ボトックス注射について

対応院
心斎橋
梅田
京都
TKC

眉間などの表情ジワをはじめ、小顔治療や多汗症、わきがにも効果あり
シワができる原因は、コラーゲンやエラスチン線維の減少だけではありません。筋肉の動きによって同じ場所に何度も折れ目が付き、クセづけされることがシワを作る原因になるのです。 ボトックスは筋弛緩作用のあるボツリヌス菌という神経毒素で、シワを寄せる筋肉に注射をし、筋肉の収縮を止めることで、「シワを作れなくする」ことができます。神経毒素というと不安に感じますが、あらかじめ調節された人体に無害なもので、体内で分解されるため心配はありません。すでにアメリカのFDAの認可を受けていて、眼性けいれんなどで30年以上も使われるなど、実績のある治療薬です。
しかし、ボトックスの効果はシワを止めることだけではありません。小顔治療(顔やせ)や多汗症、わきが治療などにも効果を発揮します。実際にシワの改善施術を行った方から、「汗の分泌が抑えられ、化粧崩れを起こしにくくなった」との声もよく聞かれます。

 

国内で唯一厚生労働省の認可をうけている「ボトックスビスタ R」を採用しています。

当院では、日本人への有効性と安全性を厚生労働省から唯一承認された「ボトックスビスタ R」を採用しています。その他の製材と比べ、温度変化などの品質管理が徹底しているため安全性に優れており、ピンポイントでの効果を発揮するため、治療効果も高いと言えます。
ボトックスビスタは、アラガン社のボトックスビスタ講習・実技セミナーを受講し、有効性・安全性ならびに薬剤の取扱いについて十分理解しているドクターにのみ使用が許可されます。

 

期間限定 ボトックスビスタ 特別サイトOPEN!
ボトックスビスタを用いた眉間の表情じわ治療の効果やメリット、治療方法、効果の持続時間、次回の治療のタイミング、治療前後に注意しなければならないことや、副作用についてご説明します。

トキコクリニック総院長 小村十樹子 が贈る心もカラダも美しくなる美容メッセージ「はぴトレ」でも取り上げました!
> 勉強会のご報告 ~この秋冬はボトックスに注目です!~

ボトックス注射が適応ではない表情ジワには「マイクロボトックス」

ボトックス注射の効果

  • 筋弛緩作用をもつボツリヌス菌という神経毒素で、シワを寄せる筋肉に注射をし、筋肉の収縮を止めることでシワを作れなくします。
  • 顔のエラ部分に注射し、筋肉の動きを弱めることでその部分を痩せさせます。
  • 汗の分泌を増加させる神経伝達物質のアセチルコリンを抑制する作用によって汗の量や臭いを抑えます。

こんな方におすすめ

  • 眉を上げたり、上を見上げようとする時にできる横じわ
  • 顔をしかめた時にできる縦じわ
  • 笑った時や顔をしかめた時にできる鼻の付け根の横じわ
  • "からすの足跡"と言われる、笑った時にできる横じわ。
  • 口をしかめた時にできる梅干じわ

ボトックス注射の特徴

「マイクロボトックス」と「ボトックスリフト」は同じ治療ではありません。

ボトックスリフト」と「マイクロボトックス」は、同じ治療であると思われている方が多いと思いますが、厳密には注射の方法も、使用するボトックスの濃度も、注射の目的も異なります。
ボトックスリフトで使用するボトックスは、マイクロボトックスよりも薄い濃度の溶液を使用しています。
これをお顔全体に、場所によって注入する深さや量をコントロールしながら注射をしていきます。
ボトックスリフトの目的は、「お顔全体の引き締めによる小顔効果」です。
「表情ジワの軽減」や「お肌のはり感・美肌効果」は、ボトックスリフトより濃度が濃く、皮膚の浅い部分のみに注入するマイクロボトックスの方が効果的と言えます。

毛穴の引き締め・皮脂の抑制などの美肌効果も抜群

毛穴の目立つ部分にマイクロボトックスを注射すると、皮脂の抑制効果と皮膚の引き締め効果で毛穴が引き締まります。鼻・鼻横・額などの皮脂分泌が多く、毛穴が目立ちやすい部分のマイクロボトックスは非常におすすめです。注射直後から効果が実感できるケースが多く、患者様からお喜びの声をいただいています。
皮脂分泌が抑えられるので、化粧くずれも少なくなり、ニキビの改善効果も期待できます。

マイクロボトックスの適応症状

ボトックス注射をすると眉を動かしにくくなってしまう「額のシワ」、鼻・鼻横などの皮脂分泌の多い毛穴の開き、首の浅いシワ、ボトックス注射だと表情が固まってしまう「目の下の浅い表情ジワ」、口元の浅いシワ

施術料金

費用についてはこちらをご覧ください。

料金案内

診療内容一覧に戻る