ベビーコラーゲン注射について

対応院
心斎橋
梅田
京都

ヒアルロン酸やボトックスでは改善できない目元や口元の細かいしわを改善して小じわのない赤ちゃん肌に!

こんな方におすすめ

  • 細かいシワ・ちりめんジワが気になる方
  • PRPや水光注射で効果の実感がない方

ベビーコラーゲン注射の特徴

ベラヴィータを使用すれば、広範囲に均一にベビーコラーゲンを注入できます。

少し深めの小じわなど、症状によってドクターによる手打ち注射で施行した方が効果的ですが、まんべんなく広範囲にベビーコラーゲンを注入する場合は、ベラヴィータを用いた施術が効果的です。肌への馴染みもよく、自然な仕上がりが持続します。

水光注射とベビーコラーゲンをMIXした「コラーゲンぷるるん注射」

ベビーコラーゲンが導き出す弾力や肌のはりに加え、水光注射の非架橋ヒアルロン酸やビタミン・アミノ酸などの栄養素を追加することで、直後から潤いのあるみずみずしい艶肌を実現します。

I型コラーゲンとIII型コラーゲンが50:50で配合された唯一のヒト由来コラーゲン注入剤

お肌の約70%はコラーゲンで構成されおり、I型、II型、III型と分類されています。一般的に呼ばれるコラーゲンはI型を指す場合がほとんどですが、近年、III型コラーゲンの持つ再生能力が注目され始め、特に肌のアンチエイジング効果が最も大きく、みずみずしさと弾力、はりを保ち健康な肌に導く作用があります。
このIII型コラーゲンを「ベビーコラーゲン」と呼び、
その名のとおり赤ちゃんの時に大量に生成されますが、25歳前後で減少の一途をたどります。生まれたばかりの時はIII型コラーゲンの割合が約18~50%なのに対し、成人の真皮では5%未満に減少してしまうと言われています。

年齢とともに肌のツヤや弾力が失われ、肌荒れしやすくなったり、傷の治りが遅くなったりするのも、このIII型コラーゲンの減少が原因だと言われています。従来のヒトコラーゲン注入剤は、I型:III型が95:5の割合で配合されたいるのに対し、ベビーコラーゲン注入剤は、50:50で配合されており、III型コラーゲンがたっぷり入った唯一の注入剤なのです。

 

ヒアルロン酸では凹凸感が気になる浅いしわも、ベビーコラーゲンなら自然な仕上がりに!

刻まれたしわを持ち上げる硬さを持ちながら、直後からボコボコ感がなく、肌になじんで自然な仕上がりになるベビーコラーゲンは、目元や口元の皮膚の浅い小じわに最適です。時間とともに肌のはり・つやも出るため、非常に人気のある治療法です。動物由来ではなく、ヒト由来のコラーゲンなのでアレルギーの心配もありません。

施術料金

費用についてはこちらをご覧ください。

料金案内

診療内容一覧に戻る