品や甘い飲み物の過剰な摂取は、肌のトラブルの原因となることがあります。

3.脂質の種類:健康的な脂質(オメガ-3脂肪酸やオリーブオイルなど)は肌の健康に寄与しますが、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を多く含む食品は炎症を引き起こし、皮脂分泌を増加させる可能性があります。健康的な脂質を選び、適度に摂取することが大切です。

4.抗酸化物質の重要性:ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質は、肌のダメージを軽減し、健康な肌細胞の生成をサポートします。これらの栄養素を含む野菜、果物、ナッツ、種子などを摂取することが肌の美容に役立ちます。

5.水分摂取:十分な水分を摂ることは、肌の水分バランスを保つために重要です。水分不足は皮脂分泌を促進することがあるため、適切な水分補給を心がけましょう。

6.食品アレルギー:特定の食品アレルギーが肌荒れやかゆみを引き起こすことがあります。食品アレルギーが疑われる場合は、医師に相談し、アレルギーのテストを受けることが重要です。

バランスの取れた食事、特に糖質と脂質の摂取を注意深く管理することは、美しい肌と健康な肌を維持するために役立ちます。健康的な食生活は、スキンケアと同様に肌の状態に大きな影響を与えることを覚えておきましょう。

顔の脂がすごい状態の改善に向けた対策とは?

混合肌、脂性肌、インナードライ肌のための対策

1. 混合肌のケア:Tゾーン(額、鼻、あご)の脂性部分: Tゾーンは皮脂分泌が活発な部分です。この部分にはオイルコントロール効果のある製品を使用し、脂性を抑えることが重要です。洗顔後やメイク前にオイルコントロールプライマーを使うことで、メイクの持続性を向上させます。

頬や乾燥しやすい部分: 顔の他の部分は乾燥しやすい傾向があるため、保湿ケアを重点的に行います。保湿剤やクリームを使用し、肌をしっかりと保湿します。また、週に1〜2回のスクラブやピーリングを使用して、古い角質を除去しましょう。

2. 脂性肌のケア:脂性肌は皮脂分泌が過剰なため、オイルコントロールが重要です。

やさしい洗顔料を使用して、朝と夜の2回の洗顔を行います。過度な洗顔は逆に皮脂分泌を増加させることがあるため、注意が必要です。

サリチル酸を含む製品を使用して、毛穴の詰まりやニキビを予防します。

オイルフリーの化粧品や日焼け止めを選び、メイクの持続性を向上させます。

3. インナードライ肌のケア:インナードライ肌は表面は脂性でも、内部が乾燥している肌タイプです。保湿ケアがとても重要です。保湿剤やクリームを使用して肌に水分を供給し、バリア機能を強化しましょう。やさしい洗顔料を使用し、肌の自然な油分を削らないようにします。ヒアルロン酸やセラミドを含む製品を使って、保湿力を高めることができます。また、内部からの水分摂取も大切です。水を十分に飲むことで、肌の水分バランスを保ちましょう。

肌タイプに合わせたケアを行うことで、肌のトラブルを予防し、健康的な肌を維持できます。また、肌状態や季節に合わせてスキンケアルーチンを調整することも重要です。

脂分泌を抑えるコスメと美容液の選び方

1. 亜鉛を含む製品:亜鉛は皮脂分泌を調整し、毛穴の詰まりやニキビの予防に役立ちます。亜鉛を含む洗顔料、トナー、化粧水、美容液を探しましょう。

2. ビタミンB群を含む製品:ビタミンB群(特にナイアシンアミド、パントテン酸)は皮脂分泌を抑制し、肌の脂性をコントロールするのに役立ちます。ビタミンB群を含む美容液やセラムを選びましょう。

3. サリチル酸を含む製品:サリチル酸は毛穴内の詰まりを解消し、皮脂の排出を助けます。脂性肌向けの洗顔料やトナーにサリチル酸が含まれているか確認しましょう。

4. グリコール酸を含む製品:グリコール酸は古い角質を除去し、毛穴の詰まりを軽減します。オイルコントロール製品に含まれていることがあります。

5. マット仕上げの化粧品:マット仕上げのファンデーションやパウダーは、皮脂を吸収し、メイクの持続性を高めます。オイルフリーの製品を選びましょう。

6. ニキビケア成分を含む製品:ニキビケア成分(ベンゾイルパーオキシド、サリチル酸など)が含まれている製品は、脂性肌や皮脂トラブルを抑えるのに役立ちます。

7. 専門的な脂性肌向け美容液:専門的な脂性肌向け美容液やセラムも市場に多く存在します。肌の状態に合わせて選び、使用方法に従って利用しましょう。

美容液や化粧品を選ぶ際には、肌の敏感性や個人のニーズに合わせて注意深く選ぶことが重要です。また、新しい製品を試す際には、パッチテストを行って肌の刺激を最小限に抑えることをおすすめします。

乾燥と脂のバランスを整えるためのケア法

1. 適切な保湿:乾燥肌やインナードライ肌の場合、十分な保湿が重要です。保湿剤を使用して肌に水分を供給し、肌のバリア機能を強化しましょう。保湿剤は、水分を閉じ込めて肌の乾燥を防ぎます。軽いテクスチャーのものを選び、肌に負担をかけないように注意しましょう。

2. 洗顔の適切な頻度と方法:過度な洗顔は皮脂を取り過ぎてしまう可能性があります。朝と夜の2回の洗顔が適切です。洗顔料は肌に優しいものを選び、適切な温度の水で洗顔します。また、洗顔後はすぐに保湿剤を塗布することが大切です。

3. やさしい洗顔料の使用:強力な洗顔料やアルコールを含む製品は肌を乾燥させることがあります。やさしい洗顔料を選びましょう。

4. ヒアルロン酸を含む製品:ヒアルロン酸は水分を保持し、肌の保湿に効果的です。ヒアルロン酸を含む化粧水や美容液を使用することで、肌の水分バランスを整えます。

5. SPFを含む日焼け止めの使用:日焼け止めは日常的に使用することが大切です。紫外線から肌を守り、乾燥や肌荒れを防ぎます。

6. 適切な食事と水分摂取:バランスの取れた食事と十分な水分摂取は、肌の健康にも影響を与えます。栄養豊富な食事と水をこまめに摂ることで、肌の調子を整えることができます。

7. 睡眠とストレス管理:十分な睡眠をとり、ストレスを管理することも肌の調子に影響を与えます。ストレスや睡眠不足は皮脂分泌を増加させることがあります。

乾燥と脂のバランスを整えるためには、保湿ケアを重点的に行い、肌に優しい洗顔方法を実践し、健康的な生活習慣を維持することが大切です。肌の状態や季節に合わせてスキンケアルーチンを調整しましょう。

睡眠不足やストレスが脂性肌に与える影響

【睡眠不足が脂性肌に与える影響】

1.皮脂分泌の増加: 睡眠不足はストレスホルモンであるコルチゾールの増加を引き起こし、これが皮脂分泌を増加させる要因となります。これにより、脂性肌の状態が悪化する可能性があります。

2.肌の修復不足: 睡眠中に肌は修復と再生が行われます。十分な睡眠を取らないと、肌の健康が損なわれ、肌荒れやニキビの発生リスクが高まります。

【ストレスが脂性肌に与える影響】

1..ストレスホルモンの増加: ストレスはアドレナリンやコルチゾールなどのストレスホルモンの分泌を刺激します。これらのホルモンは皮脂分泌を増加させ、脂性肌の悪化につながります。

2.炎症と肌荒れ: 長期間にわたるストレスは免疫機能を低下させ、皮膚の炎症を引き起こす可能性があります。これは肌荒れやニキビの原因となります。

【対策方法】十分な睡眠: 7〜8時間の質の良い睡眠を確保しましょう。睡眠は肌の修復と再生に不可欠です。

ストレス管理: ストレスを軽減するために、リラックスできる趣味や運動を取り入れましょう。深呼吸や瞑想などのリラクゼーションテクニックも役立ちます。

健康的な食事: バランスの取れた食事を摂り、ビタミンやミネラルを十分に摂取しましょう。特にビタミンCやビタミンEは皮膚の健康に寄与します。

適切なスキンケア: 脂性肌向けのスキンケア製品を使用し、毛穴を詰まらせないように注意しましょう。また、過度な洗顔を避け、保湿剤を適切に使用します。

睡眠不足やストレスは肌の健康に悪影響を与える可能性があるため、これらを管理することは脂性肌の改善に役立ちます。日常生活のバランスを整え、適切なスキンケアを行うことで、健康な肌を維持できます。

疑問解消!顔の脂に関するQ&A

顔の脂が多いとニキビができやすい?

顔の脂が多いと毛穴が詰まりやすく、ニキビの原因になります。適切なスキンケアと生活習慣の見直しで、ニキビのリスクを減らすことができます。

皮脂と毛穴の関わり

過剰な皮脂は毛穴を詰まらせる原因になります。毛穴のケアには、定期的な洗顔と適切なスキンケアが重要です。

洗顔後に顔がテカる理由とは?

洗顔後に顔がテカるのは、肌が乾燥して皮脂が過剰に分泌されている可能性があります。洗顔後はすぐに保湿ケアを行い、肌の水分バランスを整えることが重要です。

まとめ

顔の脂がすごい原因と対処法のまとめ

顔の脂の多さは、ホルモンバランス、食生活、生活習慣など様々な要因によって引き起こされます。適切なスキンケアと生活習慣の見直しで、脂性肌の改善に向けて効果的に取り組むことができます。また、普段の肌の変化に注意を払い、必要に応じて専門家の意見を求めることも大切です。

この記事の監修者

小村十樹子

トキコクリニック 総院長
小村 十樹子
(こむら ときこ)

美容治療は勿論のこと、病気にならないための治療、がん予防、アンチエイジング治療に熱を燃やして、治療を展開中。

美容クリニックがはじめての方も
お気軽にお問い合わせください。

※無理なお薦めは一切いたしません

梅田・心斎橋・京都四条

25年以上の豊富な経験と施術実績

「POTENZA」症例数 日本一

1人ひとりに合わせた
オーダーメイドな治療

健康だからこそ、美しい。

SNS.

医師目線の美容・健康情報を発信しています。

Instagram


    Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/v15.0/17841404062984880?fields=name%2Cmedia.limit(7)%7Bcaption%2Cmedia_url%2Cthumbnail_url%2Cpermalink%7D&access_token=EAAaIaVicDSgBAGW4RKsrlBGZC3t3J2bjmFZAexmXvYxFaF8RZAZA4WEN4SXRyscyASoDE0rcpZBbBbG4ZBiDyrcQIuZBruQMCIuVBsOLJoR9QozoZCPCL5VGjhBmGJQTRjp5xe8KfnBBjfZB0uE5Dg9u9YPBsWLKeZCDe8w9YT7fcmZCBgxcJEKaZBBP): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/tokikocorp01/tokikoclinic.com/public_html/wp-content/themes/tokiko/insta.php on line 7

    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/tokikocorp01/tokikoclinic.com/public_html/wp-content/themes/tokiko/insta.php on line 14

Reccomend.

その他にも人気のプランをご用意しております

Information.

トキコクリニック 心斎橋院

  • 土曜診療あり
  • 御堂筋線「心斎橋駅」3番出口徒歩2分
  • 営業時間:10:45〜19:00

〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4丁目7番6号 心斎橋中央ビル6F

菜のはなインナーケアクリニック
(旧トキコクリニック梅田院)

  • 土日診療あり
  • JR「大阪駅」から徒歩3分
  • 営業時間:10:45〜19:00

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目12-6 E-MA[イーマ]4F

トキコクリニック京都四条院

  • 土曜診療あり
  • 託児ルームあり
  • 地下鉄烏丸線「四条駅」もしくは阪急京都線「烏丸駅」より徒歩5分
  • 営業時間:9:30〜18:00

〒600-8007 京都府京都市下京区四条通高倉西入立売西町76 アソベビル6F〜8F

Copyright © 2023 トキコクリニック All Rights Reserved.

ページトップアイコン

MENU

RESERVE

無料ご相談・お問い合わせ

OTHER

LANGUAGE

初めての方へ