美容コラム

Beauty column.

紫外線が肌に与えるダメージとは?皮膚科医が解説

シミ

シワ

美白

美肌

日差しが強くなると気になるのが紫外線。日焼け止めや日傘で対策はするけれど、肌へのダメージが気になりますよね。

何となく肌に悪い印象のある紫外線ですが、そもそもどうして紫外線は肌に悪影響を与えることがあるのでしょうか?

この記事では紫外線が肌に与えるダメージについて詳しく解説しています。是非読んでみてください。

紫外線とは

日差し、つまり太陽の光には様々な種類の光が含まれています。

その中でも紫外線(Ultra Violet:略してUV)は目に見えない光で、波長の長さでUV-A、UV-B、UV-Cに分類されます。

UV-Cはオゾン層を太陽光が通過する段階でほとんど吸収され、地表にはUV-AとUV-Bが到達します。紫外線の肌へのダメージで話題に出るのはほとんどがこのUV-AとUV-Bです。

UV-A

比較的波長が長く、皮膚の深い部分にまで到達します。そのため、シミの原因になるメラニンが存在する表皮層だけでなく、より深い真皮層にまでダメージが加わります。

また、UVAは窓ガラスも通過します。そのため、たとえ屋内に居たとしてもUVAの影響を受ける可能性はあります。

日焼け止めの”PA”はUV-Aに対してどの程度効果があるかを示したものです。PAの後に続く+の数が増えれば増えるほどUV-Aに対する防止効果が高くなります。

UV-B

比較的波長が短く、皮膚の一番浅い”表皮”という場所にダメージを与えます。比較的短時間で皮膚の炎症をおこし、日焼け後の赤みやシミの原因にもなります。

日焼け止めの”SPF”はUV-Bに対してどの程度効果があるかを示したものです。SPFの後に続く数字が増えれば増えるほどUV-Bに対する防止効果が高くなります。

紫外線による肌老化とは

紫外線に当たり続けると肌が老化する…そんな話を聞いたことがある方も多いと思います。紫外線による肌老化とは一体どのようなものなのでしょうか。

コラーゲン破壊に伴うたるみ

真皮層にUV‐Aが到達することにより、コラーゲンやエラスチンといった肌を支える成分の元となる線維芽細胞にもダメージが加わります。その結果シワやたるみの原因になります

UV-Aはガラスも通過するため屋内にいても影響は受けます。車を長時間運転される方などは特に注意が必要です。太陽の光が顔の同じ側に当たり続けることで、窓に面した側がよりたるみが目立つ状態になる可能性があります。

シミ

UV-Aは皮膚に当たると活性酸素を発生させます。活性酸素が発生することで、間接的にメラニンの産生が増えます。その結果、シミや黒ずみの原因となります。

UV-Bは直接細胞にダメージを与え、DNAに障害を与えます。DNAにダメージが加わることで正常な細胞を作ることができなくなるため、皮膚の腫瘍性変化の原因になります。

そういった細胞・DNAへの障害を防ぐため、皮膚はメラニンを作ります。皮膚を守るため必要な側面もあるのですが、このメラニン産生が過剰になってしまうとシミや肝斑などの原因になります。

肌荒れ

紫外線によって肌の過敏性が増したり、紫外線に対するアレルギーを持っている方もいます。

また紫外線により皮膚の炎症が起き赤みの原因になります。紫外線により皮膚のバリア機能が低下すると、皮膚のごわつきや乾燥の原因になります。

紫外線対策には何をすれば良い?

紫外線は天候や季節によって量が変化します。特に夏は太陽の位置が高く、多くの紫外線が吸収されないまま地表に降り注ぐため、夏場の紫外線量は多くなります。そのため、夏場の外出は特に注意が必要です。

ご存じの方も多いかも知れませんが、天候や季節によって紫外線の強さは変化しています。また、標高の高い山の上でも紫外線の量は増すと言われています。

遮光

紫外線を浴び過ぎないようにすることが大切です。

日傘や帽子などで物理的に遮光を行いましょう。また、目から入ってくる紫外線に対してもメラニン色素が産生されると言われています。そのため、特に紫外線の強い時期・時間帯はサングラスを着用しての外出がお勧めです。

日焼け止め

日焼け止めを使うにあたって大切なのは十分な量を使うことです。クリームタイプの場合パール大2粒程度が適量と言われており、出してみると思ったより多いことが分かります。適量をしっかりと皮膚にムラなくなじませることでより効果的に日焼け止めを用いることができます。

また前述した通り、PAはUV-Aに対する指数でSPFはUV-Bに対する指数です。外出先や外を歩く時間によって適切な強さの日焼け止めを選ぶことも大切です。

どうしても汗をかく季節は日焼け止めが流れ落ちやすいため、数時間おきに塗り直しを行いましょう。塗りなおすのが難しいようであれば、飲む日焼け止めの併用を行うとより効果的に紫外線対策を行うことができます。

まとめ

mv

夏の時期は特に気になる紫外線。

適切な対策を行って肌へのダメージを少しでも減らしていきましょう。

日焼けをしてしまったあとの肌についてのご相談が増えています。是非お気軽にお問い合わせください。

美容クリニックがはじめての方も
お気軽にお問い合わせください。

※無理なお薦めは一切いたしません

梅田・心斎橋・京都四条

25年以上の豊富な経験と施術実績

「POTENZA」症例数 日本一

1人ひとりに合わせた
オーダーメイドな治療

健康だからこそ、美しい。

SNS.

医師目線の美容・健康情報を発信しています。

Instagram


    Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/v15.0/17841404062984880?fields=name%2Cmedia.limit(7)%7Bcaption%2Cmedia_url%2Cthumbnail_url%2Cpermalink%7D&access_token=EAAaIaVicDSgBAGW4RKsrlBGZC3t3J2bjmFZAexmXvYxFaF8RZAZA4WEN4SXRyscyASoDE0rcpZBbBbG4ZBiDyrcQIuZBruQMCIuVBsOLJoR9QozoZCPCL5VGjhBmGJQTRjp5xe8KfnBBjfZB0uE5Dg9u9YPBsWLKeZCDe8w9YT7fcmZCBgxcJEKaZBBP): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/tokikocorp01/tokikoclinic.com/public_html/wp-content/themes/tokiko/insta.php on line 7

    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/tokikocorp01/tokikoclinic.com/public_html/wp-content/themes/tokiko/insta.php on line 14

Reccomend.

その他にも人気のプランをご用意しております

Information.

トキコクリニック 心斎橋院

  • 土曜診療あり
  • 御堂筋線「心斎橋駅」3番出口徒歩2分
  • 営業時間:10:45〜19:00

〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4丁目7番6号 心斎橋中央ビル6F

菜のはなインナーケアクリニック
(旧トキコクリニック梅田院)

  • 土日診療あり
  • JR「大阪駅」から徒歩3分
  • 営業時間:10:45〜19:00

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目12-6 E-MA[イーマ]4F

トキコクリニック京都四条院

  • 土曜診療あり
  • 託児ルームあり
  • 地下鉄烏丸線「四条駅」もしくは阪急京都線「烏丸駅」より徒歩5分
  • 営業時間:9:30〜18:00

〒600-8007 京都府京都市下京区四条通高倉西入立売西町76 アソベビル6F〜8F

Copyright © 2023 トキコクリニック All Rights Reserved.

ページトップアイコン

MENU

RESERVE

無料ご相談・お問い合わせ

OTHER

LANGUAGE

初めての方へ