【脂肪溶解注射】部位ごとの効果や必要な量を解説 (顔・お腹・太ももなど部分痩せしたい方へ)

投稿日:2022.06.30

ダイエットしても、「痩せたい部分が思うように痩せない」経験をしたことのある方は多いものです。むしろ痩せなくていい部分ばかり痩せてしまったり、不健康な痩せ方をしてしまったり、意外なトラブルも起きがち。

今回は、効率よく脂肪を減らせる「脂肪溶解注射」について解説します。

脂肪吸引と比較しリスクが少なめな手法として確立しつつあるため、ぜひ参考にしてみましょう。

脂肪溶解注射とは?

脂肪溶解注射とは、痩せたい部分に注射をしてピンポイントで脂肪を溶かす方法です。

注射をした部分の脂肪は溶解されて血液中に吸収されるため、エネルギーとして優先的に燃焼されます。

注射の成分は大豆から生成されており、溶解された脂肪も血液中に留まることがないため、リスクの低い治療法として多くの方に選択いただいています。

 

脂肪溶解注射はどんな人におすすめ?

脂肪溶解注射は、下記に当てはまる方におすすめの方法です。

ひとつでも当てはまる点があれば、脂肪溶解注射を前向きに検討してよいでしょう。

 

〇費用を抑えて痩せたい方

脂肪溶解注射は、費用を抑えて痩せたい方におすすめです。

脂肪吸引など大掛かりな治療ではコストが嵩みやすく、ジムなど長期的な運動習慣をつけて痩せる場合もジム利用料が高額になってしまうでしょう。

「初期費用が捻出できない」「高額の支払いをすることは無理」と諦めてしまい、コンプレックスを抱えたままになってしまう方もすくなくありません。

しかし、脂肪溶解注射であれば比較的コストを抑えて痩せられます。

複数回の注射が前提となるものの、痩せたいイメージ像によっては1~2回の施術で完了することもあります。

なるべくコストパフォーマンスよく痩せたい場合は、一度脂肪溶解注射の料金を調べてみるとよいでしょう。

 

〇「部分痩せ」したい方

二の腕だけ・太ももだけ・腰回りだけ、などピンポイントに施術できるのが脂肪溶解注射のメリットです。

脂肪溶解注射をした部分およびその周囲の脂肪だけを効率よく分解してくれるため、部分痩せに向いているのです。

痩せたくない部分には脂肪溶解注射を打たなければいいため、「ダイエットしたら胸のボリュームも減ってしまった」という失敗談を持つ方でもチャレンジしやすいでしょう。

「全体的に貧相になってしまい、不健康な痩せ方になってしまった」などのトラブルも起きず、ピンポイントで痩せられます。

 

〇セルライトが気になる方

セルライトは脂肪のひとつである「皮下脂肪」が原因となっているため、脂肪溶解注射が効果的です。

セルライトは肥大化した脂肪細胞と代謝の悪化で起きることが多く、ダイエットしてもなかなか改善しないことが悩みの種となるでしょう。

今あるセルライトをなくし、凹凸のないきれいな肌を叶えたい場合は脂肪溶解注射を選択肢に加えてみましょう。

 

こんな人にはおすすめしません!

反対に、脂肪溶解注射に向かない方がいることも事実です。

下記に当てはまる場合は他の手法と十分比較・検討しておくことをおすすめします。

 

〇痩せたい部位が広範囲な方

「全体的に体を絞りたい」という方は、脂肪溶解注射向きではありません。

脂肪溶解注射は痩せたい部分にピンポイントで注射し、その周囲で効果を発揮するものであるため、全身に対する効果は少なめなのです。

注射回数・範囲を広げて対応することも可能ですが、コストと比較しながらどこまでやるか検討しておきましょう。

 

〇内臓脂肪を落としたい方

内臓脂肪はその名の通り内臓についてしまった脂肪であり、脂肪溶解注射の成分が届かないことが多いです。

思ったような効果が得られず、結果的に他の方法を試さざるを得なくなるため注意しておきましょう。

まずは自分の脂肪が皮下脂肪なのか内臓脂肪なのか、医師と相談しながら把握していくことが大切です。

 

脂肪溶解注射 おすすめの部位は?

ここからは、脂肪溶解注射におすすめの部位を紹介します。

服を着ていても下記の部位が目立つなどコンプレックスのある方は、ピンポイントで部分痩せ効果のある脂肪溶解注射を検討してみましょう。

 

〇お腹

お腹や腰回りに脂肪溶解注射をして、ウエストを絞り込むことができます。

比較的範囲が広い部位でもあるため、注射の回数は多めに設定しておくとよいでしょう。

上腹部と下腹部に分けて注射することが多く、2~4回を両方に打つのが理想です。

痩せるだけでなく皮膚の引き締め・脂肪の減少・たるみの改善・痩身効果もあり、一石二鳥のメリットが得られます。

お腹に脂肪がついていると「苦しくてウエストゴムの服しか着られない」「中年太りして見えて恥ずかしい」など悩みが尽きません。

ファッションを楽しみ自分に自信を持ちたい方、お腹痩せを意識していきましょう。

 

〇太もも

太ももに脂肪溶解注射を打ち、すっきりとした美脚をつくる方もいます。

お腹同様、広範囲に注射する必要があるため期間・費用ともに余裕を持っておくとよいでしょう。

痩せたい部位により異なりますが、太ももの内側の場合は2~4回、お尻の付け根の場合も2~4回、それぞれ両側に打つのがおすすめです。

引き締め効果が高い部位でもあるため、丈の短いスカートやホットパンツを履きやすいというメリットが生まれます。

ズボンサイズが一回り小さくなるなど目に見える効果も実感しやすいため、「脂肪溶解注射の効果を試したい」という方にもおすすめです。

 

〇ふくらはぎ

ふくらはぎは、脂肪や筋肉がつきやすく、太って見えやすい部位でもあります。

生まれつき骨格ががっちりしている場合、脂肪が少なめでも太く見えてしまうことがあるでしょう。

脂肪溶解注射を活用して無駄な脂肪を落とすことで、すらっときれいなふくらはぎを演出することが可能です。

スカートや膝丈パンツから覗くふくらはぎが細いと、下半身全体が細く見える効果もあります。

コスパよく部分痩せしたい方は、ふくらはぎへの脂肪溶解注射を検討してみましょう。

注射の回数は両側で2~4回など、平均的です。

 

〇二の腕

二の腕は上腕三頭筋の衰えによって太くなりやすく、代謝の低下によりさらに加速します。

「夏場に半袖の服を着られない」という悩みも多く、体型カバーファッションでも隠し切れないことが多いでしょう。

二の腕は比較的面積が少ない部位でもあるため、期間・費用ともに負担が少なめです。

平均して2~4回程度の注射で済むため、脂肪溶解注射の効果をお試ししたいときにもおすすめです。

「結婚式のノースリーブドレスを着る前に対策したい!」など痩せたい日から逆算して施術することもできるため、お気軽にご相談ください。

 

〇鼻

特に小さな部位として、鼻に脂肪溶解注射をする方もいます。

鼻のトップや脇の部分に脂肪溶解注射をすると小鼻の引き締め効果があり、小鼻の広がりが抑制されスマートかつ小さな鼻をつくれます。

また、団子鼻や鼻筋の太さに悩む方にもおすすめであり、注入量を選んで少しずつ修正するように施術することも可能です。

人によっては1~2回の注射で済むこともあり、治療期間も短めです。

「鼻の治療は切開しかない」と考えがちですが、実は注射など手軽な手段で痩せられる部位であることを知っておきましょう。

 

〇顔

フェイスラインやあご周りなど顔の気になる部分に脂肪溶解注射を打ち、顔全体をシャープにすることも可能です。

二重あごに悩んでいる方や、体は細いのに顔だけ大きく見えてしまいがちな方による利用が多く、効果的です。

また、加齢によるたるみ・しわにも効果があるため、アンチエイジングの一環として取り入れる方もいらっしゃいます。

正面から見たときのイメージだけでなく横顔がきれいになる効果もあるため、360度どこから見ても美しい顔に整えたい場合はぜひ検討してみましょう。

注射回数は、打つ場所により異なりますが3~4回程度をおすすめしています。

 

副作用・リスク・禁忌事項について

脂肪溶解注射は切開を伴う手術がなく、比較的安全性の高い治療として確立しています。

しかし下記のようなリスクが生じることもあるため、あらかじめ理解しておきましょう。

気になることがあれば積極的に医師へ質問し、不安を払拭してから臨むことをおすすめします。

 

〇脂肪溶解の程度が異なりバランスが崩れる可能性がある

薬剤の注入量を調整しながら理想に近づける最大限の工夫をしてくれますが、薬剤がどの程度脂肪に働きかけてくれるか、両側(足・腕・左右の顔)などの差がどの程度あるかは未知数です。

場合によっては右側だけ効果が強く出るなどしてバランスが崩れる可能性があるでしょう。

不安な場合は注入量を少なめにしながら複数回施術するなど、安全策を取れる対策をご提案しています。

 

〇腫れや内出血が出る

脂肪溶解注射は体への負担が少ない治療法ですが、小範囲ながら腫れや内出血を伴うケースがあります。

多くは日常生活に支障をきたすほどではなく、メイクなどで隠せる程度であることがほとんどです。

ただし、「近々写真撮影する予定がある」「客商売で舞台に立つ日程がある」など不安なことがあれば、先に医師へ相談しておきましょう。

副作用のことも鑑みてスケジュールを調整するなど、個別に対応してくれることが多いです。

 

〇筋肉痛が出る

注射した当日~3日間程度は、軽い筋肉痛のような症状が現れる可能性があります。

こちらも日常生活に支障が出るレベルではありませんが、スポーツの試合などを控えている場合は相談しておくとよいでしょう。

 

〇投与量によっては腎臓に影響が出る

脂肪溶解注射によって溶けた脂肪は血液中に吸収され、通常は尿・汗となって体外へ排出されます。

体内における代謝活動は主に腎臓がおこなっているため、血液中の脂肪量が増えすぎえてしまうと腎臓に負担がかかることを理解しておきましょう。

そのため、急いで痩せたいからといって一度に大量の薬剤を投与したり、複数の部位に同時注射したりすることはおすすめできません。

注射したい部位や持病の有無によって程度は異なるため、こちらも医師に相談しながら決めていきましょう。

 

脂肪溶解注射のFAQ

最後に、脂肪溶解注射に関する「よくある質問」を紹介します。気になる項目がある方は、事前にチェックして下さい。

 

Q.いつから効果が出る?

脂肪溶解注射の効果が出始めるのは、注射して3週間から1ヶ月程度経過してからであることが多いです。

注射後に脂肪が分解され、血液に吸収され、エネルギーとして燃焼されるまでのステップを考えると、即効性はないと言えるでしょう。

その分少しずつ緩やかに変化していくため、脂肪溶解注射をしたと周りにバレにくいこともメリットです。

投与する薬剤の量やもともと体についていた脂肪の量により変動するため、ひとつの目安としてイメージしておきましょう。

 

Q.効果が出るまでの回数は?

効果が出るまでの回数は、平均して3~5回程度とされています。

小鼻など小規模な範囲であれば、3~4回程度で十分効果が表れていくでしょう。

反対に、脂肪の量が多い部位をしっかり絞りたいときや、お腹・太もものように範囲が広い部位の場合、5回以上脂肪溶解注射することもあります。

自分に最適な回数はカウンセリングのときに教えてくれるクリニックが多いため、まずは相談してみましょう。

 

Q.効果が続く期間は?

脂肪溶解注射で溶解された脂肪はエネルギーとして燃焼され、残りは尿・汗となって排出されるため、基本的にまた体についてしまうことがありません。

脂肪を直接除去できるからこそ、半永久的な効果があると言ってよいでしょう。

しかし、その後の食生活・運動習慣次第では新たな脂肪が身についてしまうこともあります。

脂肪溶解注射は今ある脂肪を分解するものであり、新たな脂肪の生成を防ぐものではないという理解が必要です。

今後ずっと痩せ続けたい場合は、生活習慣を見直して無理のないダイエットをしたり、体に影響がほぼ出ない範囲で定期的に脂肪溶解注射をしたり、対策していきましょう。

 

大阪で脂肪溶解注射を打つなら

大阪で脂肪溶解注射を打ちたい方は、トキコクリニックにご相談ください。

心斎橋・梅田などアクセス抜群のエリアにクリニックがあるため、通院しやすいこともメリットです。

また、京都四条院もあるため、お近くのクリニックへご相談下さい。

 

脂肪溶解注射の料金や治療の流れはこちら

 

この記事を監修したドクター

総院長

小村 十樹子(こむら ときこ)

1992年神戸大学医学部卒業後、アトピー性皮膚炎やニキビ治療に専念。1996年10月に、心と身体と肌の健康を目指した美容皮膚科クリニックを開設。従来の美容治療は勿論のこと、病気にならないための治療、ガン予防、アンチエイジング治療に熱を燃やして、治療を展開中。

プロフィールをみる

おすすめ記事

  • 美肌

    フォトフェイシャルの効果がでない?効き目が出るのは何日後?

  • シミ

    トラネキサム酸はシミ・肝斑(かんぱん)治療に効果アリ!市販薬と医薬品の違いも解説

  • シミ

    ハイドロキノンの効果が出るまでの期間は?即効性はある?

  • ニキビ

    痛いニキビと痛くないニキビは何が違うの?ニキビの種類と症状について解説

  • シミ

    シミの一種『ADM』とは?一般的なシミとの違いも解説!