トレチノインの正しい使い方を美容皮膚科が解説!

投稿日:2021.10.06

加齢と共に生じるシミや、特殊な治療が必要な肝斑に効果的であるとして、
トレチノイン」への注目が高まっています。

シミだけでなくニキビやしわにも効果があるとされているため、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、トレチノインの正しい使い方をご紹介します。

副作用を最小限にしながらより高い効果を得るためにも、是非参考にしてみてください。

 

 

 

トレチノインってどんな成分?

トレチノイン(別名:オールトランスレチノイン酸)は、
ビタミンAであるレチノールの誘導体です。

当初はニキビの治療薬として使用されていましたが、現在ではニキビ以外にも肝斑などのシミや美白にも効果があることが判明し、美容の場でも積極的に使われています。

 

人気の秘訣は、
ビタミンAの50~100倍程度ある活性率にあるとされています。

食事やサプリメントなどでは補えない栄養素を一気に導入することができますので、より高い効果を実感したい人からの評価が高まっているのです。

 

また、副作用として日焼け後のように皮膚表面がポロポロ剥がれてきたり熱をもったような火照りを感じたりすることがありますが、多くの場合は1~2日で緩解します。

トレチノインはわずかではありますが血液中に含まれる成分でもあるため、重大なアレルギーやショック症状を起こす心配もありません。

 

 

 

トレチノインはこんな方におすすめ!

トレチノインは、その効果・効用の高さから、美容皮膚科に限らず医療現場などでも活用されています。

ここでは、トレチノインがおすすめの人について紹介しますので、ご自身が当てはまるか照らし合わせながら参考にしていきましょう。

 

 

○シミがある方

トレチノインは、肌のターンオーバー機能を活性化させるためシミ治療に大きな効果を発揮します。
シミの原因となるメラニン色素の排出自体を助けてくれることが強みであり、シミだけでなく紫外線による肌のくすみや黒ずみ、加齢に伴う透明感の欠如にも対処可能です。

また、トレチノインは肝斑治療にも活用されています。
老人性色素斑やそばかすとの見分けがつきづらく、他のシミと同じ治療法を適用してしまうことで却って肝斑が悪化したケースもあるなか、「どんなシミにも効く」成分として重宝されるようになりました。

「自分のシミが肝斑なのか分からない」
「肝斑と他のシミが混ざっているので治療法を確立しにくい」

という場合であっても、便利に使うことができるでしょう。

👉トキコクリニックのシミ治療ページはこちら

 

 

○シワがある方

トレチノインには、表皮角化細胞の増殖を促す効果があります。
エラスチンの生成も促進されるため、たるんだ肌やしわの治療に活用されているのです。
また、これらの効果によって肌表面が適度に固くなり、ハリの弾力のある若々しい肌を作る効果も実感されています。
紫外線・摩擦・乾燥などの外的ダメージや加齢によるマイナートラブルを防げる強い肌になるということであり、アンチエイジングにも効果的だと分かります。

シワが多いと一気に老け込んだように見えてしまいますので、早めのうちから対策しておくことがおすすめです。

👉トキコクリニックのシワ治療ページはこちら

 

 

○ニキビがある方

トレチノインは、元々ニキビの治療薬として使用されてきました。

美容皮膚科で扱われるようになった年数より、医療現場で使われていた歴史の方が長く、アメリカの厚生労働省に当たる食品医薬品局FDAからの認可も受けています。

皮脂腺の機能を正常の範囲内に収める効果があるため、ニキビだけでなく毛穴の詰まりや凸凹にも効果があります。
オイリーな肌質に悩んでいる人や、肌の清潔感を高めて病気知らずでいたい人にとっても向いているでしょう。

肌トラブルの多い人にとって、救世主となる可能性があります。

👉トキコクリニックのニキビ治療ページはこちら

 

 

 

トレチノインの使い方をご紹介

次に、トレチノインの正しい使い方を確認していきましょう。
期待通りの効果を得るためにも副作用などのダメージを抑えるためにも有効であるため、使用前のチェックをおすすめします。

 

1.トレチノイン使用前に洗顔をする
2.化粧水で肌を整える
3.美容液・乳液・クリームなどでしっかり保湿する
4.使用後のトレチノインは冷蔵庫で保管する

 

トレチノインクリームの使用は、基礎化粧品の最後に塗ります。
満遍なく、薄く、気になる部分に使用する。全顔への塗布は勧めていません。
使用するのは夜1回だけ。紫外線の問題があるので、日中は使用してはいけません。

 

トレチノインの使用自体に難しい技術は必要なく、日常的なスキンケアに加えてトレチノインの塗布をするだけで完了します。スキマなくしっかり馴染ませるように塗るのがポイントです。

 

しかし、塗布する量や回数は症状によって異なるため、個人ごとに変えているクリニックも少なくありません。
また、分解が早い薬であるため冷蔵庫で保管し、処方から1ヶ月以上経過したものは塗布しないようにすることも大切です。

 

困ったことがあったら無理に自己判断せず、医師に指示された使い方を守っていきましょう。

メールでお問い合わせ

 

 

 

トレチノインの副作用は?使用上の注意点

ここでは、トレチノインの気になる副作用や注意点を解説します。
用法・用量を守ることに加え、抑えるべきポイントを学んでいきましょう。

 

軽度な皮膚の剥がれ落ち

トレチノインを使用した一部の方には、日焼け後のように皮膚がポロポロ剥がれてくる可能性があります。
特に口や目の周りなど皮膚が薄いところにトレチノインを厚めに塗布すると、このような症状が出やすいため注意しておきましょう。
多くの場合、長くても2~3日で緩解します。
皮膚が分厚いTゾーンなどであればこのような副作用が起きるリスクは低くなります。

 

 

火照るような熱感

皮膚表面が火照ったような熱感を抱くこともあります。
1~2日程度で症状は落ち着きますが、痛みを生じる場合や長期間水が沁みる場合は医師に相談しましょう。
肌のターンオーバーが活性化されていることによる効果である可能性も高く、保冷剤や氷などで無理に冷やしすぎる必要はありません。

 

 

妊娠中・授乳中の使用には注意が必要

クリニックによって意見が分かれることもりますが、妊娠中・授乳中の女性にはトレチノインを処方しないケースが多いです。特に塗布するタイプではなく内服するタイプのトレチノインは、避けておくのが無難でしょう。
上記に当てはまる場合や、妊活中の方は、念のため医師に相談しておくことをおすすめします。
トレチノインを使わない他の美白対策法も多数ありますので、自分にあった方法を見つけていきましょう。

 

 

 

シミ・美白ならトレチノインとハイドロキノン併用がおすすめ!

トレチノインは、ハイドロキノンとの併用が効果的です。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれることもあるくらい美白に高い効果のあるものであり、2002年に海外を踏襲する形で日本における認可がされて以降、美容皮膚科でよく使われるようになりました。

ハイドロキノン単体で使用することも可能ですが、肌への浸透力に欠けるため、ブースターのような扱いでトレチノインを処方するクリニックが増えています。

トレチノインならではの活性率を活かすことで、より短期間でより金銭的負担を軽減しながら美白治療ができるよう工夫されていますので、気になる方は是非相談してみましょう。

 

トレチノインとハイドロキノンの相乗効果により、期待以上の効果が表れるかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

トレチノインは、肝斑を含むシミ・しわ・ニキビなどの肌トラブルに加え、アンチエイジングや美白対策にも活用されています。

ハイドロキノンと併用することで更に高い効果を実感しやすくなりますので、医師と相談しながら自分の肌質に合った量を使用していきましょう。

 

 

【関連記事】

👉シミ・そばかすを薄くするサプリメントで美白ケア!

👉点滴治療で全身美白!美白有効な点滴3選

👉ハイドロキノンは肌に悪影響がある?詳しく解説

この記事を監修したドクター

総院長

小村 十樹子(こむら ときこ)

1992年神戸大学医学部卒業後、アトピー性皮膚炎やニキビ治療に専念。1996年10月に、心と身体と肌の健康を目指した美容皮膚科クリニックを開設。従来の美容治療は勿論のこと、病気にならないための治療、ガン予防、アンチエイジング治療に熱を燃やして、治療を展開中。

プロフィールをみる

おすすめ記事

  • しわ

    目尻にしわができる原因は?改善法や治療法についても解説!

  • ニキビ

    「背中ニキビが治らない!」原因や治療法は?美容皮膚科で治療するには?

  • ピーリング

    シミ改善にピーリングをおすすめする理由。皮膚科医が解説します!

  • シミ

    手の甲にシミ・シワのある方は年齢高く見られがち。手洗いの度にシミ予防の日焼け止めを!【コロナ禍注意】

  • ニキビ

    ケミカルピーリングにイオン導入を合わせると効果的!それぞれの施術についても詳しく解説します。