Lリフト(VOVリフト)について

対応院
心斎橋
梅田
京都
TKC

溶ける糸で「ギュギュッ」と引き上げる傷跡が残らない、切らないリフトアップ!
Lリフト(VOVリフト)は、PCL(ポリカプロラクトン)でできた、棘(コグ)付きの糸を使用したリフトアップ治療です。
肌の弾力が失われ、重力に抵抗できずに起こるたるみを、多方向に配置された棘(コグ)によって引っかけて引き上げます。一切皮膚を切開することなく、糸が内蔵された針を挿入し、針を抜くと糸だけが皮膚の中に残るという仕組み。短時間で効果的なリフトアップができる治療法です。

Lリフト(VOVリフト)の効果

  • フェイスラインや顎裏のもたついたたるみをリフトアップします。
  • 施術後、1~2ヶ月の期間をかけてコラーゲン新生が起こり、さらなる引き締め効果が期待できます。

こんな方におすすめ

  • フェイスライン・顎裏のたるみが気になる
  • 頬やホウレイ線、マリオネットライン(口元)のもたつきが気になる
  • 手術には抵抗がある。明らかなダウンタイムは困る。自然なリフトアップがしたい
  • リフトアップマシンでは効果が実感できない
  • 一度で効果的なリフトアップがしたい

Lリフト(VOVリフト)の特徴

従来の糸との違い

Lリフト(VOVリフト)は、従来のリフトアップ糸と異なり、フェイスラインやこめかみ付近に針の挿入部だけ穴を開けるだけで、もう一方には穴を開ける必要がないため傷あとがほとんど分かりません。

針先が丸くなっているため、血管を傷つけるリスクが少なく内出血が起こりにくく、腫れもほとんど起こらない事も魅力です。

また、従来の糸は、糸自身に切込みが入っていたために、強い力を加えると切れやすい傾向がありました。

Lリフト(VOVリフト)は、糸にコグが付いている形状で、プレス成形技術という特殊技術によりコグと糸が一体化しているため切れにくく、強度が強く、固定力が優れているのが特徴です。

吸収されるまでの期間が長く、効果が長持ち

PCLの素材は、従来の糸に多く用いられているPDO素材と異なり、約2年の期間をかけて吸収されるため、持続期間が長いのが特徴です。糸は時間をかけて完全に吸収されるので、安全性にも優れています。

PCL素材の特徴として、コラーゲン新生作用に優れているため、糸自体のリフト効果に加えて、お肌のはりや弾力が増加する効果も期待できます。

傷跡が目立たず、ダウンタイムが少ないのが嬉しい!

傷跡は耳の前あたりにカニューレを挿入する針跡だけ。直後でもほとんどわからない程度なので、気軽に治療を受けられるのも嬉しいところです。

何度でも同じ場所に追加ができ、数本単位のリタッチで気になるたるみを解消できるので、リピーターになられる患者様が多くおられます。

糸治療のあと、ヒアルロン酸注入をすればさらに効果的。

目元や頬などのボリュームダウンしている部分にヒアルロン酸注入をしてふっくらさせれば、さらに若々しい印象になるのでお勧めです。

また、鼻やあご、唇や涙袋などの形を整えると、お顔がかわいくシャープになるので人気です。

 

症例写真

Lリフトは、コグがついているスレッド(糸)でたるみを引き上げる治療法です。スレッドが入っているカニューレをこめかみ付近から挿入し、スレッドを留置します。 使用されている糸はPCLという素材の糸で、一般的な外科手術で使用されている糸の素材と同じもの。約2年の年月をかけて、ゆっくり吸収されていきます。吸収されながら、コラーゲンを増やしていくので、糸が完全に溶けてしまうまで効果が持続すると考えられています。 使用する本数は、症状と患者様のお悩みの程度によって異なりますが、当院では6~8本を希望される患者様が多いように感じます。

[施術名]
Lリフト(VOVリフト)

[施術の副作用]
(リスク)
副作用として、刺入部の痛み、内出血、腫れ感、左右差を感じることがあります。 2~4週間は、マッサージや美肌マシンの治療は避けていただくようお願いしています。 稀に、糸の先端がでてくることがありますが、その部分をカットすれば問題ありません。

[施術の価格]
Lリフト 計6本使用 240,000円(税抜) *1本4万円 7本目以降 1本2万円

施術料金

費用についてはこちらをご覧ください。

料金案内

関連ブログはこちら

  • ブログ1 リフトアップにスレッド(糸)の治療が大人気 ①

  • ブログ2 Lリフトを首に入れても下顎が引きあがる

  • ブログ3 Lリフト、人気急上昇 ~スレッド(糸)でリフトアップ

  • 診療内容一覧に戻る