美容コラム

Beauty column.

しつこい大人ニキビはなぜ治らない?! 原因と対処法をご紹介します。

ニキビ

ニキビ跡

「思春期には出来なかったのに、大人になってからニキビが出来て治らない!」

しつこく続く大人ニキビのご相談を数多くちょうだいします。
ひと口にニキビと言っても、思春期のニキビと大人ニキビは、ニキビを引き起こす誘因や特徴が異なります。
適切に対処しないとニキビ跡も残ってしまうので、自己判断で対処せずに正しい対応が必要です。
ニキビがあるだけで、なんだか気分も晴れず憂鬱な気持ちになってしまいますよね。

今回は、今出ているニキビを引かせるだけではなく、ニキビの出ない肌作りを目指して、ご自分で出来る対処法とクリニックで出来る治療法をご紹介します。

そもそもニキビはなぜ出来るのか

思春期ニキビ、大人ニキビに関わらず、ニキビができる大きな原因は3つあります。
「皮脂の過剰分泌」「角化異常(ターンオーバーの乱れ)による毛穴のつまり」「アクネ菌の増加」が関係しています。
思春期と大人ニキビは誘因が異なるために、ケアの方法や注意点に違いがありますが、原因は同じなので、このような状態に陥らないための対処や治療法が必要になるのです。

皮脂の過剰分泌

皮脂は汗と混ざり皮脂膜となって皮膚表面を覆ってバリア機能をはたしているため、なくてはならない天然のクリームです。
ただ、皮脂が過剰に増えてしまうと皮脂が毛穴を詰まらせてしまい、ニキビの発生を招く原因となってしまいます。
皮脂を分泌する皮脂腺は、Tゾーンや顎、胸や背中、頭皮に多く分泌しているので、普段からべたつきを感じたり、ニキビが発生しやすい部位となります。

角化異常(ターンオーバーの乱れ)による毛穴のつまり

何らかの原因でターンオーバーが乱れると、角層がうまく剝れず角層が分厚くなる角化異常という状態になります。これにより角層が毛穴を塞いでしまい、皮脂がつまってニキビの発生を招きます。

アクネ菌の増加

私たちの肌や毛穴には常在菌としてアクネ菌が存在しています。通常は、肌を弱酸性に保ったり肌を守る働きをしているアクネ菌ですが、何らかの原因で毛穴がつまって塞がれてしまうと、毛穴の中で暴れだしてしまいます。
アクネ菌は空気を嫌う嫌気性菌なので、毛穴が詰まって酸素が入ってこない環境はとても好ましい状況です。
さらに、一番活動性のあがる37℃前後で、皮脂という栄養に恵まれた状態は、アクネ菌の活動性が高まるため、過剰増殖が起こり炎症を引き起こして赤ニキビを発生させるのです。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

原因は上記のとおりですが、思春期と大人ニキビではこの状態を招く誘因に違いがあります。
思春期ニキビは性ホルモンなどの分泌が活発化し、皮脂腺が刺激されて皮脂の分泌量が増加することが大きな誘因です。皮脂が増加することで毛穴が詰まり、結果アクネ菌が増殖してニキビが増えてしまいます。
皮脂の分泌量は20歳前後をピークにして少しずつ減少しますので、思春期ニキビは次第に減少します。
それに対して大人ニキビは、生活習慣によってターンオーバーが乱れたり、ホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌が誘因となっています。
睡眠不足や不規則な食生活、化粧品の刺激や間違った洗顔方法、ストレス過多、肌の乾燥や男性の場合はひげ剃りの刺激など、様々な要素が絡み合い影響していると言われています。

ニキビ跡を作らないために、放置せず対策が必要。

ニキビには段階があります。

白ニキビ

白ニキビから皮脂が盛り上がり、皮膜が開き空気にさらされ、酸化して黒く変色した状態。放置しておくと炎症化する恐れあり。

赤ニキビ

毛穴に詰まった皮脂に雑菌や細菌が繁殖。炎症を起こし、周辺組織や毛穴が赤く腫れあがった状態。

黄ニキビ

赤ニキビが悪化し炎症が激しくなった状態。真皮まで炎症が広がり重症化すると、クレーターなどのニキビ跡が出来る可能性が高まる。

赤ニキビ~黄ニキビになるとニキビだけではなく、ニキビ跡が残る可能性も広がります。
赤みや色素沈着を超えてクレーターのニキビ跡になると、スキンケアでは改善できず、クリニックでのアグレッシブな治療が必要になってしまいます。
ニキビは長期間続くほどに治療期間も長くなってしまいます。
ニキビは「尋常性ざ瘡」という皮膚の病気です。
普段のスキンケアで改善しないニキビは、放置せずに皮膚科・美容皮膚科での治療を受けましょう。

大人ニキビの対処法 ~生活習慣の改善~

大人ニキビは、生活習慣やホルモンバランスの乱れがニキビを引き起こす誘因となっていることがほとんどです。
生活習慣とスキンケアを見直して、ニキビが発生しにくい環境を整えましょう。

十分な睡眠を取る

肌の修復・再生は睡眠中に行われます。良質な睡眠が確保できていないと、肌修復に必要な成長ホルモンの分泌が低下してしまいます。それによりターンオーバーが乱れ、肌の再生が滞ります。
睡眠時間を確保するだけではなく、規則的な睡眠が好ましく、就寝時間や起床時間を整えることで体内時計が整い、成長ホルモンの分泌を高めることができます。

食生活を見直す

栄養バランスの偏りは、肌トラブルを招きます。
脂質や糖質の多い食事は、腸環境を低下させて栄養素の吸収を低下させるとともに、皮脂の分泌量も高めます。
ビタミンやミネラル、たんぱく質は、新しい細胞を作り出すために必要な栄養素です。
何かを重点的にということではなく、栄養素のバランスが取れた食事を心がけましょう。
ファーストフードや清涼飲料水の摂りすぎにも注意が必要です。

疲れを取る、ストレスを溜めない

ストレス社会と言われる現代において、ストレスを感じずに生活することは困難ですが、過度のストレスは自律神経の乱れに繋がります。
自律神経が乱れると、男性ホルモンの分泌が増え、皮脂の分泌量が増加します。
適度な運動はストレス緩和に繋がるだけでなく、代謝をあげてターンオーバーの乱れを改善することにも繋がります。
38~40℃のお湯にゆっくりと入浴することは、副交感神経を優位にしてリラックス効果をもたらします。
自分にあったストレス緩和法を見つけて、過度なストレスをためない工夫をしましょう。

洗顔・メイクを見直す・肌を乾燥させない

間違った洗顔はニキビを悪化させる引き金になります。実際に、洗顔方法を変えただけでニキビがグッと軽減した患者様も多数おられます。
ニキビでお悩みの方は、べたつきを気にして洗顔をし過ぎる傾向にあります。
毎日オイルクレンジングで、ゴシゴシ洗顔していませんか?
洗顔しすぎると必要な皮脂まで奪ってしまい、肌を乾燥させてしまって逆に皮脂を過剰に分泌させる原因になってしまいます。
ジェルやクリームタイプで界面活性剤が極力少ないクレンジング剤を使用し、洗顔せっけんでしっかりと泡を作り、肌をこすって刺激をしないように洗顔をしましょう。

また、べたつきを避けるために化粧水や美容液だけでスキンケアを終了し、クリームを使用しない方も多くおられます。化粧水だけでは、水分が希発してしまい肌を乾燥させてしまいます。
肌の乾燥は皮脂の分泌を促進し、ターンオーバーを乱してバリア機能を低下させます。バリア機能が低下すると、肌の水分保持力が低下してインナードライが起こり、さらにニキビを悪化させてしまいます。
洗顔を見直し、スキンケアでしっかりと保湿をし、肌の乾燥を予防することが大切です。

ニキビを隠すために、コンシーラーなどを厚く塗りすぎて毛穴を塞いでいる方も多くおられます。
お化粧の摩擦も肌の負担となり炎症を招く原因になるので、お肌に負担をかけないメイクを心がけましょう。


どんな洗顔料が良いか分からないという方は、トキコクリニックのオリジナルコスメもチェックしてみてくださいね。





大人ニキビの治療法 ~クリニックでの治療~

普段の生活を整えてもニキビが治らない場合は、クリニックでの治療を始めましょう。
トキコクリニックでは、今できているニキビを消滞させる治療に加え、ニキビができない肌作りを目指した治療を行っています。

突発的にできたニキビは抗生物質で治療ができますが、長年に渡り抗生物質を使用しても治らない方は、根本的な治療が必要です。

皮脂を抑制し、ターンオーバーを正常化させるケミカルピーリングプラズマ治療や、肌の炎症を抑えて水分の保持能力を向上させるマシュマロリフトで外側からの治療を行い、健康な肌を生み出すための栄養療法やホルモンバランスを正常化させる低用量ピル治療、体の不調を整えて自然治癒力を高める漢方治療などでインナーケアを行う、両面からのアプローチをご提案しています。

まとめ

今回は大人ニキビの原因と対処法をご紹介しました。
同じニキビと言っても、いろいろな要因が関係しているので、まずはゆっくりとじっくりとお話を聞かせていただくところから治療はスタートします。
長年の大人ニキビでお悩みでしたら、ぜひ一度トキコクリニックに相談にお越しください。

この記事の監修者

小村十樹子

トキコクリニック 総院長
小村 十樹子
(こむら ときこ)

美容治療は勿論のこと、病気にならないための治療、がん予防、アンチエイジング治療に熱を燃やして、治療を展開中。

美容クリニックがはじめての方も
お気軽にお問い合わせください。

※無理なお薦めは一切いたしません

梅田・心斎橋・京都四条

25年以上の豊富な経験と施術実績

「POTENZA」症例数 日本一

1人ひとりに合わせた
オーダーメイドな治療

健康だからこそ、美しい。

SNS.

医師目線の美容・健康情報を発信しています。

Reccomend.

その他にも人気のプランをご用意しております

Information.

トキコクリニック 心斎橋院

  • 土曜診療あり
  • 御堂筋線「心斎橋駅」3番出口徒歩2分
  • 営業時間:10:45〜19:00

〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4丁目7番6号 心斎橋中央ビル6F

菜のはなインナーケアクリニック
(旧トキコクリニック梅田院)

  • 土日診療あり
  • JR「大阪駅」から徒歩3分
  • 営業時間:10:45〜19:00

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目12-6 E-MA[イーマ]4F

トキコクリニック京都四条院

  • 土曜診療あり
  • 託児ルームあり
  • 地下鉄烏丸線「四条駅」もしくは阪急京都線「烏丸駅」より徒歩5分
  • 営業時間:9:30〜18:00

〒600-8007 京都府京都市下京区四条通高倉西入立売西町76 アソベビル6F〜8F

Copyright © 2023 トキコクリニック All Rights Reserved.

ページトップアイコン

MENU

RESERVE

無料ご相談・お問い合わせ

OTHER

LANGUAGE

初めての方へ