ヒアルロン酸注射について

対応院
心斎橋
梅田
京都
TKC

たるみ・しわ・輪郭やパーツ修正など、お一人お一人の特徴をとらえた自然な仕上がりを目指しています。

ヒアルロン酸は、人体の細胞内にもともと存在している成分で、細胞と細胞を継ぐ役割があることに加えて、お肌の弾力やハリ、保湿力によるみずみずしさを保つために重要な成分です。
一般的にヒアルロン酸は、ホウレイ線の窪みを消す、鼻を高くするといった印象がありますが、目の下のたるみやフェイスラインのたるみ、頬のこけ(痩せ)などを改善する優れたリフトアップ効果があります。
最近は手軽な治療法として認知されていますが、適切な注入法と量を見極める技術とアセスメント能力により効果に大きな差が出る治療でもあります。
お顔の解剖学的に、たるみや窪みが出来ている原因を理解し、単に「膨らませる」のではなく、患者様お一人お一人のお顔の状態に応じた自然で若々しいお顔の状態に近づけるよう、最新の注入法を駆使したヒアルロン酸治療を行います。

ヒアルロン酸注射の効果

  • リフトアップ効果
  • ボリュームがなくなった部分をふっくらさせる
  • 鼻・あご・涙袋・唇など、形を整える

こんな方におすすめ

  • たるみを引き上げたい
  • ほうれい線、目の下、口元のしわ・たるみを改善したい
  • お顔のこけ(痩せ)感をなくしてふっくらさせたい
  • フェイスラインのもたつきを改善したい
  • おでこに丸みをだしたい
  • 鼻を高くしたい
  • 涙袋を作りたい
  • 厚みのあるふっくらした唇にしたい
  • 顎の形を整えたい
  • 輪郭ラインの微妙な凹凸感をなくして、はりのある肌になりたい

ヒアルロン酸注射の特徴

老化のメカニズム

お顔の老化は皮膚だけではなく、骨格や筋肉、皮下組織が立体的に変化することで起こります。
脂肪が減少することで物理的なボリュームロスが生じ、脂肪の位置が移動し下垂します。
また、年齢により骨の損失・後退が進み、骨格が萎縮します。それにより、骨を土台とする皮膚や皮下組織(脂肪など)も同時に下垂し肌のデコボコ感が生じるのです。

  • こめかみ → へこみ・くぼみができる
  • 目の下 → たるんで膨らみができる
  • 目の周囲 → へこみ・痩せる
  • 頬 → たるむ、痩せてこける
  • 口元 → 鼻の下が長くなる、ほうれい線やマリオネットラインが目立つ
  • フェイスライン → もたつく、たるむ、首との境界線が曖昧になる

こういった老化のメカニズムによって起こったお顔の変化を、ヒアルロン酸注射により、立体的に改善することができます。

ヒアルロン酸の具体的な効果

リフトアップ

萎縮した骨に代わる土台を作り、下垂した皮下組織を引き上げることで、目の下、頬、口元、フェイスラインのたるみを引き上げ、フェイスラインのもたつき、フェイスラインのガタガタしたラインをシャープに整えます

ボリューム改善

頬やこめかみ、口元などの脂肪や筋肉が萎縮しボリュームロスによる窪みができることで、老けた印象を与えてしまいます。
ヒアルロン酸を骨膜上の深い部分に注入し、奥から盛り上げる注入法で自然なボリュームアップをはかり、若々しい印象を与えます
*当院では血管血栓のリスクから、鼻筋へのヒアルロン酸注射は行っておりません。鼻筋を高くする、ラインを整える場合、鼻スレッドが安全でかつ効果的です。)

パーツの形を整える

鼻を高くする・顎を整える・額を丸くする・唇の厚みと潤いを出す、涙袋を作るなどヒアルロン酸は、パーツの形を好みの形に整えることが得意です。
以前から人気の鼻や涙袋に加え、最近では額を丸くするヒアルロン酸が人気です。

様々な特徴のヒアルロン酸を取り揃え、パーツや状態に応じて組み合わせます。

単純にヒアルロン酸注射といっても、注入する部位やお顔の状態が違えば、画一的な治療法では結果は出せません。注入技術はもちろんですが、ヒアルロン酸製材もそれぞれの特徴を捉え、適切な製材を選んで治療を行っています。

当院で取り扱っているヒアルロン酸ラインナップ

厚生労働省認可のヒアルロン酸

アラガン社のヒアルロン酸ジュビダームビスタは、厚生労働省の認可を取得したヒアルロン酸です。粒子が均一でムラがなく、持続期間が長いことも特徴です。

+ジュビダームビスタ ボリューマXC

額・こめかみ・頬・ほうれい線・口周りなど

+ジュビダームビスタ ボリフトXC 

ほうれい線・口周りなど皮下組織部分のリフトなど

+ジュビダームビスタ ボルベラXC

涙袋、唇、目の周り、細かいしわ

その他のヒアルロン酸

厚生労働省認可ではありませんが、すべて安全性の高いヒアルロン酸です。
硬さや粘度など それぞれに特徴があり、パーツケアに多く使われています。

+クレヴィエル コントア

鼻・顎

+クレヴィエル プライム

頬・ほうれい

+レスチレンビタール

涙袋、目の周り

+ベロテロソフト

目の周り、細かい小じわ

+スタイレージスペシャルリップス

目の周り、細かい小じわ

適するヒアルロン酸を必要な量だけ使用する量り売りスタイルです。

ヒアルロン酸を1本の単位で販売するのではなく、使用した量によって費用をいただくシステムです。
前述したとおり、お顔の老化症状は一部分に現れるわけではなく、全体的に立体的なバランスの崩れから生じます。
例えばホウレイ線のシワが気になるからといって、ほうれい線に線状にヒアルロン酸を注射しても、注入部分が膨らんで見えるだけ。
シワを生じさせている原因となる部分に注入し、自然にリフトアップさせる注入法が必要です。
その際、注入場所によって使用するヒアルロン酸は1種類ではありません。そのため当院では、色々な種類のヒアルロン酸を組み合わせて使用できるような料金システムを採用しています。
(滅菌された注射器に、ドクター・ナースが完全滅菌操作で製材を移し替えて使用します。)

針にもこだわっています。

ヒアルロン酸注射のダウンタイムといえば内出血。 注射で行うので、どうしても内出血のリスクをなくすことはできません。
出来る限り内出血を起こさせないように、当院では針にもこだわっています。
髪の毛ほどの細い針から、先端が丸くなっていて血管を損傷させる可能性を軽減できるカニューレまで、5種類以上の中から、製材と注入部位によって使い分けています。


様々な太さと長さの針を取り揃えています


カニューレの先端は丸くなっていて、内出血のリスクを抑えてくれます

副作用・リスク

ヒアルロン酸注入には、内出血・紅斑・血流障害による皮膚障害などのリスクがあります。
内出血を完全に回避することはできませんが、使用する針の選択や、内出血拡散を防ぐ漢方薬など、できるだけ内出血を避ける治療を目指しています。
内出血が起きた場合は、1〜2週間で納まりますのでご安心ください。
注入による血管塞栓のリスクは、解剖学の熟知と手技の熟練により回避できるとともに、ヒアルロニダーゼやプロスタグランディンなどを常備し、万が一に備えた対策も講じています。

施術料金

費用についてはこちらをご覧ください。

料金案内

診療内容一覧に戻る