ニキビが化膿している時に美容皮膚科で行う治療をご紹介!

投稿日:2022.01.17

ニキビは、適切な処置ができていないと化膿しやすいことをご存知でしょうか。

汚れた手や皮膚の老廃物から細菌感染し、赤く腫れて痛んだり膿が出てきたりすることも少なくありません。

なかには跡に残ってしまって見た目の美しさを損なうケースもありますので、無理に自分で潰さず専門医に相談しましょう。

 

今回は、ニキビが化膿しているときに美容皮膚科でおこなう治療を紹介します。

専門医ならではの治療を学び、いざというときは頼っていくことがおすすめです。

 

 

 

ニキビが化膿している時の症状

化膿したニキビは、一般的に「赤ニキビ」もしくは「黄ニキビ」と呼ばれることが多いです。

白ニキビおよび黒ニキビより強い症状が出ていることが特徴で、下記のような症状を伴います。

まずはひとつずつ症状を確認し、自分に当てはまる項目がないかチェックしていきましょう。

 

 

赤ニキビ

赤ニキビは、アクネ菌や雑菌への抵抗力が強まり、皮膚が炎症を起こしてしまっている状態です。

ニキビの見た目が赤く盛り上がっていることからこのような名前がつけられていますが、場合によっては血や膿が出ることもあります。

また、痛みを伴うことが多く、放置することで更に悪化しやすいことも特徴です。

 

 

黄ニキビ

黄ニキビは、毛穴のなかにどんどん膿が溜まって黄色っぽくなっている状態です。

膿の正体はアクネ菌や雑菌と戦った白血球の残りであり、炎症の原因となります。

潰して膿を出すことで一見落ち着いたように見えますが、ニキビ跡や色素沈着の原因になりやすく、肌に穴も開くため更に細菌感染しやすい環境になってしまいます。

医療機関で滅菌機材を使って処理するのが理想的であり、無理に自己処理するのはNGです。

 

 

 

化膿しているニキビの美容皮膚科での治療

ニキビが化膿してしまったときは、炎症を抑え、肌のターンオーバー機能を正常化させることがポイントです。

無理に潰したり触ったりせず、治癒力を高めていきましょう。

美容皮膚科でできる代表的な治療法は、下記の通りです。

 

 

マシュマロリフト

マシュマロリフトとは、肌のなかにあるタンパク質分解酵素を抑えることで炎症を改善する美肌マシンです。

傷の治癒過程自体が早くなる効果も見込まれており、熱を加えないまま高密度の超音波のみで肌組織を活性化するため、負担が軽いことも特徴です。

実際に、敏感肌・アトピー・ニキビ治療中の方に使われることも多く、肌の基礎力を高めたい方におすすめだと言えるでしょう。

施術時間も30分程度と早いため、通院の時間を短縮できることもメリットだと言われています。

 

 

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、「ピーリング」の名の通り、余計な角質・老廃物を除去しながら肌のターンオーバー正常化を促進する治療です。

真皮層の繊維芽細胞に刺激を与えることができるため、肌の代謝力を高めて奥に篭ったニキビの排出を促します。赤ニキビや黄ニキビなど症状の重いニキビにも効果があります。

また、数回繰り返すと肌の角質が丈夫になるため、ニキビ・毛穴・くすみの予防にもなります。

トキコクリニックではひとりひとりの肌状態に合わせ、「油溶性で毛穴への浸透力を高くするサリチル酸配合」「水溶性で肌をなめらかにするグリコール酸配合」などアレンジできるため、お試しで利用してみたい方にもおすすめです。

当院のピーリング治療について

 

 

IPL

IPL(=Intense Pulsed Light)は、肌に光を当ててトラブル治療をしていく美肌マシンです。

メラニン色素や毛細血管などに反応して光を熱エネルギーに変える性質を持っており、素肌を傷つけることなくピンポイントで効果を発揮します。

シミ・そばかす・くすみなどに活用されている他、赤ら顔などに有効な血管専用フィルターを活用してニキビ改善に使うことも多いです。

最大9種類の波長フィルターを使い分けながら最低限の治療だけをすることもできれば、幅広い肌トラブルを同時に解消することもできる優れものであり、さまざまな症例に対応できます。

 

 

面皰圧出

面皰圧出は、ニキビのなかに溜まっている細菌・汚れ・古い角質を押し出して除去する治療法です。

説明だけ聞くと自分でニキビを潰して膿を出すこととあまり変わりがないように聞こえますが、効果が全く異なります。

美容皮膚科などの専門機関で実施する面皰圧出は、細い針やレーザーを使って極小の穴を開け、滅菌された面皰圧出器を使って膿を除去します。

一方自分でニキビを潰す処置は、針やレーザーの何倍にもなる大きな穴を開けなければならず

そこから細菌に再感染するリスクが生じます。

どんなに手を洗って綺麗にしても滅菌レベルをキープするのは難しく、綿棒などを使ってもレーザーレベルの細かな作業はできないでしょう。

最終的にニキビ跡として残ってしまう可能性が高いため、無理せずプロに相談することがおすすめです。

 

 

 

化膿したニキビを作らない為に!体質改善して根本的に治そう!

ニキビが化膿してしまったときは、美容皮膚科に相談して早めの処置が必要です。

しかし、本来であればニキビができることも化膿してしまうことも防ぎたいもの。

ここでは、化膿ニキビを作らないための体質改善法を学んでいきましょう。

 

 

漢方

漢方は、人の身体と心のバランスを取り自然治癒力を増すためのアイテムとして古くから活用されてきました。

内側から健康になれるため、ニキビだけでなくアトピー性皮膚炎・シミ・冷え性・更年期障害などさまざまな症状にも効果的とされています。

トキコクリニックでも漢方の処方をおこなっていますので、症状やお悩みに合わせて調合していきましょう。

当院の漢方薬処方について

 

 

低用量ピル

低用量ピルは避妊やPMS改善に特化したものと思われがちですが、実はニキビ対策にも効果的です。

特に大人ニキビには女性ホルモンの影響が関係しているとされており、生理周期に合わせてニキビができやすくなってしまう人も少なくありません。

ホルモンバランスを整えることでニキビに効果が生まれる他、子宮内膜症や生理による貧血にも対処できますので、メリットの多い方法だと言えるでしょう。

あまり怖がりすぎず、しかし医師・薬剤師の話をしっかり聞きながら、服用のメリット・デメリットを理解していくことがポイントです。

 

 

栄養療法

栄養バランスを考えた食事を摂り、バランスよく栄養素を補充していく治療です。

自分ひとりで栄養バランスを考えようとしても長続きせず、いつの間にかいつも通りの食事に戻ってしまう人も多いでしょう。

美容皮膚科では血液検査を経て自分の栄養状態を可視化したり、定期的な通院で状態を確認しながら改善を目指したりするトレーニングもおこなっていますので、気軽に相談してみましょう。

栄養療法についてはこちら

 

 

【ホームケア】ニキビを治すには正しい洗顔が必須です!

ニキビ対策には、正しい洗顔も欠かせません。

ゴシゴシ擦るような洗顔をしている場合、肌の表面が傷つきやすくなって細菌に弱くなってしまいます。

なるべく泡でふわふわ包むようにして洗い、さっぱり洗顔するのがよいでしょう。

また、洗顔後はしっかり保湿対策をおこない、乾燥ダメージから肌を守ることも不可欠です。

丸1日すっぴんで過ごした日も洗顔し、肌を清潔に保ちましょう!

 

まとめ

繰り返すニキビは、炎症を抑え、肌のターンオーバー機能を活性化させながら化膿を防いでいくことが大切です。

トキコクリニックでは、「ニキビ治療定額プラン」をご用意致しました。

ニキビがなかなか治らず繰り返しできやすい方や、マスク生活で肌の状態が不安定になりがちな方は、ぜひご検討ください。

この記事を監修したドクター

総院長

小村 十樹子(こむら ときこ)

1992年神戸大学医学部卒業後、アトピー性皮膚炎やニキビ治療に専念。1996年10月に、心と身体と肌の健康を目指した美容皮膚科クリニックを開設。従来の美容治療は勿論のこと、病気にならないための治療、ガン予防、アンチエイジング治療に熱を燃やして、治療を展開中。

プロフィールをみる

おすすめ記事

  • シミ

    20代でもシミが出来る?若い頃からやっておきたい将来のシミ予防について

  • ニキビ

    ニキビパッチの使い方とは?ニキビ治療に効くってホント?

  • シミ

    シミ治療にピーリングが効果的なワケ どのように作用するか?を解説!

  • ダイエット

    ラクして痩せたい人必見!GLP1注射で簡単ダイエット

  • 体質改善

    高濃度ビタミンC点滴に期待されるシミへの効果は?