マイクロボトックスについて

対応院
心斎橋
梅田
京都
TKC

通常の「ボトックス注射」が適応ではない表情ジワには「マイクロボトックス」
一般的な「ボトックス注射」は、筋肉の収縮を止めることで「シワを作れなくする」治療法です。
しかし、通常のボトックス注射でしっかりと筋肉の動きを抑制してしまうと、額のシワや目の下のシワなど、場所によっては表情が不自然になったり、目が重たくなってしまうケースがあります。
マイクロボトックスは、通常のボトックス注射よりも濃度を薄くし、皮膚の浅いところに細かく万遍なく注射をする方法です。筋肉まで作用させませんので、筋肉の動きを抑制することなく皮膚のはりを出し、シワを軽減することができます。表情を作った時に深く入るシワを止めることはできませんが、表情を作らない時には小じわのない、ツルンとはりのある状態が可能です。

マイクロボトックスの特徴

「マイクロボトックス」と「ボトックスリフト」は同じ治療ではありません。

ボトックスリフト」と「マイクロボトックス」は、同じ治療であると思われている方が多いと思いますが、厳密には注射の方法も、使用するボトックスの濃度も、注射の目的も異なります。
ボトックスリフトで使用するボトックスは、マイクロボトックスよりも薄い濃度の溶液を使用しています。
これをお顔全体に、場所によって注入する深さや量をコントロールしながら注射をしていきます。
ボトックスリフトの目的は、「お顔全体の引き締めによる小顔効果」です。
「表情ジワの軽減」や「お肌のはり感・美肌効果」は、ボトックスリフトより濃度が濃く、皮膚の浅い部分のみに注入するマイクロボトックスの方が効果的と言えます。

毛穴の引き締め・皮脂の抑制などの美肌効果も抜群

毛穴の目立つ部分にマイクロボトックスを注射すると、皮脂の抑制効果と皮膚の引き締め効果で毛穴が引き締まります。鼻・鼻横・額などの皮脂分泌が多く、毛穴が目立ちやすい部分のマイクロボトックスは非常におすすめです。注射直後から効果が実感できるケースが多く、患者様からお喜びの声をいただいています。
皮脂分泌が抑えられるので、化粧くずれも少なくなり、ニキビの改善効果も期待できます。

マイクロボトックスの適応症状

ボトックス注射をすると眉を動かしにくくなってしまう「額のシワ」、鼻・鼻横などの皮脂分泌の多い毛穴の開き、首の浅いシワ、ボトックス注射だと表情が固まってしまう「目の下の浅い表情ジワ」、口元の浅いシワ

症例写真

額や目元など、表情を使った時にできるしわにはボトックスが効果的です。しかし、まぶたがたるんでいる、またはまぶたを開ける筋肉の力が落ちて開けづらくなっている場合、目をしっかり開けるためには眉を引き上げなければならないので、額にボトックスを打ってしまうと、目が開けにくくなってしまうのです。また、目元のしわもボトックスを打ってしまうと、しわは出来なくなりますが表情がなくなって人形のような顔になってしまいます。 そういう時は、ボトックスを打ってはいけません。 ではどうするか。 そんな時は、マイクロボトックスといって、濃度を薄くしたボトックスを、筋肉ではなく皮膚に極浅に極少量ずつ打っていくやり方をとります。 筋肉の動きは制限せずに、皮膚だけをつるっとはりのある状態にする施術法です。毛穴の引き締め効果もあります。 それだと、動きは制限されないので、目が開けずらくなったり、人形のような顔にはなりません。 動かせば、しわはできます。 動かしていないときは、つるっとした額になります。

[施術名]
マイクロボトックス

[施術の副作用]
(リスク)
ボトックスはあらかじめ濃度調整された人体に無害なもので、アレルギー反応が起こりにくく、安全に分解させる製材です。 ボトックスを使用すると体内に抗体が作られます。抗体産生の量は個人差がありますが、量が増えるとボトックスの効果が表れなくなるケースもあります。妊娠中・授乳中の方には施術をお断りしています。 注射での治療ですので、内出血、腫れ、赤みなどのの症状を伴う可能性があり内出血を完全に回避することはできませんが、使用する針の選択や、内出血拡散を防ぐ漢方薬など、できるだけ内出血を避ける治療を目指しています。 内出血が起きた場合は、1〜2週間で納まりますのでご安心ください。

[施術の価格]
1部位 86,400円

施術料金

費用についてはこちらをご覧ください。

料金案内

関連ブログはこちら

  • ブログ1 つるっときれいな額には

  • ブログ2 マイクロボトックス注入後

  • ブログ3 額のしわにはなにがいい? ~ボトックスかヒアルロン酸か①

  • 診療内容一覧に戻る