梅田・心斎橋・京都四条

pc

マイクロボトックス

micro botox.

ボトックス注射が適応ではない

表情じわには「マイクロボトックス」

「ボトックス注射」は、筋肉の収縮を止めることで「表情じわを作れなくする」治療法です。
しかし、ボトックス注射でしっかりと筋肉の動きを抑制してしまうと、額や目の下、口元のしわなど、場所によっては表情が不自然になったり、目元や口が動きにくくなってしまうケースがあります。

マイクロボトックスは、通常のボトックス注射よりも濃度を薄くし、皮膚の浅いところに細かく万遍なく注射をする方法です。
筋肉まで作用させませんので、筋肉の動きを抑制することなく皮膚のはりを出し、シワを軽減することができます。表情を作った時に深く入るシワを止めることはできませんが、表情を作らない時には小じわのない、ツルンとはりのある状態が可能です。

micro botox Effects

  • 額や目元、口元などボトックス注射では表情に影響するしわの改善
  • 毛穴や肌の引き締め
  • 皮脂の抑制

Recommended for

  • 額のしわが気になる
  • 目元の小じわが気になる
  • 口元の小じわが気になる
  • 今までにボトックス注射をして辛かった経験がある

Features of micro botox

POINT.

「マイクロボトックス」と「ボトックスリフト」は同じ治療ではありません。

「ボトックスリフト」と「マイクロボトックス」は、厳密に言うと注射の方法も、使用するボトックスの濃度も、目的も異なります。

「ボトックスリフト」で使用するボトックスは、マイクロボトックスよりも薄い濃度の溶液を使用しています。
これをお顔全体に、注入する深さや量をコントロールしながら注射をしていく「小顔治療」です。

「マイクロボトックス」はボトックスリフトより濃度が濃く、皮膚の浅い部分のみに注入するので、「表情ジワの軽減」「お肌のはり感・美肌効果」はマイクロボトックスの方が効果的と言えます。
皮脂分泌が抑えられるので化粧くずれも少なくなり、ニキビの改善効果も期待できます。
注射直後から効果が実感できるケースが多く、患者様からお喜びの声をいただいています。

POINT.

厚生労働省の認可を受けている「ボトックスビスタ®」を採用。

当院では、日本人への有効性と安全性を厚生労働省から唯一承認された「ボトックスビスタ®」を採用しています。その他の製材と比べ、温度変化などの品質管理が徹底しているため安全性に優れており、ピンポイントでの効果を発揮するため、治療効果も高いと言えます。
ボトックスビスタは、アラガン社のボトックスビスタ講習・実技セミナーを受講し、有効性・安全性ならびに薬剤の取扱いについて十分理解しているドクターにのみ使用が許可されます。

Flow of treatment

  • STEP1

    洗顔・写真撮影

  • STEP2

    麻酔クリーム塗布

  • STEP3

    マイクロボトックス施術

  • STEP4

    冷却・お仕上げ

施術時間 10~15分
リスク・ダウンタイム 注入痛、赤み、腫れ、内出血の可能性あり。
洗顔・メイク 当日から可。(翌日からを推奨)
注意事項 *妊娠中、授乳中の方は治療ができません。

Price

対応院:

  • 菜のはな
  • 心斎橋
  • 京都四条
施術名回数料金
マイクロボトックス1部位¥88,000

ご心配な事がある方はこちらのご相談メールにて
ご質問などを受け付けております。

無料ご相談・お問い合わせ

Related Columns

Copyright © 2023 トキコクリニック All Rights Reserved.

ページトップアイコン

MENU

RESERVE

無料ご相談・お問い合わせ

OTHER

LANGUAGE

初めての方へ