【実は美肌効果絶大!】医療脱毛で美肌を手に入れる!

投稿日:2020.12.30

無駄毛を気にしている女性は多いのではないでしょうか?医療脱毛にするか、エステ脱毛にするか、自分で脱毛器を使用して対処するか、それとも剃刀での処理を繰り返すか…などたくさんの選択肢があります。

医療脱毛は脱毛効果としても他の脱毛方法より永久的で即効性があります。さらに脱毛を行うことでの美肌効果も得ることができます!今回は医療脱毛についてや医療脱毛による美肌効果について紹介します。

 

医療脱毛とは?その作用についてご紹介!

毛が生えるメカニズムとして、毛乳頭細胞と毛母細胞が重要になってきます。

毛乳頭細胞は司令塔の役割をしており「発毛をしろ」という司令を出します。毛母細胞は毛乳頭細胞の周辺にあり分裂・成長を繰り返すことで毛になります。

医療脱毛はレーザーを照射して毛母細胞を破壊することで、永久的に生えなくする施術です。レーザーを使用した施術は医療機関でしか行うことができません。

永久的に脱毛するためには複数回の施術が必要ですが、施術回数には個人差があります。

毛の成長周期には成長期・退行期・休止期の3周期があります。

 

 

脱毛効果が現れるのは成長期の毛母細胞のみなので、照射時には休止期にあった毛穴が成長期に入りまた毛が生えてきます。

人間は毛周期が毛穴によって異なるので、全ての毛が脱毛できるのは個人差が生じてしまうのです。

 

 

医療脱毛がもたらす美肌効果をご紹介!

医療脱毛は粘膜でなければ基本的にどの部位でも照射することができます。もちろん顔のうぶ毛にも照射が可能です。

 

顔の毛穴トラブルで多いのが毛穴の黒ずみです。鼻や頬の黒ずみは皮脂が酸化したことによるものの可能性がありますが、眉間付近の黒ずみなどは実はうぶ毛だったということもあります。

 

そのため顔脱毛を行うことで、どれだけ毛穴ケアをしても綺麗にならなかった黒ずみが改善することもあります。

また、うぶ毛がなくなることで光が乱反射しなくなり肌のトーンアップ効果が得られたり、化粧ノリがよくなることがあります。

脱毛を行うことで様々な美肌効果が得られることができます。

 

 

医療脱毛を受ける頻度と期間は?

医療脱毛を受ける頻度ですが、目安として身体の毛であれば6〜8週に1回・顔は3〜4週に1回と言われています。個人差はあるものの、この位の頻度で来院する必要があります。

 

若い頃は見える部分である腕や足から脱毛デビューする方がいて、年齢が上がってくると顔の脱毛やウエディングのために背中の脱毛をされる方がいます。剃刀による肌のダメージを考えると早くから脱毛を行うことで肌も綺麗に保つことができます。

 

脱毛を受ける期間は個人差がありますが、約10回以内には終了される方が多いです。

 

医療脱毛は威力も一番強いため痛みを伴うことがありますが、瞬時に冷却する美容機器などもあり痛みを感じにくいような設計にされているものもあります。

トキコクリニックで使用されている機器は、レーザー照射と同時に冷却ガスが吹き付けられるような設計になっているものもあります。痛みが苦手な方には麻酔クリームも使用可能です。

 

 

まとめ

医療脱毛は脱毛効果だけでなく肌のトーンアップや黒ずみの改善など美肌効果を得ることができるので、美肌効果を得るために脱毛をするという選択肢もあることをお伝えしました!

毛量や濃さも個人差があるので、必要な施術回数は異なります。トキコクリニックでは肌状態や毛量に合わせて4種類の機械を使い分けることで個人に合わせた施術を行っています。肌の強さも人それぞれです。脱毛をしてみたい方はトキコクリニックにカウンセリングにお越しください!

この記事を監修したドクター

総院長

小村 十樹子(こむら ときこ)

1992年神戸大学医学部卒業後、アトピー性皮膚炎やニキビ治療に専念。1996年10月に、心と身体と肌の健康を目指した美容皮膚科クリニックを開設。従来の美容治療は勿論のこと、病気にならないための治療、ガン予防、アンチエイジング治療に熱を燃やして、治療を展開中。

プロフィールをみる

おすすめ記事

  • 美肌 2020.11.04

    実際何に効くの?プラセンタ注射の種類と効果についてご紹介します!

  • 栄養療法 2020.11.20

    ビタミン剤って結局どれがおすすめ?正しい選び方とは

  • 脱毛 2020.11.08

    美容皮膚科が教える家庭用脱毛器と医療用レーザー脱毛機の違いとは?

  • 美肌 2020.12.14

    肌トラブルの一つである「赤み」ですが原因について知っていますか?

  • 乾燥 2021.01.03

    【お肌が乾くこの時期必見】部屋やオフィスの乾燥対策の方法