ニキビによるクレーターを治すには?クレーターの原因・種類も解説します!

投稿日:2021.12.08

ふと肌のクレーターに気づき、他の人からの目が気になってしまうことでコンプレックスを抱える人は少なくありません。

ファンデーションなどメイクアップツールのノリも悪くなり、隠そうと思っても隠し切れないという悩みも生じるでしょう。

根本的な解決方法が思いつかず、そのまま放置してしまっている人もいるのではないでしょうか。

今回は、ニキビによるクレーターを治す方法を紹介します。

そもそもクレーターができてしまう理由や種類についても触れますので、お困りの方は目を通してみてください。

 

 

 

クレーター肌の原因は?

ニキビがクレーターになってしまう原因は、ニキビの原因であるアクネ菌によるものが大きいです。

最初は皮脂が増えてできた小さなニキビであっても、殺菌・消毒がきちんとできていなかったり、無理に自分で潰すなど皮脂や膿の処理が適切でなかったりすると、炎症が進行します。

 

やがてアクネ菌が皮膚組織を破壊するまで増大してしまい、毛穴の構造が崩れて肌表面に穴が開いたような形態になってしまいます

そして、炎症が落ち着き、アクネ菌を除去できたあとでも、増殖の跡がクレーターとして残るのです。

赤みや痛みが抑えられ、膿もなくなった状態なのに肌が凸凹してしまうため、審美的な観点からも大きなコンプレックスとなってしまうでしょう。

 

 

 

ニキビ跡の種類

ニキビ跡は、必ずしもクレーターになるわけではありません。

クレーター以外にも下記のような跡になる可能性があるため、自分にニキビ由来の肌トラブルがないか、改めて確認してみましょう。

 

 

赤み

ニキビが治っても、皮膚にダメージが残ってしまい、赤みになることがあります。

一見治ったように見えても、肌に小さな傷がたくさん残っている状態であるため、刺激・乾燥・摩擦などの外的ダメージに弱い肌質になってしまいがちです。

また、赤色が目立ち、ぶつぶつとした模様のような見た目になってしまう可能性もあるでしょう。

 

 

色素沈着

ニキビが治る過程で毛穴が酸化してしまい、茶色もしくは黒色になってしまう症状です。

本来の肌色とトーンが違うため目立ちやすく、年齢と共にシミのような形状になることもあります。

時間が経過すればするほど原因が特定しづらくなるため、早期の段階で専門医に相談することが肝心です。

 

 

しこり

しこりは「瘢痕」とも呼ばれ、触ってみると明らかに分かるほど肌が凸凹してしまいます。

一見すると大きなニキビのように見えることもありますが、膿が溜まっているわけではないためニキビ治療に使う針状の器具を用いても治せません。

市販薬も効きづらく、赤みを生じて更に目立ってしまうこともあり、別の治療を受ける必要があります。

 

 

ケロイド

ニキビ跡がケロイド状に広がり、一見すると火傷や外傷の跡のように見えるケースもあります。

瘢痕組織が過剰分泌されることで起こりやすく、ニキビを無理に潰したり、不衛生な手で触ってアクネ菌に加えて他の雑菌にも感染してしまったりした場合によく見られます。

フェイスラインやこめかみなど皮脂が溜まりやすい場所にできやすいため、この箇所にニキビができたら要注意です。

 

 

 

クレーター肌は自然治癒するのか?

クレーターは、残念ながら自然治癒することはありません

既にニキビそのものは治っている状態であり、あくまでもクレーターはニキビが治った「跡」なのです。

メイクでごまかそうにも肌表面が凸凹しているためファンデーションやコンシーラーのノリが悪く、却って目立ってしまうこともあるでしょう。

ムラのない滑らかな肌にしたい場合、美容皮膚科をはじめとする専門医の治療が欠かせません。

逆に、美容皮膚科に相談すれば、クレーター治療に最適なマシン・薬などを使って施術してくれます。

肌質や体質に合わせて治療法を模索することもできるため、一人で悩まず、プロを頼ってみることがおすすめです。

 

 

 

病院でクレーターを治すなら

最後に、病院でクレーターを治す方法を紹介します。

ここでは代表的な治療法をピックアップしますので、メリット・デメリットや治療内容を知り、検討材料として役立てみて下さい。

 

●POTENZA(ポテンザ)

POTENZA(ポテンザ)は毛穴や肝斑、小じわの治療に使われる万能な美肌マシンですが、ニキビ・ニキビ跡の治療にも用いられます。
クレーター治療の最新治療で、痛み・ダウンタイムが少ないのに、効果が期待できる治療として注目されています。
ポテンザは、微細な針(マイクロニードル)をお肌に刺し、肌の治癒を促し(創傷治癒効果といいます)、同時に針の先から高周波(ラジオ波)を直接真皮層に熱刺激を加えることで、ニキビ跡の肌再生を促します。
また、ドラッグデリバリーシステムが充実しており、針が抜ける瞬間に薬剤が注入される仕組みになっています。
創傷治癒効果+引き締め効果+コラーゲン造成効果のトリプル作用で、クレーターを効果的に盛り上げてくれます。

トキコクリニックはおかげさまで、2020-2021年連続で症例数ダントツ1位で表彰されています。
お気軽にご相談ください。

カウンセリングを予約

 

 

●ダーマペン4

ダーマペン4は、16本の極細の針を肌に刺しながらおこなう治療です。

超高速振動をしているため1秒間に1,600個の穴を開けることができ、真皮内に栄養成分や薬剤を深く浸透させる効果があります。

また、傷は目に見えないくらい細かく、治る過程でコラーゲンの生成・増殖がおきるため、毛穴の引き締めやクレーターのような凸凹肌の改善に効果的です。

症状や希望に応じて、針の長さをカスタマイズできることも魅力のひとつです。

0.1mm単位で最大3.0mmまで変動できるため、治療経過を観察し最適な調整が可能です。ダウンタイムが少なく、熱による色素沈着などの副反応もないため、初めての人でもチャレンジしやすい治療法です。

👉ダーマペン4の診療紹介ページはこちら

 

 

●フラクショナル炭酸ガスレーザー

2種類のレーザーで細かく穴をあけ、肌の創傷治癒過程でニキビ跡の凹凸を盛り上げたり、肌のターンオーバーを促して、肌再生を行う治療法となります。

レーザーの熱によってダメージを与える治療法なので、比較的ダウンタイムが長いのが特徴ですが、その分少ない治療回数で大きな効果を期待できる治療です。またレーザーの熱エネルギーが周辺肌組織を焼くので、毛穴の開きを改善したり、肌のキメを整え、肌のはり・つやを出したり色むらを改善する効果も高い治療です。

治療後はおよそ1週間程度ドット状のかさぶたができます。(治療の翌日からメイクは可能です。)

👉フラクショナル炭酸ガスレーザーの診療紹介ページはこちら

 

 

●ポイントハードピーリング

ポイントハードピーリングとは、「TCA」というピーリング剤を用いた治療です。一般的にケミカルピーリングよりも強い酸性のピーリング剤を使用するため、かさぶたや赤みといった副作用が一時的に見られますが、その分高い治療効果が期待できます。治療時点での肌の状態や治療経過を見ながら、ピーリング剤の濃度や治療頻度を細かく調整するなど、適切な取り扱いが必要となることから「TCA」を使用したピーリングを行っているクリニックは少なく、実績のある一部のクリニックでのみ受けられる治療となります。

👉ポイントハードピーリングの診療紹介ページはこちら

 

 

 

クレーター治療のなら専門クリニックへの受診を!

ニキビが原因ででてきしまったクレーターは、残念ながら自然治癒することはありません。クレーターだけでなく色素沈着や赤みなどのニキビ跡もできている場合、放置することで加齢とともに目立ってしまうこともあるため、注意しましょう。

 

凹凸のあるニキビ跡、クレーター治療は実績のある美容皮膚科医に任せるのがおすすめです。複数の治療法が確立されているため、「長くコンプレックスとして悩んできたので、とにかく早く治したい」「人と会う機会が多いので、ダウンタイムの少ない治療を優先したい」などの希望もお伺いできます。

 

トキコクリニックでは、開院から25年以上、圧倒的なニキビ治療実績をもつクリニックです。

現在25周年記念プラン、ニキビ治療定額プランのご案内もしております。

本記事でご紹介した治療法はもちろん、他にも様々なアプローチをご用意しております。丁寧なカウンセリングと肌チェックのもと、適切な治療法をご提案させていただきます。

自分の肌状態を正確に知り、肌質・体質・希望に合う治療法を探すためにも、お気軽にご相談ください。

ご相談・ご予約はこちら

 

 

 

 

【関連記事】

👉ニキビ治療で人気のダーマペン4とPOTENZA(ポテンザ)の違いについてご紹介

👉症例数日本一!トキコクリニックのPOTENZA(ポテンザ)治療

👉皮膚科で肌質改善!ニキビのできにくい肌に【マシュマロリフト】

この記事を監修したドクター

総院長

小村 十樹子(こむら ときこ)

1992年神戸大学医学部卒業後、アトピー性皮膚炎やニキビ治療に専念。1996年10月に、心と身体と肌の健康を目指した美容皮膚科クリニックを開設。従来の美容治療は勿論のこと、病気にならないための治療、ガン予防、アンチエイジング治療に熱を燃やして、治療を展開中。

プロフィールをみる

おすすめ記事

  • たるみ

    HIFUは本当にたるみに効果ある?ダウンタイムや副作用についても紹介!

  • 美肌

    肌トラブルの一つである「赤み」ですが原因について知っていますか?

  • 肝斑

    最新の肝斑治療POTENZA(ポテンザ)とは?【POTENZA症例数日本一】

  • 免疫

    今こそ食べたい!免疫力を高める食べ物4選

  • 唇の色が悪い原因とは?改善方法もご紹介します!