乳歯髄幹細胞培養上澄液サイトカイン療法について

対応院
心斎橋
梅田
京都
TKC

衰えた肌を再生させて細胞から若返らせ、質感を整え、肌のキメ・はり・しわなどを改善に導く再生医療!

乳歯髄から採取した「幹細胞の培養液」に含まれる様々な成長因子を含むタンパク質(細胞の活性を促す様々な成長因子などのサイトカイン)を投与することにより、老化した組織そのものの若返りを行う再生医療です。

乳歯髄幹細胞培養上澄液サイトカイン療法の効果

  • 肌の新陳代謝や血行促進、保湿力向上、メラニンの分解作用、抗炎症作用
  • 肌細胞の若返り、肌質改善、肌のはり・小じわの改善効果
  • アトピー性皮膚炎や肌荒れ、慢性湿疹などの肌トラブル改善効果
  • 育毛効果

こんな方におすすめ

  • 肌を若返らせたい
  • はり・つやのある、キメが整った肌になりたい
  • 昔の肌を取り戻したい
  • 肌トラブルのない肌を目指したい

乳歯髄幹細胞培養上澄液サイトカイン療法の特徴

そもそも幹細胞ってなぁに?

幹細胞とは、さまざまな細胞になることができる能力(多分化能)と自分と同じ能力をもった幹細胞をコピーする能力(自己複製能)を持っている細胞です。
自己複製を繰り返しながら、別の機能の細胞にも分化して増殖していくというすごいパワーのある細胞で、人間の身体のいろいろなところに存在しています。

幹細胞培養上澄液はなぜ効果があるのか

幹細胞は増殖力が強いので、培養するとどんどん増殖して400種類以上のタンパク質を分泌し、その中には成長・再生因子などのサイトカインが多数含まれます。この培養液の上澄み液にも分泌された1サイトカインが50種類以上含まれていて、これを抽出・精製してカクテルしたものが幹細胞培養上澄液です。
これを投与すると、1自分の幹細胞を刺激し、自らの幹細胞の働きが活発になると共に、弱っている細胞を修復してくれます。(培養された幹細胞から分泌されたタンパク質(サイトカイン)であり、細胞自体ではないため、倫理上の問題や再生医療法の問題もありません)

再生療法は、多種類のサイトカインが大量に含まれている方が効果が高い

乳歯の根本にある歯髄には豊富な幹細胞が含まれています。その幹細胞から放出されるサイトカインには、臍帯血由来のものよりも炎症を抑える効果が高く、神経系の修復力に優れていることが分かってきました。
ご自身の脂肪組織から幹細胞を培養する方法や、血液から血小板を抽出するPRP療法も再生療法の1つですが、乳歯髄幹細胞培養と比較するとサイトカインの量が少ないと言えます。 肌の若返りはもちろん、アトピー性皮膚炎や肌荒れのなどのトラブルにも効果が期待できます。

治療方法や副作用など

麻酔クリームを塗布した後、ご希望の部位全体に注入します。
ダーマシャインという水光注射で用いるマシンを使用するため、痛みも少なく、ダウンタイムがほとんどない治療ではありますが、注射の針跡、赤み、内出血が数日続くことがあります。

また、照射される光は複数回に分割されますが、これまでのIPL機器は均一に等分できず、目的とするターゲットに十分なダメージを与えることが出来ないだけでなく、ヤケドのリスクもありました。ところがフォトフェイシャルM22は照射される光を均等に分割することが可能なので、ヤケドのリスクもなくターゲットに十分なダメージを与えることが可能となったのです。

一度でも効果の実感が期待できますが、トラブル改善を目的にする場合、2週間程度の間隔で3回程度の治療を行った後、1~数ヶ月間隔で定期的にメンテナンスを続けることをお勧めしています。

施術料金

費用についてはこちらをご覧ください。

料金案内

診療内容一覧に戻る