pc

VFD療法

VFD.

あなたの血液で肌を修復・改善へ導く

VFD療法は、肌の再生に必要な成長因子を、ご自身の血液から採取し肌に注入する治療で、自己のPRPをさらに高濃度に凝縮させた治療法です。肌内部から再生を促進し、加齢で生じるシワやたるみ、肌トラブルの修復に働きかけます。



VFD Effects

  • 肌質改善、肌の弾力・保湿力アップ
  • 美白効果
  • 肌のキメ・しわ・たるみの改善
  • ニキビ跡の凹凸・毛穴の改善
  • 薄毛の改善

Recommended for

  • 肌全体の若返りを求めている方
  • 目の下やほうれい,、首などのしわが気になる方
  • 自然な仕上がりを希望される方
  • 異物を注入することに抵抗のある方
  • アレルギー反応などの副作用が心配な方
  • 薄毛が気になる方

Features of VFD

POINT.1

PRPよりも豊富な成長因子を含有

VFDは、自己のPRPから成長因子を取り出し、無細胞化させて凍結乾燥したものです。細胞の増殖、血管新生・修復、コラーゲン産生に関わるPDGFが、PRPの2倍以上含まれており、美肌・育毛効果が期待できます。

PRPよりも豊富な成長因子を含有

POINT.2

自分専用の製剤が作成でき、6ヶ月間の保存が可能。

VFDを作成するために、約50ccの採血を行います。この血液を厚生省特定細胞加工物製造施設であるCPCに送り、加工を行います。
採血から約3週間で6cc分のVFDが完成し、クリニックに届きます。
完成したVFDは6ヶ月間の保管が可能なので、複数回に分けて注入したり、いろいろなパーツに分けて注入することができます。(1回の注入量は、注入範囲により異なります)
ご自身の血液由来のため、アレルギーリスクが低いこともメリットです。

自分専用の製剤が作成でき、6ヶ月間の保存が可能。

POINT.3

症状に合わせて2つの注入方法が選択できます。

注入部位はお顔はもちろん、首や手の甲、頭皮など、どのパーツでも施術が可能です。
注入方法はドクターによる手打ち注入と水光注射の2種類をご用意しています。
小ジワなど特に気になる部位(目元や口元など)は手打ち、お顔全体には水光注射と、両方の長所を活かして施行することも可能です。
また、ポテンツァを使用して注入を行えば、相乗効果が期待できます。

症状に合わせて2つの注入方法が選択できます。



Flow of treatment

  • STEP1

    血液を約50cc採血し、専用加工施設に郵送します。

    step1
  • STEP2

    専用加工施設で感染症検査や適応を確認後、加工を行います。

    step2
  • STEP3

    バーコードとラベリングで管理された専用VFDの完成です。

    step3
  • STEP4

    採血から約3週間後、クリニックにVFDが届き次第、患者様にご連絡いたします。

    step4
  • STEP5

    クリニックにお越しいただき、注入方法をご相談後、麻酔クリームを塗布して注入を行います。

    step5
施術時間 <採血>30分程度(診察を含む) <注入>60分程度(麻酔を含む)
リスク・ダウンタイム 注射部位の赤みや腫れ、内出血の可能性がありますが、数時間~1週間程度で治まります。
洗顔・メイク 当日から可能
注意事項 保管期間は6ヶ月間です。期限内にご使用ください。
未承認薬・未承認機器の掲載について <未承認医薬品等である事の明示> 本治療に用いる製剤は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものです。院内調剤(一部外部委託)として、適法に調剤しています。
<入手経路等の明示> 「医師等の個人輸入」にて適法な輸入許可を得ています。 日本では、未承認医療機器を、医師の責任において使用することができます。
<国内の承認医薬品等の有無の明示> 同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はありません。
<諸外国における安全性等に関わる情報の明示> 現時点では、重大な副作用の報告はありません。

Price

施術名内容料金
VFD療法作成料132,000円
VFD療法注入料 1V(1cc)55,000円
VFD療法注入料 2V(2cc)88,000円

Questions

年齢制限はありますか

年齢制限はありません。


安全な治療ですか

ご自身の血液を使用するため、アレルギー反応や感染症リスクが極めて少ない治療です。


治療を受けられない人はいますか

感染症疾患の方、癌や免疫疾患、腎臓疾患などの治療中または履歴のある方は受けることができません。

血液が固まりにくくなるお薬を服用中の方などはご相談ください。

また、妊娠中・授乳中の方は施術をお控えいただいております。


どのくらいで効果が実感できますか

個人差はありますが、注入後2~3週間で実感される方が多いです。


同部位の追加注入はできますか

同じ部位への注入は、2週間~1ヶ月ほど期間をあけてください。


PRPとVFDの違いは何ですか

VFDはご自身のPRPを更に高濃度に凝縮させて活性化させる治療法です。抽出されるPDGFがPRPの2倍以上あるとされています。


ご心配な事がある方はこちらのご相談メールにて
ご質問などを受け付けております。

無料ご相談・お問い合わせ

Related Columns

もっと見る

Copyright © 2023 トキコクリニック All Rights Reserved.

ページトップアイコン

MENU

RESERVE

無料ご相談・お問い合わせ

OTHER

LANGUAGE

初めての方へ